2010年12月22日

人間ドックは1泊2日.
婦人科は,女性だけが受検するせいか,2日目の最後の検査項目.
初めて胃カメラや大腸内視鏡をやった話も書きたいけど,
ここはすっ飛ばして,婦人科へ.

もう最後だし,ここまで特に大きな問題も指摘されなかったので,
なんの警戒もせずに診察室へ.
ただ,婦人科初体験だし,緊張しながら入ると,
担当はなんと男性,しかもおじいちゃん先生.
でもとても紳士的でやさしそうな雰囲気だったので,
簡単な問診を受けた後,安心して例のあの診察台へ.

「痛いことは絶対しないから大丈夫ですからね~」
と説明?を受けて,触診開始.
カーテンの向こうで,先生がもぞもぞしているのは分かるけど,
確かに別に何にも痛くない.
ところが,
「子宮の大きさは正常ですね~,次は卵巣見ますからね~」
と言われた瞬間,痛い!と叫んでしまった.
「痛かったよね,ごめんね,あ~,ちゃんと後で説明しますからね~」
えええ,なに?なにが起きた?
と少しパニックになっていると,
「はい,問診した部屋に移動してくださいね~」
と触診はこれで終了.

最初に問診を受けた部屋に移動すると,
先生はカルテに何やら書き込んでいる.

「左側の卵巣ね,痛かったでしょ」
うんうん.
「卵巣ってね,親指の先とかクルミくらいの大きさって言われてるんですよ」
といって,親指の第一関節を見せながら説明される.
へぇ,そんなもんなんだ.
「でも,あなたの場合,今,これくらいはあるんですよね」
といって,今度は親指と人差し指でCを作るようにして説明される.
デカっと思わず言ってしまった.
「いわゆる,卵巣のう腫ですね.」
へ?
「あ,でもあくまで疑いだからね.どこに住んでいます?
近くにMRIのあるような大きな病院あります?
紹介状書きますから,きちんと検査を受けてくださいね」
は?
大きな病院?紹介状?
紹介状,と言われて,ようやく,あ,これは病気なのか,と我に返った.

結局,先生お勧めの病院宛に紹介状を書いてもらって,
婦人科終了.人間ドックも終了.
かなりショックで,もう頭の中は卵巣のう腫のことでいっぱい.
しかし,どんなに自分の記憶をたどっても,卵巣のう腫は,
「宇多田ヒカル」「手術」というキーワードとしか結びつかない.

宿泊部屋に戻って,持ってきたPCで急いで調べると,
宇多田ヒカルが卵巣のう腫の摘出手術をして,薬の副作用で苦しんでいる,
という記事を見つけてしまった.
やっぱり,宇多田ヒカルが摘出手術してる,,
卵巣,,摘出,,薬,,あれ?妊娠はどうなるの?
きっと影響ないはずないよね?
もうすぐ結婚するのに?30までに子ども欲しいのに?
ええ,やだ,どうしよう,彼になんて言おう,
お母さんになんて報告しよう,,,
ここまで突っ走って考えたら,涙が止まらなくなってた.

でも,自分に何も知識がないから不安なんだと思い返して,
まずは,調べて敵を知って,それからどうするか考えることにした.
全て検査が終わり,あとは,最後に結果を聞く診察があるだけ.

時間いっぱいをつかって,不安なポイントを調べきった.
そのときに自分で調べたことは

  • そもそも卵巣のう腫って何?腫瘍ってがんなの?
    私の理解*:いくつか種類があるけど,原因は特定されてない様子,
    とにかく卵巣が何か不要なもののせいで大きくなるらしい.
    がん化する種類もあるけど,9割がた良性らしい.
  • 卵巣のう腫で不妊になるの?妊娠できるの?
    私の理解*:卵巣に邪魔なものがついているから,
    それだけ妊娠しにくいらしい.
    治療して,取ってしまったほうが妊娠しやすいらしい.
  • 卵巣のう腫はどうやって治す?手術だけ?
    私の理解*:のう腫の種類によってホルモン系の薬か,
    妊娠すると小さくなることはあるらしい.
    でも,基本的には外科手術で取ってしまう.
    大きな病院では内視鏡で手術もできるらしい.
    茎捻転を起こしたら緊急手術で卵巣自体を取る
    開腹手術になるらしい.
    若い人は卵巣を残して,腫瘍部分だけを取る手術をして,
    妊娠できるようにするらしい.
*注:あくまで私が調べて自分で理解した内容ですので誤った解釈を含む可能性があります.
調べている最中,たくさんの卵巣のう腫経験者のサイトやブログを見つけた.
意外となっている人が多くて,なんだか仲間意識を感じて,とても安心した.

それなりに知識が付いたら安心して,
それでも彼は報告したら驚いちゃうだろうなぁと思いながら帰宅した.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ