MOVIE REVEIWGachi-Boy
42[劇場観賞/TOHOシネマズ市川コルトンプラザ]
公式サイト

ガチ★ボーイ2007年日本
八ちゃんの降水確率:25%
八ちゃんの満足度:★★★★
八ちゃんの評価:★★★

青春☆ガチンコグラフィティー。

待ってました!こういうコメディー系青春映画はもういいかなぁ〜、とか思っていたんだけど…。
仲里依紗ちゃん出てるじゃないですか!観賞決定です(爆)「50回目のファースト・キス」思い出す人も多いでしょうが…、なかなかエンタメ性に優れた作品に仕上がっています。
本年度里依紗ちゃん第2弾です!
八ちゃんの感想
安定した娯楽作品を提供し続けるヒットメーカー。笑いあり、涙ありの王道邦画

好き嫌いあるかも知れませんが、こういう作品僕は好きです。展開が読めようが、ベタだろうが、キャスティングに「?」だろうが、観ていて楽しく、最後にホロリきちゃうんですからね。いいじゃないですか!
あ、でも今回の作品は、さすがROBOT、キャスティングに無駄がなく、いい感じでした。変なタレント使ってないし。まぁ、仲里依紗が出ていなかったらめちゃくちゃ優先度低かったでしょうが、クローズ・ノートでは冒頭しか出てこないサエコも重要な役割だったし(マネージャーですからね)、久保麻衣子もなかなかな感じでした。あ、彼女も出演映画全作品観たことになりますね!(たった3作品ですが…笑)

まぁ、冒頭にも書いたとおり記憶障害で前日の記憶が寝ちゃうとなくなっちゃうって言うのも、日記に書き留めるというのも、モロ50回目のファースト・キスとかぶりますが…。昨今の記憶もの・難病ものと違って、主人公自らが生きがいというか自分の存在価値を見出しているところが好感持てます。
妹(仲里依紗)も、父親(泉谷しげる)も、そんな彼を応援していこうとする姿もいいし。
ガチンコな感じの試合のシーンも気合が入っていて、観る者を熱くさせ、応援したくなる気分にさせるのでいいですねぇ。MASK DE 41より上を行く熱気さです。
で、周囲に受け入れられ応援されちゃう主人公の姿って、例によって非常に弱いので、お涙度数高めになっちゃいます。
向井理が瑛太に見えちゃうのは自分だけでしょうか…

ガチ☆ボーイ
(c)フジテレビジョン・ROBOT・東宝


データファイル
ビスタサイズ
監督:小泉徳宏
製作:亀山千広、阿部秀司、島谷能成
プロデューサー:織田雅彦、安藤親広、明石直弓
脚本:西田征史
音楽:佐藤直紀
助監督:吉田和弘
監督補:川村直紀
出演:佐藤隆太、サエコ、向井理、仲里依紗、宮川大輔、泉谷しげる、川岡大次郎、瀬川亮、西田征史、中谷竜、小椋毅、久保麻衣子、フジタ “Jr” ハヤト
配給:東宝
MovieWalker - ガチ☆ボーイ
劇団モダンスイマーズの舞台を、佐藤隆太主演で映画化したスポーツ・ドラマ。重度の記憶障害を持つ青年が、情熱を持って学生プロレスに挑む姿を、笑いと涙を交えて描く。
学内で天才と言われていた大学生の良一は、交通事故で1日分の記憶しか保てない脳機能障害を負ってしまう。そんな彼が学生プロレス研究会に入るが、“段取り”を覚えられずに本気でやった試合がウケて人気者となる。

観賞記INDEX(邦画)
2008年スクリーンで観た映画一覧
女優別出演作リスト:仲里依紗