figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver. レビュー
figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.のレビューです。
P1130856_exposureP1130860_exposure
マントなし状態。これまでの子供素体の中で一番露出度が高いです。
P1130847_exposure
マント装着。やはりこちらの状態の方がボリュームがあって見栄えします。
P1130851_exposure

P1130866_exposure
顔。MOVIE 1stでは憂鬱な感じの表情がデフォだったのでちょっと違和感が…
P1130870_exposure

P1130871_exposure
別表情と別前髪。こちらは使い勝手もよくかなりいい感じでした。
P1130876_exposure
ギギギ
P1130827_exposure
オプション。バルディッシュは差し替えで3形態を再現可能になってます。
P1130880_exposure
露出度は高いですが凹凸はないです。
P1130877_exposure
マントを付ける時はスタンドをさすか写真のクリアパーツで固定。
P1130884_exposure
ハイレグニーソ。
P1130891_exposure
なのはと。子供素体のキャラもだんだん増えてきました。
P1130900_exposure
以下適当にポーズなど。
P1130935_exposure
バルディッシュ・アックスフォーム。
P1130918_exposure
グレイヴフォーム。
P1130912_exposure
サイズフォーム。
P1130920_exposureP1130949_exposure
叫び顔が正面目線なので正面向きのポーズが作りやすいです。
P1130955_exposure
対決。
P1130952_exposure

P1130970_exposure
特典ポスター風に。
P1130981_exposure

P1130977_exposure
終わり。以上、figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.のレビューでした。

バルディッシュ3形態などオプションは充実してるのですが、表情が2種しかなかったのがちょっと残念。
映画の時は基本的にずっと憂鬱な表情をしてたことが多かったので、笑顔は制服ver.に付けるなどして、そちらを付けておいて欲しかったです。
ただ叫び顔の方の出来は素晴らしく、正面目線でポーズもつけやすいので今回は動きを付けたポーズで飾っておこうかと思います。





figma(フィグマ) フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.(あみあみ)