2011年5月11日

朝.
担当看護師さんが,明らかに新人な看護師さんを連れて病室へ.
今日は術後の採血をすることになっている.

私が元気ならフォローしてあげたいところだけど,
おなかが痛くて,体の向きを変えるのも一苦労だから,
彼女が血を採りやすいようにしてあげられなくて悪かったなぁ,と思いながら
それでも10分以上かけて採血終了.
途中で,ちょいちょい担当看護師さんの指導が入ってたけど,
みんな最初は新人だもんね,しょうがない.

その後,朝ごはんが到着.
2011051107450000

・全粥
・もやしの和え物
・豆腐のいり卵
・白菜の味噌汁
・牛乳

全く食欲が無くて,味噌汁の汁と,お茶,
おかゆを一口食べて終わり.
食後,痛み止め(といってもロキソニンだけど)を服用.
今,前回の日記と見比べてびっくりしたけど,
前回の術後1日目と全く同じメニューだったみたい.
偶然かな?毎週水曜は同じ?面白い.

同じくらいのタイミングで,朝の回診.
だいぶ調子良くなったけど,昨日は眠れなかったと報告.
今日から歩いていきましょう!と担当医.
うん,癒着しちゃうもんね.

その後,手術着から,自分のパジャマに着替えさせてもらう.
着替えついでに,蒸しタオルで体を拭いてもらって,歯磨きもしちゃってサッパリ.
生き返るほど気持ちいい.
それから,歩けるかチェック.
体を起こすのも一苦労だったけど,腹筋を使わない方法を教えてもらってなんとか.
体を横にして,ベッドの柵を使って,腕だけで起き上がる方法.
前回はこんなコツ必要ないくらいすんなりだったぶん,なんだか悔しい.

でも,そのあとは普通に立てたし,歩けたし,
ナースステーションまで歩いてみたら,
病棟の看護婦さんがみんな,若いから早いわねーって.
若い,というか,慣れもある気がする.
おなかの痛みも,「こんなもんだった」って痛みに落ち着いてきたしね.

部屋に戻ってきたら,おしっこの管を抜いてもらう.
これ,抜くときもちょっと痛いんだよね.
息を抜きながら,えいって一気に抜いてもらうと,
もう点滴だけになってすっかり身軽に.

これでまたベッド回りを自分好みに直したり,
自由にトイレに行ったり,のんびり過ごせる.
まだまだおなかが痛いから,ベッドの上中心になりそうだけどね.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ