卵巣のう腫になっちゃったら実は境界悪性腫瘍だった

27で結婚が決まった矢先,会社で受けた初めての人間ドックで卵巣のう腫が発覚. 手術して取ってみたら,実は卵巣境界悪性腫瘍と判明.再手術へ. 10月の結婚式まであと半年.仕事もプライベートもノッてきたのに,そんなに都合良くはいかないと実感した記録.

手術

入院3日目(手術翌日)② あれから2カ月

2011年5月11日

お昼は,
2011051112140001

・あんかけ焼きそば
・カニシュウマイ
・バナナ

動いた分,ちょっとおなかも空いて2割くらい食べた.
バナナは後で食べようと冷蔵庫に.

食後,例の(たぶん)研修医が部屋にきて,傷の様子を見ていった.
この人が私の担当医になったのかと思うほどの出現ぶり.
そしてものすごい熱心.
でも,病院のサイトにも,名前が載ってない人なんだよね.
何者なのか...
と,思ったらちゃんと研修医一覧に載ってた!
やっぱりね.こないだの外科の新人医師の一つしたの代らしい.
ほんと,立派な産婦人科医になってください.

夕方,母親が病室にやってくる.
相変わらずここにきてもやることないんだけどね.
ヒマつぶしに,売店へ.
グァバジュースが美味しそうだったから買ってみる.
きっと明日あたり飲みたくなるはず.

戻ってきて,担当医が顔を出す.
どう?って軽い感じで,私もすっかり手術のことを聞くのを忘れちゃった.
明日か,明後日の退院診察の時にはちゃんと聞こう.
でも,あの先生の感じからして,問題があったらきちんと説明するから,
何も問題なかったと判断.

夕飯は,
2011051117570000

・ご飯
・煮魚
・筍の炒め物
・たくあん
・お麩のおすまし

魚は完食.
ご飯3割くらいで半分くらい食べれた.

ご飯を食べたら急に眠くなって,
20時前から2時間くらい寝ちゃった.
2時間もまとまって寝たのって,麻酔以来かも.
今日は動いたし,昨日あんまり寝てないから体力が尽きたのかなぁ.

汗かいて起きちゃったから,着替えてもう一回寝る予定.
まだシャワーOK出てないし,気持ち悪いけどしょうがないかな.

テレビを見てたら,今日は,大震災からちょうど2カ月.
2か月前もここで入院してたし,
先月の今日も,ここで境界悪性の宣告を受けたし,
もちろん今日も入院しているわけで.
私も復興もほんのちょっとずつ前に進んでいるのかなぁ,って思っちゃった.
(ほんのちょっと,なんて言ったら被災者に失礼かな.なんだろ,政府の対応が,かな)
来月,来年はどこで何しているかな.
来月は元気で仕事して,結婚式準備もできていればいいな.
来年の今頃は,ママになる準備ができていればいいな.
・・・入院はもうしたくないな.


さて,コメントくださった方々も,これから手術ラッシュでしたよね.
ここのところ術後の辛さばっかり書いちゃって,不安にさせたらごめんなさい.
本当に,心から応援しています!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院3日目(手術翌日)① 若いから,ね

2011年5月11日

朝.
担当看護師さんが,明らかに新人な看護師さんを連れて病室へ.
今日は術後の採血をすることになっている.

私が元気ならフォローしてあげたいところだけど,
おなかが痛くて,体の向きを変えるのも一苦労だから,
彼女が血を採りやすいようにしてあげられなくて悪かったなぁ,と思いながら
それでも10分以上かけて採血終了.
途中で,ちょいちょい担当看護師さんの指導が入ってたけど,
みんな最初は新人だもんね,しょうがない.

その後,朝ごはんが到着.
2011051107450000

・全粥
・もやしの和え物
・豆腐のいり卵
・白菜の味噌汁
・牛乳

全く食欲が無くて,味噌汁の汁と,お茶,
おかゆを一口食べて終わり.
食後,痛み止め(といってもロキソニンだけど)を服用.
今,前回の日記と見比べてびっくりしたけど,
前回の術後1日目と全く同じメニューだったみたい.
偶然かな?毎週水曜は同じ?面白い.

同じくらいのタイミングで,朝の回診.
だいぶ調子良くなったけど,昨日は眠れなかったと報告.
今日から歩いていきましょう!と担当医.
うん,癒着しちゃうもんね.

その後,手術着から,自分のパジャマに着替えさせてもらう.
着替えついでに,蒸しタオルで体を拭いてもらって,歯磨きもしちゃってサッパリ.
生き返るほど気持ちいい.
それから,歩けるかチェック.
体を起こすのも一苦労だったけど,腹筋を使わない方法を教えてもらってなんとか.
体を横にして,ベッドの柵を使って,腕だけで起き上がる方法.
前回はこんなコツ必要ないくらいすんなりだったぶん,なんだか悔しい.

でも,そのあとは普通に立てたし,歩けたし,
ナースステーションまで歩いてみたら,
病棟の看護婦さんがみんな,若いから早いわねーって.
若い,というか,慣れもある気がする.
おなかの痛みも,「こんなもんだった」って痛みに落ち着いてきたしね.

部屋に戻ってきたら,おしっこの管を抜いてもらう.
これ,抜くときもちょっと痛いんだよね.
息を抜きながら,えいって一気に抜いてもらうと,
もう点滴だけになってすっかり身軽に.

これでまたベッド回りを自分好みに直したり,
自由にトイレに行ったり,のんびり過ごせる.
まだまだおなかが痛いから,ベッドの上中心になりそうだけどね.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)③ ただいまー

2011年5月10日

まだ家族もそろってないけど,11時前,看護婦さんが迎えに来ちゃった.
ON CALLで手術だと,前が終わり次第だから時間も読めない.

病室を出る直前に両親が到着.
なんとかぎりぎり間に合ったので,貴重品だけ持ってもらう.
彼は...間に合わなかった.
たぶん,まだ寝ていたんだと思う.しょうがない.
前回もそうだけど,今回も手術前はドタバタして,
ドラマみたいな,ああいうしんみりした感じが全くない.
ま,これでいいんだけどね.いってきまーすって元気に出発.

2回目ともなると,いろいろ観察できる.
手術室の入り口で,看護師さんたちが同意書などなどの書類チェック.
それから,昨日挨拶に来てくれた看護師さんが
頭にシャワーキャップみたいな帽子をかぶせてくれる.
私は,名前と生年月日を言うだけであとはおとなしく書類待ち.

チェックできたら,すぐに手術室へ入室.
体にタオルケットをかけてもらった後,着てた手術着を脱ぐ.
そのあと,手術台に自分で移動.
手術台は本当に狭くて,体の幅よりちょっと広いくらい.
移動した後は,両脚と両腕を台に軽く固定されて,
右腕には定期的に勝手に測ってくれる血圧計,
左腕は点滴,
それから体中にまたペタペタと心電図のシールとか貼られて
すっかり手術準備完了.

頭の上では,私のスペック?を報告する声が聞こえる.
身長体重や昨日飲んだ薬,最後に水を飲んだ時間.
あとは,アレルギーとか前の手術の話とか.
そんな声が聞こえながら,いつのまにか口に酸素マスクがあてがわれて,
深呼吸をするように指示される.
じゃあ,薬いれていきますからねー,
って声が聞こえたかと思うと,急に咳がでて苦しくなった.
咳,でますね,大丈夫ですからね,ゆっくり深呼吸してくださいね.
言われた通りに深呼吸をしていると,だんだん耳が聞こえにくくなっていって,
目もかすんできて,体もぼわっと何かに包まれているような感覚がしてくる.
でも,前回のように,意識が急にもっていかれる感じではなくて,
だんだん意識が落ちていくような感じ.
本当に,いつの間にか寝ちゃった.

今回は,あんまり夢を覚えてない.
起こされる直前,不思議なカードゲームを一人でやっているような変な夢を見たけど,
全然覚えてない.

ふと,肩をたたかれながら,はちこさん,わかりますか,手術終わりましたよ
って起こされたような気がした.
ような気がしたっていうのは,ぼーっとしていてあんまり覚えてないから.
体が言うこときかなくて,目を開けたいけど,瞼が重い.
手を握ってくださいって言われたけど,
それもなんか手が思い通りに動かなくて上手く力が入らない.
この時,口の管も抜かれていると思うんだけど,今回は覚えてないし痛くない.
今考えると,前回と全然違うと思う.
前回は,寝る時も起きるときも,まるでスイッチのようにオンオフがはっきりしてたからね.
今回は,だらだらっと,境目がない感じ.

そのまま,たぶん,回復室に移動.
前回は,わりと放置気味に寝かされていたけど,
今回は,しょっちゅう声かけされた気がする.
声をかけられれば目をあけられるけど,開けていると疲れてすぐ目を閉じちゃう.
眠いというか,だるいというか,とにかく体が言うことをきかない.

しばらくして,婦人科の病棟に移動.
きっと前回と一緒で,婦人科の看護婦さんが迎えに来てくれたに違いない.

部屋に戻ると,両親と彼がいた.
とはいえ,術後はどうせぐったりしているって分かっているので,
両親は早々に帰って行った.
彼だけが残ってくれて,しばらく,ベッド脇にいてくれた.
私は相変わらず,夢と現実を行き来している感じ.
ただ,とにかくおなかが痛い.

その後,どれくらいたったか,彼も帰って行った.
夕方,担当医が回ってきた.
まだ意識がもうろうとしているのを知っているようで,
詳しい話は明日しますが,とりあえず,手術は予定通り上手くいきましたよ,
と言ってくれて安心した.

そしてここから,長い夜が始まった.
おなかは痛いし,体はだるくて熱いし,
目をつぶっていても,しょっちゅう看護婦さんが様子を見に来て
ぐっすり眠れない.

途中で痛み止めを入れてもらったり,
口をゆすいでもらったりしたけど,
朝までの時間が果てしなく長く感じた.

今回は,手術前に頼んでおいたおかげか,
おしっこの管はちゃんと固定されていて痛くなくてそれだけは良かった.
ただ,おなかの痛みや体のだるさは,前回の比にならないほど辛かった.
やっぱり,手術2ヶ月後で,体調が万全じゃなかったのが悪かったのかな.
回復の早さも遅い気がする.

明け方,ようやく空が白んできて,今回もまた長い夜が終わった.
前回もそうだったけど,手術当日の夜が一番つらい.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)② いってきます

2011年5月10日

予定が早まってあと5分で出発!
彼も親も到着してないんだけど
ま,いいか.
いってきまーす!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

再診 術前説明

2011年5月2日

またこの説明を受けに来ることになるとは.
今日は,母親と彼と3人で術前説明.
父親は仕事の都合で参加できず.

まずは,この間の外科,乳腺外来の結果を確認.
1年後に検診ですよね,きちんと受けてくださいね,と念押されたけど,
でも,取り急ぎ何かしなければいけない訳じゃないのでみんなで一安心.

さっそく本題に入る.
今回も,前回と同様に手術同意書を使いながら進める.
今回の病名.
左卵巣境界悪性腫瘍.

治療は,
手術による左付属器摘出.
左付属器とは,左の卵巣と卵管のこと.

手術の目的は
治療および病巣の広がりの診断.
境界悪性だった腫瘍を取り巻いていた卵巣,卵管を摘出して,
そっちにまで癌細胞が転移していないか確認するということ.
また摘出後に病理検査をして,癌細胞があったら進行期がアップする.
でも,根治手術(両卵巣・子宮の摘出)じゃないし,
癌細胞が「無いこと」を証明することは大変で,確定診断とはならないらしい.
まったく,やっかいな病気になっちゃった.

手術の方法は,
腹腔鏡下左付属器切除術,および大網生検.
腹腔鏡での手術は2回目.
前回の傷跡に沿ってまた切って,カメラでおなかの様子を見ながら,
卵巣,卵管を摘出するのと,
卵巣癌で転移が良く見られる大網の一部を摘出して転移が無いことを確認する.
卵巣,卵管は,子宮と骨盤からの血管でつながっているので,
その両方の血管を切って,卵巣,卵管を取り出す手術になる.
ついでに腹水も少し採ってこちらも転移が無いことを確認するという.
大網とは,胃袋の下に広がっているカーテンのようなもので,
おなかの中の救急車と呼ばれているという.
たとえば胃や腸に穴が空いたりしたときに,
大網が覆って応急処置をしてくれる役割をするらしい.
それで,大網がそういった働きをすると腹水がおなかに溜まるらしく,
だから末期のがん患者さんにおなかが膨れている人が多いらしい.
今回は,大網の下のほう5%くらいと,
念のためにこの腹水も少量採取して同じように病理検査にかけることに.
腹腔鏡で行うため,大網を全て切除するのは不可能らしく,
それに今後,胃腸などおなかに何かあったときにフォローしてくれる
機能がなくなってしまうから全部は摘出しない,ということになった.
あとは,右側の卵巣.
もし腫瘍が見られたら,念のため腫瘍部分だけ切除するけど,
卵巣は取らないと約束してくれた.

次に,今回の手術で起こりうる危険性の説明.
前回と同様,出血と他臓器の損傷がありえるという.
特に,今回は付属器摘出ということで,取り出すときに尿管を傷つける危険性が
前回の腫瘍だけ摘出した場合より上がるらしい.
そして,2回目の手術ということで,
前回手術の影響で内臓が癒着している可能性もあり,
内臓の癒着をはがすときに,
他臓器を傷つけてしまう危険性も上がってしまうらしい.
癒着は手術の回数を重ねるほど可能性が上がるらしいので,
それはもう仕方ない.
他臓器を傷つけてしまったり,出血が多いと,開腹手術へ移行するという.
ちなみに傷跡は,前回の跡に出来るだけ沿って開けてくれるらしいけど,
おへその下だけは,少しカーブを描いているらしく,
頑張ってみるけどもしかしたら端っこがちょっとずれちゃうかも,とのこと.
二重になったら嫌だけど,でもそうもワガママを言ってる場合じゃないし,
先生が頑張ってダメなら文句言わない.

それから,前回と同様に,傷口の感染,エコノミー症候群(肺塞栓),
腸閉塞の危険性があることが伝えられた.

さらに術後,残した右側卵巣はもちろん,他臓器への再発の可能性は残り,
しかも再発したときは,今回のような境界悪性であるとは限らず,
普通の「癌」として再発することもあるという.
再発する場合,1年以内に見つかることが多いらしいけど,
たまに,10年20年のスパンで再発したという報告もあり,
今回の手術が終わっても決して油断してはいけない,と念を押された.
やっぱり一生付き合っていく病気になってしまったらしい.
覚悟していたけど,なんだかやっぱり重いな...
そして,術後に検査結果が出た後,がん細胞が見つかったら再手術や
抗がん剤治療を進める可能性もあることを伝えられた.
次,手術をすることになれば,
妊孕性,妊娠の可能性は残すことができないかもしれない.
それに,抗がん剤は,残した卵巣にも影響するらしく,
本当に,今回取り出すものから癌細胞が見つからないことを祈るばかり.

次に,今回は腹腔鏡下での温存手術を選択したけど,
別の方法もある,ということを説明された.
ひとつは開腹手術.
でも私のように,Ia期の場合は予後を比較したときにそこまで差がないらしい.
おなかの中で腫瘍が破れていなくて中身が飛び散っていない状態なので,
おなかの中に腫瘍由来の癌細胞があると考えにくいから,という.
あとは,開腹だとリンパの肥大を触診することができるけど,
正直,事前に撮るCTでわからないくらいの肥大なら,触ってもわからないらしい.
ということで,手術前日に撮るCTの結果次第ではあるけれど,
とりあえずは腹腔鏡手術でお願いすることに.
うっかり股関節,足の付け根が痛いことを伝えるのを忘れちゃったけど,
結局はリンパ肥大が原因だとしても,どっちにしてもCTで撮るわけだから
やっぱり前日にならないとわからないし,今気を揉んでも仕方ない.

手術の説明は以上,
念のため,エコーを撮ったけど,
右側の卵巣は普通の大きさで安心した.
左側も,まだ平べったい状態みたいだけど,大きくはなってない様子.
これもほっと一安心.

本当はこのあと術前オリエンテーションだけど,
前回手術と同じ術式で,しかもまだ2ヶ月しか経ってないから省略された.
持ち物や同意書など書類だけを渡されて今日は終了.

いよいよ来週.
入院準備を進めないと.


----
5月2日 婦人科
再診  210円


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院準備 職場報告(2回目)

2011年4月20日

前回,最初の入院の前にも職場報告をしました.
このときは,課長に口頭報告,部長には課長から一報で私からメール報告,
部署の男性社員には定例ミーティングのときに口頭報告,
という形.

で,今回.
コトがコトなだけに,メールだと誤解を招いて変に心配されちゃうと嫌だし,
かといって,これから万一,病気が進行したら病気休暇も免れなさそう.
なので,まずは課長と唯一の女性上司に口頭で相談,
その後,課長と女性上司に時間を合わせてもらって,
部長に直接報告することに.

まず,課長と女性上司.
女性上司には,逐一,連絡を入れて相談をしていたので,
課長への報告に同席してもらう方向で調整.
伝え漏れや,言い忘れが無いよう,フォローしてもらいました.
課長への報告は,具体的には,
・3月に受けた手術の結果が出たこと,
・残念ながら腫瘍が境界悪性であったこと,
・だから,再手術が必要であること,
・5月10日に受けるので,GW後,2週間ほどまた休むこと,
・今回も,余っている有休を使うこと,
・境界悪性は再発,転移の可能性が低いから切ればとりあえず大丈夫そう,
・とはいっても,手術の結果でまた何かしらの治療が入る可能性はあること

課長はやっぱり驚いていて,それでも体が大事だとして了解.
それから,病気に関連した休暇,休職制度について
調べるようにアドバイスをもらいました.
結局,病気休暇を取るよりも元気なら在宅勤務もアリじゃないか,
という話になり,それを含めて部長に相談することに.

部長にも課長と同じように報告して,在宅勤務もOKか確認.
部長も言葉には出さなかったけれど,心配していそうな雰囲気.
それで,とにかく体を治せ,ということで了解.
もちろん,在宅勤務も体調見合いでOK,と.
ただ,病気休暇を取得する可能性がゼロではないなら,
人事にも一報入れる,ということ.
人事に一報が入るということは,病気休暇は取りやすくなるだろうけど,
変なうわさになったら,それこそ昇進とか異動が危ない,,気がする.
キャリア,,別に興味ないと思ってるけどなんだかなぁ...
こういう体になった以上,仕方ないとは思っているんだけど...


あとは,職場の男性たちへどう説明するか.
特に,今は年度初めで,5月にやるプロジェクトの詳細をつめている段階.
まさに入院中,退院直後に大きなイベントがあって,それをどう回していくか,
課題も多く,できるだけ早く伝えないと...

たまたま今日,部署の定例ミーティングがあり,その席で,
前回の手術結果があまり良くなくて,もう一度入院して手術することになった,
5月GW明けにまた不在になる,体調見合いで在宅勤務もしたい,
迷惑かけるけどよろしく,と報告.
ただ,3ヶ月に2回も手術なんていうと,
普通に考えたらだいぶどこかが悪いように聞こえるみたいで,
ちょっと心配されてしまいました.
難しいですよね,今はもう腫瘍を取っちゃったから元気なのに,
「宣告」以後は,なんだか病人なんだもん.
言われたか,言われてないかの違いだけなのに.

入院まであと8営業日.
年度の頭だからさほど引き継ぎはないけど,
帰ってきたときに社内失業しないようにしておかないとなー.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

告知4日後 再手術決定&2度目の術前検査

2011年4月15日

境界悪性の宣告から4日.
もうありえないくらいの速さで
セカンドオピニオンを受けることができたので
その流れのまま,元の病院で手術の予約をすることにした.

診察に室に入ると,先生は,あれ?もう来たの?
というような雰囲気で迎えてくれた.

そして,セカンドオピニオンに行って,
不安が解消したこと,温存も腹腔鏡も大丈夫そうといわれたから
安心してここで手術をお願いしたいと伝えた.

そうしたら,さっそく手術の予約表を確認して,
一番早く予約を取ってくれることになった.
一番早い空き日程は,5月10日.

本当は,生理にかからない日程の方が良いらしい.
前回も言われたけど,生理中だと出血が多くなるそうだ.

予定通りくれば,次の生理は5月5日-9日.
ちょっとギリギリ...
でも,この日を逃したら次の空きは6月の頭となり,
結局また生理と重なる可能性がでてくる.
それなら,もうこの日に賭けちゃいましょう,
ということで5月10日で決定.

生理を早めるホルモン剤も処方できるらしいけど,
手術中に,エコノミー症候群になる可能性が高まり,
副作用の方が怖いということで,
生理終了直後か,終わりかけでも良しとした.

それから,すでに手術まで1ヶ月を切っているので,
今後の予定も合わせて決めた.

まず,今日,このあと術前検査をやりに行く.
前回の手術でもやったから使いまわしても良いのに,と
思うけど,術前検査は有効期限があるらしく,もう使えないらしい.

術前説明は5月2日.
これもまた,家族同伴で手術の内容や,手術に伴う危険性など
説明してくれるという.
やっぱり前回,かなり詳しく聞いているし,
そこまで不安に思うことはなさそう.
でも,疑問があれば,このときにちゃんと聞かないと.

それからCT検査.
すでに予約が7月までいっぱいだというので,
入院初日,手術前日に,救急枠で受けることに.
何も見つからなければいいなぁ.

そして,これまで書かなかったけれど,
実は,卵巣のう腫が見つかった人間ドックで,乳腺症も指摘されていた.
特に検査の指示も紹介状も無かったので軽視してたけど,
こうやって境界悪性の腫瘍が見つかってしまうと,
念のため大丈夫であることを確認しておきたくなる.

そのことを相談すると,先生は,外科の乳腺外来に紹介状を書いてくれた.
といっても,電子カルテなのでメールっぽくピピピっと飛ばすだけだけど.
そんなわけで,今日は,術前検査と外科,両方に寄り道して帰ることになった.
話が進むときは一気に進む.

さらに今日は,保険を請求するための診断書が出来上がっているらしい.
これも,最後に受付で受け取ることになった.

先生に,今後ともよろしくお願いします,とお礼を言って診察室を出ると,
まずは術前検査に向かう.

採血(4本)と止血時間検査,
採尿,
心電図,肺活量検査,
胸部X線検査.

前回やったものと全く同じで,特に問題もなくあっさり終了.


そして外科.こちらは話が長くなるのでまた次に.


----
4月15日 婦人科
再診,術前検査 6380円
診断書(保険適用外) 5250円


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院3日目(手術翌日) すっかり元気?

2011年3月9日

術後1日目.
朝,7時半に採血をすると,すぐに朝食が運ばれてきた.
NEC_0221

・全粥
・もやしの和え物
・卵炒め
・白菜のお味噌汁
・牛乳

あんなにおなかが空いていたのに,
お粥半分でギブアップ.
最初からそんなに食べられない.

朝ごはんが済むと,また看護婦さんが来て,
今度は,清拭と着替えを手伝ってくれた.

まずは,上の写真にも少し写ってるフットマッサージ機をはずして,
手術着を袖から脱いで,点滴を通し直して,自分のパジャマを着る.
パジャマを着る前に体を蒸しタオルで拭いてくれて,すごく気持ちが良かった.
久しぶりに自分のパジャマに.

そしたら,今度は歩けるかチェック.
ゆーーーっくり体を起こすと,貧血になることもなく,すんなり.
若いから大丈夫そうね,なんて言われちゃった.
でも,普段の立ちくらみとかと比べると今日のは全然大丈夫.
これはいけるかも!と思って歩いてみると,
特に点滴のカートに頼ることなく,すいすい歩けちゃう.

と,いうことで,おしっこの管もはずしてもらうことに.
この管,意外と長くて抜いてもらうのもちょっと痛かった.
息を吐きながら,一気に抜いてもらう.
ここまでくれば,だいぶ自由!
やっと,自分の部屋の中を歩けるようになって,
ベッド回りを自分好みにセッティングし直す.
窓からの様子も楽しめるし,自由にトイレにも行けるし,もう大丈夫そう.
でも,昨晩,あんまり寝てなかったし,起きるたびに傷口はやっぱり痛いし,
なぜか右の横腹も痛い.
もらっていた痛み止めをもらって,ちょっとベッドに横になったら,
すぐに寝ちゃった.
と,ベッドごとゆすられた感じがして目が覚める.
看護婦さんが,大丈夫でした?
といって様子を見に来る.
何事かと思ってテレビを見たら,宮城のほうで地震があったのね.
よくよく考えると,入院中,手術の最中に地震なんて起きたら怖すぎるよ.

目を覚ましたら,またまたご飯.
・・・これ,太るんじゃない?
NEC_0222
・天ぷらそば
・わかめときゅうりの酢の物
・バナナ

半分くらいかなぁ,バナナは残して下げてもらう.
お昼後に,検温と,血圧測定.
熱も6度8分,血圧も100の65くらいと,いつもどおり.
トイレにも自分で行けるから何にも不便じゃない.
トイレに行ったら,生理が復活していて,
いつもよりも明るい色の血がでていた.
うーん,大丈夫かな,と思いつつ,ナースコールで呼ぶほどでもないから
今度看護婦さんが来たら報告することに.

そうして,こうやってブログかいてたら,あっという間に夕方に.
母親がお花を持ってお見舞いにくる.
来たって特にやることないし,ヒマで悪いから,
悪いついでに,イチゴ食べたいとわがままを言ってみる.
と,ふらっと駅前まで遊びに行ってくれた.

買ってきてくれたイチゴを食べつつ,
しょうもないことを話していると,あっという間に夕飯.
何もしないでご飯食べて,これ,また太るんでないの?

NEC_0223

夕飯は,
・ポークソテー
・オニオンスープ
・ブロッコリーとベーコンの炒め物
・キャベツサラダ
・ご飯

これも,半分くらい残しておしまい.
イチゴたべなかったらよかったかな.

すると,手術着のままの先生が部屋に様子を見に来た.
生理の話と,右腹の話を一応伝える.
卵巣をいじってるから,生理は周期が変わるし,
今月2回来る可能性もある,って話と
右腹は,腹腔鏡手術をするのに変な体勢にしていたから,
筋肉痛とか筋が痛むことがあると言われた.
最後に,ガスが出てるか確認されて終了.

母親も帰ってまた一人に.
夜勤の看護婦さんがあいさつしに来る.
明日の昼間,シャワーを浴びていいよ,と.
すでに防水用のシールが貼ってあるから,そのまま入ってOKらしい.

今夜はゆっくり眠れそう.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)③ 一瞬の目覚めと長い夜

2011年3月8日

12時.
お見舞いに来てくれた彼と病室で談笑してたら看護婦さんがお迎えに.
今まで寝ていたベッドに柵がついて,
メガネをはずしたら一気に移動開始.

んじゃ,いってくるねーって余裕で手を振る私.
母親は,髪を結んでいないことに気付いたのか,
髪ゴムを持って走ってくる.
あんまり感動的な別れとかじゃなく,どたばたしている感じが我が家っぽい.

ベッド用(貨物用?)のエレベーターで手術室のあるフロアまで.
手術室前には,昨日手術室の看護婦です,といってあいさつしてくれた
あっかるいおねぇさんが,緑色の手術室用の白衣?でお出迎え.
頭に,手術用の帽子をかぶさせられる.

そのまま,手術室へGO.
モニターやらなんやらだらけで,スタッフが大量にいて,
大き目のバスタオルを体にかけられたら,
手術着を脱がされて,バスタオルをかけられたまま,手術台に自分で移動.

移動すると,胸にぺたぺたシールはられて,
足も固定されて,右腕には血圧の装置,左腕は点滴,口には酸素マスク.
他にも,数人が同時に体のあちこちで作業を始める.

そのうち,麻酔入りまーす,という声が聞こえて,
はちこさん,すぐ眠くなりますからね,深呼吸してくださいね,といわれると,
貧血で倒れるときみたいに,頭の後ろからすぅぅっと何かに引っ張られるかのように
意識が遠のいていって,
「あ,眠くなってきました,,,」
「いいですよ,深呼吸してくださいね,すーーはー・・・」
看護婦さんの声を聞きながら呼吸を意識したら,あっという間に夢の中へ.

夢は,4,5本見たかもしれない.
どれも,楽しい思い出の夢で,最後に起こされる前にみたのは,
学生時代に,大学の友達と彼と一緒に大学の教室で課題をやっている夢.
課題が難しくて,みんなで,こんなのできないよーと言いながらも,
教室でふざけながら,男の子たちがじゃれていて,
友達の一人が「ふざけんじゃねーよー」と口癖を言ったところで,

「はちこさん,はちこさん,手術終わりましたよ,分かりますか?」

と肩を叩かれて起こされた.
目を開けると,口にはまだ管が付いていて,うまく息ができない.
おなかもなんだかジンジンする.

起きて,息ができることを確認されると,口から管が抜かれた.
確かにこれはどおりでのどが痛くなるはず.
管がでこぼこしているから,抜かれるときにどうしてものどにあたる.
それに,口の中がすっかり乾いていて,唇もカピカピ.

すぐに酸素マスクをつけられて,一つ部屋を移動した.
たぶん,回復室っていうところだと思うけど,
同じタイミングで手術をしたらしい,他の人のベッドも隣にあった.

麻酔の影響か,なんだか眠くて目をつぶる.
少しして,頭の上で声がしたかと思うと,
婦人科の看護婦さんが迎えに来てくれたみたいで,婦人科の病棟に戻る.

「はちこさん,戻りましたー」と,ナースステーションに看護婦さんが報告.
部屋が変わっていて,今度は個室に入る.
部屋では,両親と彼が待っていた.

しゃべろうとすると,咳がでて,咳すると激痛でうまく話せない.
酸素マスクも邪魔だし.
でも,どうしても,でてきた腫瘍がどんなものだったのか見たくて,
父親に写真を見せてとせがんだ.
すると,ここで衝撃が.
写真に撮っておいてくれたのは,腫瘍を包んでいた皮で,
真っ白で,破裂した水風船のゴムみたいなもの.
(今度,写真データもらったら上げますが.)
親が言うには,なんと,中身は緑色の液体だった,という.

ええええ!
緑色ってそんなのエイリアンじゃんー!

元気な時なら,すぐにでもネットで調べるところだけど,
もう体がだるくて,言うこときかないし,
どっちにしても取っちゃったんだから,気にしないことにする.
とにかく,手術が予定通りにうまくいったと教えてもらって,
目をつぶって休む.

夕方,
先生が研修医を引き連れて,部屋に来た.
予定通り手術が終わって,癒着も,妊娠に関係する臓器には
ほとんどなかったことを教えてもらった.
なぜか,盲腸がくすぶった跡と,腸に癒着があったそうで,
腸閉そくに結びつきそうな癒着の仕方じゃなかったし,
ここではがしてもどうせまた癒着するだろうからそのままにした,とのこと.
私の記憶の限り,盲腸かも,と思うほどおなかが痛かったことはあるけど,
盲腸と診断されたことは無かったので,とても不思議.
それから,卵巣のう腫の中身も,黄色っぽいねばねばの液体で,
真っ黄色ではなくて,少し緑かかっていた,ということ.
病理の検査結果次第らしいけど,
もしかしたら子宮内膜症性ではないかもしれない,という.
本当に,卵巣のう腫は切ってみないと分からない病気なんだと実感.
今はとにかく休んで,明日から歩いていきましょう,ということで戻って行った.

そこからは,ご飯も食べられないし,
持ってきたストロー付きのコップでうがいをさせてもらって乾きをうるおしながら,
1時間に一度くらい,看護婦さんが来て,傷の様子や下からの出血を見て.
熱と血圧を測ったり,おしっこの量を確認したりで
目をつぶって眠りそうになると物音がして目が覚めて,の繰り返し.
熱はそんなに出なかったけど,7度ちょっとあって,体がほてってるかんじ.
アイスノンをもらって少し落ち着く.

おなかと,おしっこの管が痛くて,12時過ぎに座薬を入れてもらって,
管の向きも変えてもらった.
4時ごろには,おしっこの量が少ない,出ていない,と言われて
利尿の薬を点滴に入れてもらった.
7時半ごろに採血.おしっこの量も増えていて,やっと一息ついた感じ.

すっかり日も出て,外も明るくなっていた.
長い,長い一日がやっとやっと終わった.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)② いってきます

2011年3月8日

今看護婦さんが来て,手術の時間が決定.
12:00に手術室向かいます.

では!

入院1日目② ご飯と生理

2011年3月7日

あのあと.
お昼が届いて,入院最初の食事.
今日は,
・豚肉の野菜炒め
・胡瓜の酢の物
・大根の煮物
・リンゴの缶詰
・ご飯
・お茶

1st_lunch


8割ぐらい食べた.
御飯が220gもあって,いくら今元気でも食べれないよw

で,ゆっくり食べてたらなんだか気持悪くなってきて,
いやな予感がしてトイレにいったら,やっぱり生理になってた.
うーん,このタイミングは無いよぉ.
生理が始まった途端に,おなか痛いし,もう一度熱測ってみたら37度あるし...
大丈夫なんだろうか,これ.

まったりしてたら麻酔科の先生登場.
かわいらしい女性の先生で,明日の麻酔の流れと,
起きた時にどんな風になっているのか説明してくれた.
明日は,手術室に移動したら酸素マスクを装着.
そのあと点滴で麻酔を入れていって,だんだん眠くなるらしい.
痛いことは無いと言ってたので安心.

手術中は,気管に管をいれたり,心電図をとったりしてるから,
起きたらいろいろ体についてるけど,びっくりしないように言われた.

麻酔の先生と話している間に,担当看護師さんが来て,
下剤のドリンクを渡された.
麻酔の先生の話を聞きながら飲んでくださいって言われたけど,
これがポカリスエットを目指したんだろうけど,
大失敗してるかんじのまっずい液体.
とてもじゃないけど,話を聞きながらなんて飲めないから,
麻酔の先生の話が終わるのを待つ.

先生の話は,口を開けてのどの様子をみられたり,
家族に全身麻酔をして具合悪くなった人がいるか,とか聞かれて終了.

また一人になったので,下剤の続きを飲む.
飲んでる間にどんどん気持ち悪くなってきた.
しかも生理も始まってるから,おなかが重い.
左卵巣付近だから,これ,絶対腫瘍が成長してるよ.
でも,下剤がまずくて気持ち悪いのか,
生理痛で気持ち悪いか良く分からなくてぐったり.

ぐったりしてるときに,薬剤師さん登場.
明日入れる点滴や手術後に飲む薬の説明.
痛み止めはロキソニンを使うらしい.

終わったと思ったら,今度は,前日診察.
入院生活って意外と忙しい.

診察室に入って,
先生,生理になっちゃったよー
今朝から微熱だよー
と報告.

本当は望ましくないけど,来ちゃったものはしょうがないから,ね.
熱は,高温期だからじゃないかしら?
風邪の症状はないんでしょ?
と.

あたし,やっぱりこの先生好きだわ.
うん,来ちゃったものはしょうがないよね.
あとは先生,頼んだわ!

で,内診してエコーしたら,腫瘍が5*4cmに成長してた.
生理中だから多少大きくなってるとはいえ,
うーん,再発したらなかなかのハイペースで元に戻っちゃうよ,これ.

たまーに,前日になって腫瘍が消えている人がいるらしいけど,
残念ながら成長してそこにいたので,手術も本決定.

おなかも下剤が聞いてきてごろごろしてきたから,
トイレに寄りながら病室に戻る.

そしたら,今度は,手術室の看護婦さん登場.
あっかるい感じのおねえさん.
明日の手術の流れについて,麻酔の先生と同じように説明してくれた.
最初に麻酔の先生から聞いてたし,2回説明してくれて,
疑問が残らないようにしているのかなぁ,と思った.
最後に,手術前にかける有線放送chを選択.
器具の音ばっかり聞こえると不安になるから,という配慮みたい.
私は,最近の曲は知らないから,2000年代のJPOPヒットを選択.
やっぱり,高校・大学時代の曲が一番知ってるしね.

それにしても予想以上にひっきりなし.
合間合間にこの記事書いて,持ってきた筆ペン練習帳をやりながら,
おなかゴロゴロしてきたらトイレ,という流れ.

周りは面会の時間でにぎやかだし,
ここは産科も同じフロアだから,生まれたての赤ちゃんの泣き声も響いてる.

夜まで暇だし,新生児室の前に行って,赤ちゃん見てニヤニヤしてこようかなぁ.
私も赤ちゃんほしいなぁ.
妊娠できるといいなぁ.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院準備 お金のこと

2011年2月

多少日付が前後しますが,今日は入院・手術が決まった後に
手続きをしたお金の話.

手術が決まって,冷静になって,一番に頭に浮かんだのがお金のこと.
結婚資金を貯め始めてから,自分用に使うお金のストックはなくなってきてたし,
実は今,仕事をしながら大学にも通っていて,年に60万ほど学費がかかる状態.
もう全然お金が無い!
本当に,お金が無いと病院にも行けないんじゃないかと思ってしまう.

腹腔鏡手術の費用について調べてみると,
やはり,開腹手術より技術が必要なので,診療報酬も高いらしい.
診療報酬は,法律で決まっていて公開されているので自分で調べることができる.

私の手術は,腹腔鏡下卵巣嚢腫(腫瘍)核出(摘出)術 なので,
たぶん「K887-1 卵巣部分切除術」に該当するだろうと推測できた.
http://sites.google.com/site/shinryoutensuu2010/ikasinryouhousyutensuhyou/k-syuzyutu/01-syuzyuturyou/11-seiki/07-sikyuhuzoku/k887-1
腹腔鏡によるもの 14,470点

診療報酬は1点10円なので,約15万.
うーん.3割負担で5万.

よく見ると,癒着の剥離はまた別の点数区分になってる.
「K886 子宮附属器癒着剥離術(両側)」
http://sites.google.com/site/shinryoutensuu2010/ikasinryouhousyutensuhyou/k-syuzyutu/01-syuzyuturyou/11-seiki/07-sikyuhuzoku/k886
腹腔鏡によるもの 17,900点

3割負担で6万円...

これはなかなか高額な予感がする.
経験者のみなさんのブログに載っている金額も,10万から30万くらいとばらばら.
高額医療費控除は,後からお金が返ってくる制度だから,
結局,最初に自分で負担する必要があって,正直痛い.

うーん,どうするかな,と思っていたら,
会社の健康保険組合にナイスな制度を発見.
「健康保険限度額適用認定証」の交付を受けると,
窓口で支払う時点で高額医療費控除分を差し引いて,
一般的な収入の人なら,8万7430円で済むというもの.
それならまぁ,なんとか支払える!
早速,会社の健康保険組合に問い合わせて認定証を送ってもらった.
ものすごく対応が早くて,翌日には簡易書留で自宅に届いた.
健康保険によっては,会社じゃなくて社会保険庁に問い合わせるなど
交付の方法は違うらしいけれど,これは使わない手は無い制度だと思った.


それから,自分の加入している保険を洗い出した.
まずは,大学入学時に加入した,学研災
掛け金も安いし,全員がなんとなく加入している保険なのに,
なんと,入院も,通院も,治療費の実費を保証してくれるらしい.
さすが学生を対象にした保険だけあって良心的.
と,いうことは,手術代なんてものは全額出してもらえるだろうし,
こないだの1万円近くしたMRIの検査代も負担してもらえるということ.
なんて手厚いの.学生で良かった...
と,いうことで,さっそくコールセンタに電話して,手続き方法を聞いた.
実費保障なので,先の限度額申請など,出来る限り安くなる方法を
全て取り入れてから申請してほしい,とのこと.
あとは,学生相手の対応だからか,
懇切丁寧に各種制度について教えてもらえた.
ちなみに,もちろん社会人学生も支払い対象だということで一安心.

あとは,発覚までの経緯にも書いたことだけど,
ものすごく親に勧められて,とりあえず加入した共済保険の医療特約付き.
やっぱり親の言うことは聞いておくもんだと痛感.
入院は1日目から日額4500円,手術は診療報酬点数次第で5万・10万・20万.
これだけあれば,学研災で保障してくれない食事代や
入院グッズ購入費までまかなえる.
こちらも,電話で問い合わせて手続き方法を聞いた.
やっぱりちょっとドライな対応.
送られてきた資料をみると,申請をするには医師の診断書が必要とのこと.
入院時に渡せば退院までに作成してくれるらしいので,
入院の持ち物として忘れないようにしよう.

と,こんな風にお金の心配は無くなった.
やっぱり,備えあれば憂いなし.
健康なときは気づかないけど,
若いうちは特に医療保険が大事だなぁと痛感しました.
絶対,彼にも入ってもらわないとね.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院準備 職場報告

2011年3月1日

今日は少し番外編として,
男性社会でフルタイムで働いている私が
実際に,どうやって職場に報告したのかご紹介します.

私の職場は男性9,女性1の割合で完全男性社会.
なので,卵巣のう腫のような,女性特有の病気になったときは,
自分以上に周りが変に気を使ってしまうことの無いよう,
かといって,自分の気持ちが滅入ってしまわない程度に気楽に過ごせるように
絶妙なバランスで報告する必要がある.と私は思っています.

ラッキーなことに,私にはチームに女性の先輩(上司)がいるので,
さまざまな相談をすることができました.
一人でも本当のことをすべて言える人がいると,本当に気持ちが楽になるので
これまでも何度も様々な場面で助けてもらってきたけど,
今回ほど先輩のありがたさを感じたことはなかったです.

ということで,あとは大多数の男性社員になんて報告するかが問題.
私が取った方法は,
課長には,速報で電話報告,
部長には課長をCCに入れつつメールで報告,
他の一般社員には,定例の部署ミーティングのときに口頭で報告,という形.
*これがビジネスマナー的にOKかどうかは分かりません.
ちなみに,非常に部長までの距離が近い会社です.

課長に入れた速報電話は,初診の記事に載せていて,
その後出社したときに,口頭で病名と深刻度合い,
入院まで仕事(体力)の制限があるか,を報告しました.

部長には,課長から一報を入れておいてもらって,
術前説明の後,入院・手術が確定してから,メールで報告しました.
入れたメールはこんな感じ.

----
課長(CC:部長)

はちこです.

先日口頭にてお伝えしました,入院・手術の件ですが,
昨日通院した際,詳細が確定しましたのでご連絡いたします.

--
病名:左卵巣腫瘍
手術日:2011年3月8日
入院:2011年3月7日-3月12日(予定)
自宅療養:2011年3月13日-3月21日(予定)
病院:はちこの近所の総合病院

# 手術結果,術後の容態によっては,医師の判断で入院,自宅療養期間
ともに延長する可能性があります.
# 期間中の勤務日計10日は,有休休暇を取得させて頂きます.
# 女性特有の病気ですので,職場における病名の公表について,
ご配慮頂けますと幸いです.
--

ご迷惑おかけいたしますが,よろしくお願いいたします.
----

それぞれの会社にルールがあると思いますので,
テンプレにはならないかと思いますが,
私のところはこれで通して上手くいきました.
本人がこうしてほしいと言うのがポイントかもしれません.
他には,病気休暇ではなく,有給休暇で休む,とか,
予定は医者が決めるし未定よ,と伝えることがポイントでしょうか.
#10日もの有休をメール一本で取れるのは,
私の会社独特なところかもしれませんが...

で,職場の一般男性社員の方々へは,
定例ミーティングの最後にちょっと時間を頂いて,3月に2週間ほど不在になる,
実は,人間ドックでおなかに腫瘍が見つかって
悪性ではないらしいけれど,少し大きいので手術することになった,
手術をするので,体調によってはもう少し長くお休みを頂くかも,
大変ご迷惑をお掛けしますが,よろしくおねがいします,
引継ぎなどは後ほど個別にお願いに参ります,
と.
ほとんどいなかったけれど,しつこく病名を知りたがる人には,
小声で,「実は婦人系なので,,,」と渋い顔で言うと,
聞いちゃいけないことを聞いちゃった,という雰囲気になって
それ以上しつこくされることはなかったです.

正直,私の性格的には,病名を言っても良いのですが,
変に調べてきてもらったり,アドバイスをもらうのも気が引けるし,
# みなさん親切で,普段からどんなことにもそんな感じの職場なので,,.
それに,私のようにオープンでも良いとする女性社員が
社内にどれほどいるか分からなかったし,
他の方が同じような状況になったときに嫌な思いをしないようにするには,
前例は安全なほうに倒しておこう,という判断でした.

あくまでも,私の場合ですので,
こんな感じで報告した人がいたんだ,程度に読んで頂ければと思います.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

検査 術前検査

2011年2月14日

眼科が終わり,いよいよ婦人科の術前検査へ.

まずは胸部X線検査.
大きな病院だから,いくつも小部屋が分かれていて,
放送で名前を呼ばれて,部屋に入る.
検査自体は普通のレントゲン.

次は,血液と尿検査.
こちらも大きな病院だから,50人以上採血室で待っている.
30分くらい待ち.
採血は小さい試験管で5本くらい取って終わり.
その後,耳たぶに傷をつけて,止血の検査.
隣にいた70くらいのおばあちゃんと同時にやったけど,
そこはさすがに20代.かなりあっさり終了.
でも耳たぶから血が流れてくるのが分かってあんまり良いもんじゃなかった.
終わってからコップをもらって採尿.

今度は,心電図.
これもやっぱり大きな病院だから,いくつも小部屋があって,
やっぱり放送で名前を呼ばれて部屋に入る.
心電図自体も,普通にいつも健康診断でやるようなものであっさり終了.

最後に,肺活量.
これは初めてやる検査.
機械の先についてる紙の筒をくわえて
入るだけ息をすったり,出せるだけ息を吐いたりする.
で,息をすったりはいたりすると,モニターの中で線が引かれる仕組み.
モニターには,うっすらたぶん理想の曲線みたいなのが出ているんだけど,
その曲線より一回り小さい線が出て終了.

今日は検査だけで,診察もなかったのでこれで終了.
いよいよ,次は2/28のMRI検査+術前説明となった.

----
2月14日 婦人科
術前検査 4690円


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
最新記事
アクセスカウンター

    プロフィール

    hachiko885

    28歳♀.会社員.
    2011年10月30日結婚予定.

    2010年初夏,交際8年目の彼氏からプロポーズを受け,婚約者として同居を開始.
    ところが初めて受けた人間ドックで卵巣のう腫が発覚.
    改めて受診した病院で子宮内膜症性卵巣腫瘍(左側:5*3.5cm)と診断.
    2011年3月8日腹腔鏡での腫瘍摘出手術,無事成功.
    が,病理の結果,卵巣境界悪性腫瘍(粘液性)と判明.
    セカンドオピニオンを経て2011年5月10日腹腔鏡下で妊孕性温存手術(左付属器切除,大網部分切除生検,腹水採取)実施,無事成功
    病理検査の結果,転移は見つからず追加治療もなしで,現在,経過観察をしつつ結婚式の準備中.

    卵巣のう腫だって,境界悪性腫瘍だって,結婚して子どもができるんだ!
    と証明するために,同じように卵巣のう腫,境界悪性腫瘍を抱える人の参考になるように,
    なにより,今のこの気持ちをずっと忘れないために書き綴った記録.
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ