2011年4月8日

今日から新学期.
実は私,社会人学生で,
今学期は平日にも授業を取らないといけないのです.

大学は,手術前に担当教官に論文の相談で行ったきり.
もう2ヶ月ぶりぐらいになる.

私の大学には常駐の内科医や精神科医がいて,
特に予約をしなくても,学生の健康相談に乗ってくれる.

もちろん会社にも産業医がいるけど,
ちゃんと予約が必要で,今回みたいに急用だと面倒.
今日は授業もあったし,ここは気軽な大学へ.

受付で簡単に問診票を書いた後,診察室へ.
別に診察なんてしないんだけどね.

カルテや資料もなにも無いから,あくまで推測の域を超えないという前提.
専門も違うわけだし.
それでも素人があれこれ悩むより正確だろうから,
医者として,考えられる可能性を教えて欲しいとお願いした.

卵巣のう腫が見つかって,腹腔鏡手術で腫瘍だけ摘出した.
術後に1-2週間で分かると言っていた病理の結果がでなくて,
退院後診察では分からなかった.
今月末にもう一度検査結果を聞きに行く予定だったのに,
昨日になって病院から電話がかかってきて,急に月曜日に呼び出された.
素人目に考えても,とても良性とは言われない気がするんだけど,
医者の目から見ても,やっぱりそうなのか?
急かす理由としてどんなことが考えられるのか?
もし,悪性や境界悪性なんて言われたら,どんなことを質問すべきか?

少し間をあけたあと,
先生は,まっすぐ目をみて答えてくれた.

まず,想像通り,良性でないと思う.
しかも,予定を早めているわけだから,
何らかの処置やアクションを早めに起こしたほうがいい状態だろう.
腫瘍を摘出しているのに,アクションを起こしたいと思っているのだから,
腫瘍の中身に問題があったというよりは,
たとえば,腫瘍を包んでいた皮の表面に悪性のものがあって,
卵巣と悪性の部分が接触した可能性がある,
だから,もう一度手術をして,卵巣の接触していた可能性のある部分を
取ったほうがいい,とか,あるいは片側だけ卵巣を取ってしまう,
ということを提案される可能性があるだろう.

そっか.
やっぱり,良性の可能性は低いんだ.

残念だけど,大病院で患者を何人も抱えている状態で,
しかも,既に月末に再診の予約をしてある人に対して,
何にも問題が無かったら,わざわざ予約を取り直してまで呼びつけたりしない.
問題なければ後から言ったって同じだからね.
だから少なくとも,何も問題ない状態ではないと思う.
でも,早めに呼ぶということは手遅れの状態でもない,ということ.
何も処置ができない,処置の意味が無い状態なら,
やっぱりいつ伝えても同じだから予約を変更させることもない.
何かしら希望があるはずだから,つらいと思うけど覚悟を決めて,
月曜日にきちんと診察を受けて,治療の方針を聞いて,早く治して欲しい.
と.


・・・そうですか.


なんとなく分かっていたけど,これだけはっきり言ってもらえるとスッキリする.
とはいえ,まだ心が追いつかなくて,涙が溢れてきた.
やっぱりそうなのか..

淡い期待は完全に打ちくだされ,覚悟を決めなければいない状態だと感じた.
でも,これで心の準備はできた.
月曜日,どんな結果を言われても取り乱すこともなく,きっと受け入れられる.
やっぱり土日で卵巣癌,境界悪性を調べつくそう.
一緒に行ってくれる母親は,昨日,きっと大丈夫なんてこと言ってたから,
このままの状態で月曜日を迎えたら,
お母さん,きっと取り乱して泣き出してしまう.
お母さんにも心の準備をさせないと.帰ったら電話しなくちゃ.
ショックは大きいだろうけど,今はちゃんと話を聞かなきゃいけないとき.
取り乱したらしょうがない.


保健管理センターを出ると,そこは日常の大学の風景.
新歓コンパの待ち合わせをしているサークルや,
早速,友達のノートをコピーしている学生,
どの授業をとるか相談している声.
まだ学部生だったころ,私もこんな学生生活を送っていたなぁ.
あのころは毎日が楽しかったし,
まさか近い将来にこんなことになるなんて想像もしなかった.
いつからこんな体になっちゃったんだろう.
何か悪いことしちゃったのかな.

だめだ,頭では分かってるつもりだけど,心がダメ.
追いつかない.
こんな気持ちのままで一人でいたらおかしくなりそう.
心の準備をしたくて大学で先生に聞いたけど,
思ったよりもショックが大きくてダメだ.

早く帰って彼に会いたい.
耐えられないよ.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ