2011年3月10日

午後もまったり過ごす.
15時過ぎに母親がお見舞いに来た.
今日は,里芋の煮物を持ってきてくれた.
昨日,一口もらった病院食があまりにも薄味でかわいそうだから,と言って.
ちょっと味見すると,うん,うちの味.
今は彼と住んでるし,お母さんの煮物自体久しぶりだったけど,
やっぱりこれが一番おいしいね.
夕飯の時に食べようと,残しておく.

一人で行ってもつまらないから,母親と中庭へ.
これで途中,なにかあっても大丈夫.
空気は冷たかったけど,日の当るところは暖かくて,春が来てると感じる.
たかが4日入院してるだけだけど,外の空気はおいしい.
でも,たった5分程歩いただけなのに,
おへその下の傷口あたりが痛くなってきて,息も上がってきちゃった.
シャワーの運動量から比べたら大したことないはずだけど,
ダメ,やっぱりもう疲れちゃったみたい.
このままじゃ,満員電車は当分乗れないなー...
ちょっと売店に寄ってお茶だけ買うと,すぐに病棟に戻る.

部屋に戻る途中,新生児室の前を通るんだけど,
今日はちょうどカーテンが開いていて,赤ちゃんたちが見える状態になっていた.
みーーんな,生まれたてでまだまだ赤くて,寝てる子や,
ほぎゃぁって泣いてる子,目をぱっちり開けてる子,外人の赤ちゃんもいる.
か,,かわいい.
隣で見てる二人はこの子のパパとおばあちゃんかな.
あっちの三人は,あの子のお姉ちゃんとママとおばあちゃんかな.
みんな自然とニコニコしちゃってる.

うーん,やっぱり今度入院する時は,婦人科じゃなくて産科がいいな.
と,ぼそっと呟いたら,
お父さんもね,はちこはもう,出産はこの病院でいいんじゃないか,
って言ってたよ,お母さんもそう思う.
と.

そうだよねぇ.
卵巣のう腫が分かって,手術するって決まった時,
電話口では,あ,そうなの?ってあっけない振りしてたけど,
あとで,ごめんね,満足な体に産んであげられなくて,なんて言うんだもん.
気にしてないはずないよね.
お母さんだっておばあちゃんになりたいよね.

改めて,絶対,卵巣のう腫,子宮内膜症を克服して,
10月の結婚式が終わったあと,来年にはママになりたい,と強く思った.

部屋に戻ったら,テレビを見ながら世間話.
あっという間に夕飯が来る.

NEC_0226
・魚の香味焼き
・なすのおひたし
・もやしの和え物
・お豆腐のおすまし
・ご飯
と,里芋の煮物.

9割くらい食べた.
動いたからおなかすいたみたい.

母親も帰り,また一人に.
夜の検温では,また37度.
明らかな高熱は出てないけど,術後,微熱が続いてる.
明日は,採血するらしい.
入院もあと一日.
時間が経つのは本当に早い.
あと一息がんばろう.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ