卵巣のう腫になっちゃったら実は境界悪性腫瘍だった

27で結婚が決まった矢先,会社で受けた初めての人間ドックで卵巣のう腫が発覚. 手術して取ってみたら,実は卵巣境界悪性腫瘍と判明.再手術へ. 10月の結婚式まであと半年.仕事もプライベートもノッてきたのに,そんなに都合良くはいかないと実感した記録.

手術当日

入院2日目(手術当日)③ ただいまー

2011年5月10日

まだ家族もそろってないけど,11時前,看護婦さんが迎えに来ちゃった.
ON CALLで手術だと,前が終わり次第だから時間も読めない.

病室を出る直前に両親が到着.
なんとかぎりぎり間に合ったので,貴重品だけ持ってもらう.
彼は...間に合わなかった.
たぶん,まだ寝ていたんだと思う.しょうがない.
前回もそうだけど,今回も手術前はドタバタして,
ドラマみたいな,ああいうしんみりした感じが全くない.
ま,これでいいんだけどね.いってきまーすって元気に出発.

2回目ともなると,いろいろ観察できる.
手術室の入り口で,看護師さんたちが同意書などなどの書類チェック.
それから,昨日挨拶に来てくれた看護師さんが
頭にシャワーキャップみたいな帽子をかぶせてくれる.
私は,名前と生年月日を言うだけであとはおとなしく書類待ち.

チェックできたら,すぐに手術室へ入室.
体にタオルケットをかけてもらった後,着てた手術着を脱ぐ.
そのあと,手術台に自分で移動.
手術台は本当に狭くて,体の幅よりちょっと広いくらい.
移動した後は,両脚と両腕を台に軽く固定されて,
右腕には定期的に勝手に測ってくれる血圧計,
左腕は点滴,
それから体中にまたペタペタと心電図のシールとか貼られて
すっかり手術準備完了.

頭の上では,私のスペック?を報告する声が聞こえる.
身長体重や昨日飲んだ薬,最後に水を飲んだ時間.
あとは,アレルギーとか前の手術の話とか.
そんな声が聞こえながら,いつのまにか口に酸素マスクがあてがわれて,
深呼吸をするように指示される.
じゃあ,薬いれていきますからねー,
って声が聞こえたかと思うと,急に咳がでて苦しくなった.
咳,でますね,大丈夫ですからね,ゆっくり深呼吸してくださいね.
言われた通りに深呼吸をしていると,だんだん耳が聞こえにくくなっていって,
目もかすんできて,体もぼわっと何かに包まれているような感覚がしてくる.
でも,前回のように,意識が急にもっていかれる感じではなくて,
だんだん意識が落ちていくような感じ.
本当に,いつの間にか寝ちゃった.

今回は,あんまり夢を覚えてない.
起こされる直前,不思議なカードゲームを一人でやっているような変な夢を見たけど,
全然覚えてない.

ふと,肩をたたかれながら,はちこさん,わかりますか,手術終わりましたよ
って起こされたような気がした.
ような気がしたっていうのは,ぼーっとしていてあんまり覚えてないから.
体が言うこときかなくて,目を開けたいけど,瞼が重い.
手を握ってくださいって言われたけど,
それもなんか手が思い通りに動かなくて上手く力が入らない.
この時,口の管も抜かれていると思うんだけど,今回は覚えてないし痛くない.
今考えると,前回と全然違うと思う.
前回は,寝る時も起きるときも,まるでスイッチのようにオンオフがはっきりしてたからね.
今回は,だらだらっと,境目がない感じ.

そのまま,たぶん,回復室に移動.
前回は,わりと放置気味に寝かされていたけど,
今回は,しょっちゅう声かけされた気がする.
声をかけられれば目をあけられるけど,開けていると疲れてすぐ目を閉じちゃう.
眠いというか,だるいというか,とにかく体が言うことをきかない.

しばらくして,婦人科の病棟に移動.
きっと前回と一緒で,婦人科の看護婦さんが迎えに来てくれたに違いない.

部屋に戻ると,両親と彼がいた.
とはいえ,術後はどうせぐったりしているって分かっているので,
両親は早々に帰って行った.
彼だけが残ってくれて,しばらく,ベッド脇にいてくれた.
私は相変わらず,夢と現実を行き来している感じ.
ただ,とにかくおなかが痛い.

その後,どれくらいたったか,彼も帰って行った.
夕方,担当医が回ってきた.
まだ意識がもうろうとしているのを知っているようで,
詳しい話は明日しますが,とりあえず,手術は予定通り上手くいきましたよ,
と言ってくれて安心した.

そしてここから,長い夜が始まった.
おなかは痛いし,体はだるくて熱いし,
目をつぶっていても,しょっちゅう看護婦さんが様子を見に来て
ぐっすり眠れない.

途中で痛み止めを入れてもらったり,
口をゆすいでもらったりしたけど,
朝までの時間が果てしなく長く感じた.

今回は,手術前に頼んでおいたおかげか,
おしっこの管はちゃんと固定されていて痛くなくてそれだけは良かった.
ただ,おなかの痛みや体のだるさは,前回の比にならないほど辛かった.
やっぱり,手術2ヶ月後で,体調が万全じゃなかったのが悪かったのかな.
回復の早さも遅い気がする.

明け方,ようやく空が白んできて,今回もまた長い夜が終わった.
前回もそうだったけど,手術当日の夜が一番つらい.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)② いってきます

2011年5月10日

予定が早まってあと5分で出発!
彼も親も到着してないんだけど
ま,いいか.
いってきまーす!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)①  傷口の記録

2011年5月10日

まずは昨夜の続き.

あのあと,シャワーを浴びたら,急に全身赤くなってかゆくなった.
かくと真っ赤になるし,全身ピリピリするし,
これ,もしかしてCTの造影剤の副作用?!と思ってナースコール.

が,特段ぶつぶつが出てるわけではないので,
少し様子を見ましょう,ということで看護師さんは去って行った.

でもね,私じんましんやったことあるけど,
あの時と全く同じなんだよね.
体を暖めるとすっごくかゆくなって,
肌全体の毛細血管が真っ赤になってる感じの色になって.
特段のぶつぶつはでないけど,これ絶対じんましん.
でも,お風呂上がって体が冷えたら赤みも引いて少し落ち着いたし,
確かに薬を飲むほどではないからこのまま様子を見ることに.

その後,タイムリミットぎりぎりの24時にお茶とマイスリーを服用.
おととい,全然寝てなかったことと,
CTの結果が良かったおかげでそのままぐっすり.
前回は大部屋で,周りの人のトイレの音とか,寝息とか
緊張と音で全然眠れなかったけど,個室はゆっくりできていい.
高いけどね.

朝は6時半に,浣腸しますよーって起こされた.
もうすでに下剤が効きすぎてピーピーしているので,
1分ぎりぎり待って,トイレに駆け込む.
もう出るもの無いからやめて!っておなかが言ってる気がした.


さて,今日,2回目の腹腔鏡手術になるので,記念?に今の傷口,傷跡を
撮ってみます.
術後2カ月の傷口.
これが2回目やったあとどうなっちゃうのかなー.
今度,今日の手術の傷口,テープがはがれたら比較できるように載せますね.
もうほとんど治ってて,ぜんぜんグロくないのでそのままー.

<Before>
左下
2011051007310000

右下
2011051007310001

へそ
2011051007320001


せっかくここまで治ったんだけどねw
2回目の傷はこれにどう加わるか,楽しみです.

で,部屋で一人で撮影会してたら,昨日の研修医の先生が
点滴を打ちに来ちゃった.
カメラで撮ってるの...見られちゃったかな.
はずかし><

と,いうわけで,朝ごはん代わりに点滴です.
これ,手術後までこのままなんだよね.
痛くならないといいなー.
2011051007430000


先生たちが朝の回診に来て,
婦人科部長が「やり直しになってごめんなさいね」って.
そうか,これはやり直し手術だったのか!w
なんだろ,きっとポジティブな表現なんだよね.
卵巣のう腫のやり直し手術.
うん,なんか軽い手術な気がしてきた.
担当医も,ちゃんと寝れました?もう少しお待ちくださいね,と.
先生,今日は本当に任せた!
傷口なんてちっちゃいこと気にしないから(ついさっきまで気にしてたけど),
怪しいところは全部取ってきて白黒つけて!


今日の手術は2番目,
前回と同じで,12時ごろに呼ばれる予感.
午前中はのんびり過ごそうかなぁ.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)③ 一瞬の目覚めと長い夜

2011年3月8日

12時.
お見舞いに来てくれた彼と病室で談笑してたら看護婦さんがお迎えに.
今まで寝ていたベッドに柵がついて,
メガネをはずしたら一気に移動開始.

んじゃ,いってくるねーって余裕で手を振る私.
母親は,髪を結んでいないことに気付いたのか,
髪ゴムを持って走ってくる.
あんまり感動的な別れとかじゃなく,どたばたしている感じが我が家っぽい.

ベッド用(貨物用?)のエレベーターで手術室のあるフロアまで.
手術室前には,昨日手術室の看護婦です,といってあいさつしてくれた
あっかるいおねぇさんが,緑色の手術室用の白衣?でお出迎え.
頭に,手術用の帽子をかぶさせられる.

そのまま,手術室へGO.
モニターやらなんやらだらけで,スタッフが大量にいて,
大き目のバスタオルを体にかけられたら,
手術着を脱がされて,バスタオルをかけられたまま,手術台に自分で移動.

移動すると,胸にぺたぺたシールはられて,
足も固定されて,右腕には血圧の装置,左腕は点滴,口には酸素マスク.
他にも,数人が同時に体のあちこちで作業を始める.

そのうち,麻酔入りまーす,という声が聞こえて,
はちこさん,すぐ眠くなりますからね,深呼吸してくださいね,といわれると,
貧血で倒れるときみたいに,頭の後ろからすぅぅっと何かに引っ張られるかのように
意識が遠のいていって,
「あ,眠くなってきました,,,」
「いいですよ,深呼吸してくださいね,すーーはー・・・」
看護婦さんの声を聞きながら呼吸を意識したら,あっという間に夢の中へ.

夢は,4,5本見たかもしれない.
どれも,楽しい思い出の夢で,最後に起こされる前にみたのは,
学生時代に,大学の友達と彼と一緒に大学の教室で課題をやっている夢.
課題が難しくて,みんなで,こんなのできないよーと言いながらも,
教室でふざけながら,男の子たちがじゃれていて,
友達の一人が「ふざけんじゃねーよー」と口癖を言ったところで,

「はちこさん,はちこさん,手術終わりましたよ,分かりますか?」

と肩を叩かれて起こされた.
目を開けると,口にはまだ管が付いていて,うまく息ができない.
おなかもなんだかジンジンする.

起きて,息ができることを確認されると,口から管が抜かれた.
確かにこれはどおりでのどが痛くなるはず.
管がでこぼこしているから,抜かれるときにどうしてものどにあたる.
それに,口の中がすっかり乾いていて,唇もカピカピ.

すぐに酸素マスクをつけられて,一つ部屋を移動した.
たぶん,回復室っていうところだと思うけど,
同じタイミングで手術をしたらしい,他の人のベッドも隣にあった.

麻酔の影響か,なんだか眠くて目をつぶる.
少しして,頭の上で声がしたかと思うと,
婦人科の看護婦さんが迎えに来てくれたみたいで,婦人科の病棟に戻る.

「はちこさん,戻りましたー」と,ナースステーションに看護婦さんが報告.
部屋が変わっていて,今度は個室に入る.
部屋では,両親と彼が待っていた.

しゃべろうとすると,咳がでて,咳すると激痛でうまく話せない.
酸素マスクも邪魔だし.
でも,どうしても,でてきた腫瘍がどんなものだったのか見たくて,
父親に写真を見せてとせがんだ.
すると,ここで衝撃が.
写真に撮っておいてくれたのは,腫瘍を包んでいた皮で,
真っ白で,破裂した水風船のゴムみたいなもの.
(今度,写真データもらったら上げますが.)
親が言うには,なんと,中身は緑色の液体だった,という.

ええええ!
緑色ってそんなのエイリアンじゃんー!

元気な時なら,すぐにでもネットで調べるところだけど,
もう体がだるくて,言うこときかないし,
どっちにしても取っちゃったんだから,気にしないことにする.
とにかく,手術が予定通りにうまくいったと教えてもらって,
目をつぶって休む.

夕方,
先生が研修医を引き連れて,部屋に来た.
予定通り手術が終わって,癒着も,妊娠に関係する臓器には
ほとんどなかったことを教えてもらった.
なぜか,盲腸がくすぶった跡と,腸に癒着があったそうで,
腸閉そくに結びつきそうな癒着の仕方じゃなかったし,
ここではがしてもどうせまた癒着するだろうからそのままにした,とのこと.
私の記憶の限り,盲腸かも,と思うほどおなかが痛かったことはあるけど,
盲腸と診断されたことは無かったので,とても不思議.
それから,卵巣のう腫の中身も,黄色っぽいねばねばの液体で,
真っ黄色ではなくて,少し緑かかっていた,ということ.
病理の検査結果次第らしいけど,
もしかしたら子宮内膜症性ではないかもしれない,という.
本当に,卵巣のう腫は切ってみないと分からない病気なんだと実感.
今はとにかく休んで,明日から歩いていきましょう,ということで戻って行った.

そこからは,ご飯も食べられないし,
持ってきたストロー付きのコップでうがいをさせてもらって乾きをうるおしながら,
1時間に一度くらい,看護婦さんが来て,傷の様子や下からの出血を見て.
熱と血圧を測ったり,おしっこの量を確認したりで
目をつぶって眠りそうになると物音がして目が覚めて,の繰り返し.
熱はそんなに出なかったけど,7度ちょっとあって,体がほてってるかんじ.
アイスノンをもらって少し落ち着く.

おなかと,おしっこの管が痛くて,12時過ぎに座薬を入れてもらって,
管の向きも変えてもらった.
4時ごろには,おしっこの量が少ない,出ていない,と言われて
利尿の薬を点滴に入れてもらった.
7時半ごろに採血.おしっこの量も増えていて,やっと一息ついた感じ.

すっかり日も出て,外も明るくなっていた.
長い,長い一日がやっとやっと終わった.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

入院2日目(手術当日)② いってきます

2011年3月8日

今看護婦さんが来て,手術の時間が決定.
12:00に手術室向かいます.

では!

入院2日目(手術当日)① 見た目は準備OK

2011年3月8日

とうとう来てしまいました.この日.
初診で即行,手術が決まってしまってから2カ月.
仕事が立て込んでいて,早く入院したい,と思った日もありました.
来てしまうとあっけないもんですねw

さて,昨晩のお話から.
普段,寝るのは27時,と話していたので,睡眠導入剤を頂きました.
マイスリー.
でも,これは3時間くらいしか効き目が無い,というので,
水が飲める時間いっぱい,12時ぎりぎりに飲むべし,と指示されました.
実際は,23時半に飲んで,2時半に目が覚めて,
そのあとはうつらうつら,前日の下剤が効きすぎていておなかもピーピーしてたので,
あ,夢かも,と思ったらピーピーで起きてトイレ,の繰り返し.
周りのみなさんの寝息とか,トイレの音とかで
やっぱり大部屋はしんどいわ....
これで交流があって,どんな人かわかってたら
もう少し受け入れられるのかもしれないけど...
いや,関係ないな.音は音だわ.

で,朝になって,朝一番で浣腸.
もう水なんです,つらいんです,と訴えたら,一番小さいサイズに.
でも,超きつい.1分なんて待てませんっ
20秒ぐらいで限界.
もう完全におなかの中は空っぽです.
まだ生理続いているから,ピーピーは終わってもおなかはぎゅうぅぅって痛い.

上だけ手術着に着替えて待機.
同室のみなさんには朝食が配られる.
いいなぁ.おなかすいた.のどかわいた.

と,私のとこにも御飯がきた!
入院初点滴.
点滴すると,一気に病人チックになる.
普段医者でやる一過性の点滴とは違って,
今回のは手術にも使うからか針が太い(気がする).

NEC_0220

一気に不自由に.
あとは,おとなしく呼ばれるのを待つだけー.

先にオペる隣のおばあちゃんはまだ準備中.
8時20分にオペ室移動,だそうな.
当分時間がかかりそうだわ.

今日は長い一日になりそうだ.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ

最新記事
アクセスカウンター

    プロフィール

    hachiko885

    28歳♀.会社員.
    2011年10月30日結婚予定.

    2010年初夏,交際8年目の彼氏からプロポーズを受け,婚約者として同居を開始.
    ところが初めて受けた人間ドックで卵巣のう腫が発覚.
    改めて受診した病院で子宮内膜症性卵巣腫瘍(左側:5*3.5cm)と診断.
    2011年3月8日腹腔鏡での腫瘍摘出手術,無事成功.
    が,病理の結果,卵巣境界悪性腫瘍(粘液性)と判明.
    セカンドオピニオンを経て2011年5月10日腹腔鏡下で妊孕性温存手術(左付属器切除,大網部分切除生検,腹水採取)実施,無事成功
    病理検査の結果,転移は見つからず追加治療もなしで,現在,経過観察をしつつ結婚式の準備中.

    卵巣のう腫だって,境界悪性腫瘍だって,結婚して子どもができるんだ!
    と証明するために,同じように卵巣のう腫,境界悪性腫瘍を抱える人の参考になるように,
    なにより,今のこの気持ちをずっと忘れないために書き綴った記録.
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ