2011年4月14日

前回,境界悪性腫瘍と宣告されてから,
すぐにセカンドオピニオンをとるべく,病院探しを始めた.

自宅近くにある有名な大学付属病院や,癌専門病院.
どれも,セカンドオピニオンまで予約に1ヶ月以上かかることが分かった.
特に大学付属病院は,話を聞く先生の職位によって
30分1万円から3万円までピンきりだし,それもそれで私を悩ませた.
ただ背中を押して欲しいだけなのに,1ヶ月も待つことは出来なかったし,
先生のランクで値段が変わるのもなんだか...

そんな折,たまたま知り合いの紹介で,
某国立病院のベテラン先生に話を聞けることになった.
本当に運が良くて,翌日,つまり今日,
外来で診察してもらえるという.

母親と共に,病院に向かった.
昨夜は,彼と一緒に質問票を作り,持って行った.
① 診断について
・手術前:内膜症性卵巣のう腫,手術後:粘液性 と判明.
検査結果の見誤りはあったか?
・MRIの結果は,悪性の可能性が分からないものであったか?
②治療法の妥当性
・温存手術と標準手術で予後に差はあるか?
・温存手術で腹腔鏡手術は適用できるか?
現段階で開腹とどちらがオススメか?その理由は?
・今後CTなど検査を進めるとのこと
どのような結果のときに,腹腔鏡手術を避けたほうがいいか?
・化学療法の説明なし.不要か?今後どのような検査結果のときに必要になるか?
③妊娠への影響
・温存手術後の患者に特有の不妊症状はあるか?
・出産後,標準手術をしたほうが良いか?
ポイントは,
①これまでの診断に誤りが無いか
②本当に温存,腹腔鏡でも大丈夫なのか
③不妊の観点から知見はあるか
ここでの意見によっては,病院を変えることもありえると思っていたけど,
基本的には,主治医の意見を支持してもらえるか知りたかった.

先生は,私が持っていった紹介状をじっと読んだあと,
境界悪性腫瘍の基礎知識を説明した.
主治医から聞いた話と全く同じで,まずは一安心した.
そして,質問票を渡してどう思うか,意見を聞いた.

まず,①診断の誤り.
普通はまず,エコー画像で判断するが今回はその資料が無いので
なんともいえない.
MRI画像からは,子宮内膜症性と粘液性のどちらかは分からず,
普通は内膜症性と判断しておくことが多い.
それに,病理の顕微鏡画像を見ても,本当に小さく悪性部分がある状態だから
MRI画像からでは,到底見つけることができないものだったと思う.
卵巣のう腫で術前と術後に診断が変わるのはよくあること.
どの病院で,誰がやっても,事前に分かることは無かったと思う.

②温存手術,腹腔鏡の適用性.
境界悪性で,かつ,手術中に腫瘍が割れなかったとなっているので,
Ia期に相当すると思う.
Ia期はごく初期の状態で,境界悪性は他に転移している可能性も至極低いので,
温存手術の適用範囲になると思う.
腹腔鏡は,開腹と出来ることが変わってくるが,
今回やろうとしている温存手術は,左付属器と腹水,大網の一部生検
となっているので十分可能.
ただし,大網は,非常に大きいものなので,その一部を検査したからといって
大網全体が大丈夫だとは言いにくい.
大部分を取って見てみないと,本当に転移が無いとは言い切れないので注意.
腹腔鏡では大部分を取ることはできないので,そのあたりがネックになるだろう.
ちなみに,この話は医者や病院の癌に対する考え方が影響すると思う.
癌の専門医なら,とにかく根治,癌細胞が無いことの確認を優先に考える.
はちこさんの病院の婦人科長先生は癌の専門家だから,
彼が居て,腹腔鏡を勧めるということは,安心していいと思う.

③不妊について
卵巣が1つになるので,妊娠のしやすさはもちろん低下する.
でも温存手術後特有の不妊症状というものは無い.
将来的に標準手術をするかどうかは,
今後,経過観察が必要になると思うので,
その結果を見ていきながら決めていけば良いと思う.


セカンドオピニオンをとって,本当に良かった.
自分の選択がどうやら間違いなさそうだと分かって安心した.
予定通り,元の病院で手術をしてもらおう.
さっそく,明日,病院に行って,手術の予約をとることにした.


----
4月11日 婦人科(別病院)
初診 810円


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ