MOVIE REVEIWHairspray
215[試写会/新宿厚生年金会館]
公式サイト

ヘアスプレー2007年アメリカ
八ちゃんの降水確率:0%
八ちゃんの満足度:★★★★★
八ちゃんの評価:★★★★

ハマる!ハジケる!ハチキレる!?

豪華キャストによる極上のエンターテイメント・ミュージカル! それぞれのキャラクターは愛さずにはいられないキュートさ。ミュージカル映画史上最高のオープニング記録を塗り替えた「ハッピー」な映画です。主役の女の子の笑顔はかわいいし、ほんとサイコーです。
舞台挨拶などのない試写会で拍手喝采は初めての経験です。それだけみんな満足されたのでしょう。
試写会レビュー・八ちゃんの感想
舞台挨拶もないのに、拍手喝采だなんて初めて!

それがこの映画の満足度を物語っているのでしょう。ミュージカル映画は文芸映画とは違います。観て楽しむ映画ですからね、いかに観客が満足できるか、楽しめるか、なんですよ。
そういった意味では、前評判どおり。大満足です。しかもホールだからか、音響が違います(音質とかではなく、残響音とか)。それも良かったのかもしれません。

実は、最初はシリアスなヒューマンドラマだとばっかり思っていたんですよ(笑)
リトル・ミス・サンシャインとかキンキー・ブーツみたいな…。だんだん情報が入ってきて、ミュージカル映画だとわかったんだけど、例によってチラシの裏とかよく見なかったんで、試写状が届くまで、ミシェル・ファイファーが出ているなんて知りませんでした。すっかりおばさんになってきましたが、それでも相変わらずの美貌です。しかもちょっときつい顔立ちなんで、憎らしいおばさんが似合っています。スターダストでも意地悪そうな魔女役ですからねぇ。ファンといてはちょっと複雑な心境です。
主役のニッキー・ブロンスキーは、その外見とは裏腹に凄いキュートな顔をします。ほんとびっくりでした。
そして、もう一人の主役、ジョン・トラボルタ…もう、たまりません。あんな濃いおっさんがどうしてあんな姿に…。ほんとミセス・ダウトもびっくりですよ。
それから、それからお父さん役のクリストファー・ウォーケン。おやおや、心優しいお父さんかと思いきや、やっぱりお茶目&怪しいじゃありませんか。もしも昨日が選べたら以上ですよ。目玉はトラボルタお母さんとのダンスシーンと、ファイファーの悩殺シーン。お楽しみです。
って、本当にキャストが凄い!。凄い人が出ているっていう意味の凄いではなく、みんなハマるべくハマってるって感じなんですね、ぜんぜん違和感がない。観ている人を楽しませようとする役者魂がひしひしと伝わってきます。

監督はキャプテン・ウルフアダム・シャンクマン。だからブリタニー・スノウが出ているのかな?かわいいですなぁ〜。
個人的にはプロデューサーズドリームガールズより満足度は高いです。

ヘアスプレー(トラ)
(c)New Line Cinema


データファイル
監督:アダム・シャンクマン
脚本:レスリー・ディクソン
音楽:マーク・シェイマン
出演:ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン、イライジャ・ケリー、アリソン・ジャネイ
配給:ギャガ

〔関連作品の記事〕
オリジナル版:ヘアスプレー(1988)