2011年6月28日

仕事復帰してだいぶ経ち,すっかり今までと変わらないペースで働いています.
が,最近ちょっと気になる体調変化がありました.

私はもともと学生の頃からひどい肩こりで,
手術後,体力が落ちているところに仕事復帰したせいか,
なんだかひどくなってきました.
3週間くらい前からは,肩こりに頭痛と吐き気もプラスされて
実際吐き出しちゃうことも.
熱を測ってみると,平熱より1度以上低い35度3分.
ネットで色々調べてみたら,どうやらこれが偏頭痛らしく
ついに偏頭痛持ちになっちゃったかとがっかり.

まぁ,でも頭痛も吐き気も落ち着いてきて,仕事も普通に行きました.
ところが,先週の半ばになって今度は手が痺れてきて.
左手の小指と薬指がじわっと痺れて,力が入らない感じ.
さすがに,手の痺れは嫌な予感がするので,
とりあえず,整形外科も内科もやっている,
かかりつけの近所の医者に行ってみることに.
かかりつけのその医者に最後に行ったのは人間ドックに行く前.
先生は,もちろん私が卵巣のう腫になったことも,
左付属器を摘出したことも知らない.
なので,まずは2回の手術を報告.

境界悪性だったって言ったらかなり驚いていたけど,
予後は悪くないし,早めに見つかってよかったと言ってくれた.
それでいよいよ本題へ.
頭痛と吐き気と手の痺れを訴えると,
手の痺れは神経の問題で,特に首が原因になると言いながら,
腕や肩,首の機能に問題がないか調べ始めた.
腕を引っ張ったり,肩を押さえながら首を左右に傾けたりして,
痺れが強くならないか見てもらったんだけど,特に問題なし.

ところが,もしかしたらリンパかも,と言われて,
わきの下を触られたら,もうピーンって痺れる.
どうやら肩こりが原因ではなく,リンパが腫れているのが原因らしい.
でも,特に風邪をひいているわけでもないし,リンパが腫れる原因は分からない.
一応,「転移」の可能性も否定できないし,次に病院に行くのが8月だといったら,
何も無ければそれでいいんだから,ということで,血液検査をしてみることに.
この日は,メチコバールっていう,神経に効くビタミンB12の薬を処方されて帰宅.


で,先週の土曜日,結果を聞きに医者に行ってきました.
手の痺れはだいぶ落ち着いていて,でもまだ違和感がある感じ.

気になる結果は...

癌が転移したときに出てくるような値は無かったらしいんだけど,
1つだけ,細胞が死んでいるときに増える値(LD値)が上がっていたらしい.
本当にそれが転移の兆候なら,他の値も上がってくるらしく,
これだけで,何かの病気だって断定もできないらしいんだけど,
体のどこかで細胞が死んでいるのは間違いない様子.
今後もきちんと他の値が上がってこないか,経過を観察していったほうが良いし,
僕も顔を見ないと心配だから,ということで,
引き続き,メチコバールを1か月分処方してもらって,
来月もう一度,医者に行くことになった.
そこでまた何か値が上がってきたら,
手術した病院のほうへも連絡入れてくれるみたい.

手術した病院の方は,8月19日まで行く予定が無いし,
かかりつけの医者で,これだけフォローしてくれるんだから,ありがたく通う予定.
それにしても,いったい,どこの細胞たちが死んじゃってるんだろう.
まさか...右?
まさか・・・ね

----
近医 初診,検査 2770円
    再診 570円
薬 450円
    1010円


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ