DX超合金 VF-1S レビュー
DX超合金 劇場版VF-1Sバルキリー(一条輝機)のレビューです。
P00_2831
ファイター形態。大部分はVF-1Jの流用でバトロイド時の頭部やコンソール周りなど一部新規造形。
P00_2832
マーキングは劇場版仕様になってるので見た目の印象はだいぶ変わってました。
P00_2835
裏側。ランディングギアの展開収納ギミックなども変わらず。
P00_2837
機首部分。キャノピーはいつも通りクリアパーツ。
P00_2838
パイロットフィギュアは劇場版仕様に変更。
P00_2841
またコンソール系も劇場版仕様に合わせて新規造形に。
P00_2843
ボディのマーキングはTV版に比べ黒の割合が増加。
P00_2848
エアブレーキの開閉、
P00_2849
主翼のフラップ可動などのギミックは変わらず。
P00_2852
劇場版仕様ではスカルマークが多いのが特徴。
P00_2853
脚部ノズル。
P00_2857
エアインテークの交換ギミックも変わりなし。
P00_2860
ガンポッドの着脱方法もVF-1Jと共通。
P00_2864
ランディングギアは差し替えなしで収納展開可能。
P00_2825
オプション。VF-1Jに付いてた丸型手首は無くなってました。
P00_2820
スタンド類一式。こちらも同様。なおVF-1Jに付いてた初回特典台座は無し。
P00_2866
台座で浮かせた状態。
P00_2911
続いてガウォーク形態。
P00_2912
後ろ。変形ギミックも以前と変わらず。
P00_2915
横から。アンテナはオプションとして付属。
P00_2909
脚だけ展開した状態も再現可。
P00_2932P00_2935
続いてバトロイド形態。頭部は新規造形、胸のマーキングの変化も大きくVF-1Jとはかなり印象が変化。
P00_2953
顔。頭部造形はVF-1Jと大きく異なり曲線的なデザインに。カメラアイはいつも通りクリアパーツで内部が透ける作り。
P00_2948P00_2945
細かいマーキングも正確。機銃は4本に増加。
P00_2954
機銃は4本それぞれ可動し基部もボールジョイント接続で若干開いたり閉じたりが可能。
P00_2962
各部位など。胸部マーキングは黒ラインとスカルマークが増えたことでより引き締まった印象に。
P00_2963
腰回り。
P00_2938P00_2939
腕や足。肩や脛も黒のマーキングが目立つ見た目に。
P00_2966
背中。
P00_2967
VF-1J同様脇腹の隙間を塞ぐディテールアップパーツも付属。また腰を組み替えることで腰の回転が可能になる点も同じ。
P00_2974
ガンポッド。こちらも以前と変わらず。
P00_2973
腕にマウントすることも可。
P00_2971
VF-1Jと。大半の造形は同じですが、目立つ頭部や胸部の見た目が違ってるので印象はだいぶ変わってました。
P00_2873
適当に何枚か。
P00_2875
造形は共通なので別売りのミサイルセットのミサイルなども取り付け可能。
P00_2883
反応弾やミサイルポッドも同様。
P00_2918
ガウォークに変形。
P00_2924
VF-1系は変形が比較的シンプルなのでこれまで通りストレスも無し。
P00_2987
バトロイドに変形。
P00_2992
体の造形は変わってないのでバトロイド時の可動も以前とほぼ同じ。
P00_3004
肩や太腿が引き出せるので細かな動きをつけることが可能。
P00_3013
以前よりマーキングの黒面積が増えており黒部分が剥げると目立つので擦れには気を付けた方が良さそう。
P00_3033
終わり。以上、DX超合金 劇場版VF-1Sバルキリー(一条輝機)のレビューでした。

新規造形は頭部やコンソール周りなど一部のみなので可動や変形ギミックなど基本的な出来はVF-1Jと変わりなし。
新規造形の頭部も劇場版のイメージ通りの造形で、スカルマークなどの今回独自のマーキングも格好良く、満足度の高い内容に仕上がってました。
劇場版のVF-1Sというとやはりストライクパーツの印象が強いのでそちらにも期待です。

iconicon
DX超合金 劇場版VF-1対応ストライク/スーパーパーツセット【2次:2020年4月発送】、ミサイルセットなどicon(魂ウェブ商店)
DX超合金 劇場版VF-1Sバルキリー(一条輝機)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】