シム(キャラクター)を作成したあと、一軒家を購入し、ワタシのシム生活が始まりました。

The Sims™ 4_20200205082023
自宅の玄関先からぽつんとスタート。
表示されたステータスを確認すると、当然ながら気分も能力もいたって普通の状態。

しかーし! 普通じゃないところがひとつ。
仕事=悪党。

悪党の就業時間は20〜4時。日・月曜日の週休2日制。規則正しい悪党だなぁ。

そうそう、前回書き忘れていましたが、注目すべき特徴がありました。

「孤独を愛する一匹狼」だそうです、自分。
まあ、そこは現実の自分と近いかな。人が集まると苦手〜。

現在の時刻は午前8時。
日曜日なので、悪党稼業はお休みです。
よかった、初日から悪に手を染める自分を見ないで済んで。

んー、何をしたらいいのかな、と行動指示に悩んでいると、悪党カエティは勝手に本を読み始めました。「週刊 どろぼう通信」でも読んでいるのでしょうか。

読み終えては別の本を手に取り、黙々と読書にふけるワタシ。うーん、退屈。
ガーデニングスキルを上げるといいみたいだから、近くの植物観察でもしようか。

そう思って家の周りを散策し始めたとき、玄関先にお客さんがやってきました。

The Sims™ 4_20200205082425
どうやらお隣さんが挨拶にきてくださったよう。
うわー、4人も。しかも、若者ばっかりだよ。一匹狼のワタシにはつらい状況です。

ここはぐっと耐えて、選択肢は「友好的な挨拶」ですね。

The Sims™ 4_20200205082536
しかし、カエティはしかめっ面。感情がモロに顔に出ています。あかん大人やー。
(写真をクリックすると拡大できるので、よかったら)

不穏な空気を察したのか、軽く挨拶だけして、若者たちはさらっと帰って行きました。ほっ。

それでは、1人でのんびり読書の続きでも……。

The Sims™ 4_20200205082707
って、まだ誰か残ってる!
しかも、勝手に家に上がってるー!

気付かないフリして、本に集中するものの、金髪アーガイルくん(名前あるけど忘れた)は居座り続けます。
もしかして、ワタシのこと好きなの? と勘違いするパターンですね。しない?

料理を両手に持ち、何か言いたげな金髪アーガイルくん、略して金ガイルくんが少し不憫になってきたので、一緒に食べようと誘いました。そこはまあ、大人ですから。

The Sims™ 4_20200205082826
でも、一匹狼のカエティには相当ストレスがかかるようで、人とご飯を食べているだけでげっそり。ステータスは「不快」に。もう大人だなんて言わないよ、絶対。

たとえゲームの中とはいえ、ここまでしんどそうにされると、こちらも見るに忍びない。
それに、こうして妥協していると、この先もっと大変なのでは? 早めに一匹狼であることを示したほうが、お互いのためになるはず。

もう帰って!

The Sims™ 4_20200205082903
「ありがとう。楽しかったよ」と別れ言葉を残し、すんなり帰る金ガイルくん。
わわ、お礼言われちゃったよ。ちょっと罪悪感。それに、やっぱりワタシのこと好きなのかな。困るなぁ〜。

そんなことを思いながら、金ガイルくんが床に置いて帰った、食べかけの料理と皿を見つめるのでした。

あー、早く本の続きを読みたい。

***************************
ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 家族ブログへ