箱入りゲーマー夫婦。

箱(Xbox360)で出会って、いまは同じ箱(家)に住む2人の日常。
2012年には娘が生まれ、3人に!
メメ(夫)、カエティ(妻)の夫婦で書くブログです。

プリキュア

キラキラ☆プリキュアアラモード ドリームステージ@カエティ

IMG_6025
今日は倉敷市民会館で「キラキラ☆プリキュアアラモード ドリームステージ」を見てきました。

ネタバレしないように感想を書こうと思っていたのですが、どうやら岡山公演がラストだったみたいですね。
これから行く人のためへの情報を書くつもりでいたから、予定が狂ってしまった……!

というわけで、ネタバレは気にせず、感想を大雑把に書いていきます。

まず、ステージ。
舞台上の役者さんとスクリーンの映像を重ねた演出が面白かったですね。変身シーンはお見事。
遊園地のキャラクターショーを想像していたので、予想を遥かに上回る楽しいステージでした。

グッズは、キーホルダーやアクセサリーなど、1000円以内で買える小物類が多かったです。たぶん、公式ショップ限定グッズかな。その辺のおもちゃ屋さんでは見かけないものがほとんどでした。

プリキュアとのハイタッチ券が付いてくる「ホイップライト」は1500円。ステージ中の応援にも使います。
これはまあ買わざるを得ない空気というか。周りの子はみんな持ってるのに自分は買ってもらえなかった……って落ち込まれると困るもんなぁ。子どもの性格にもよるでしょうけどね。

ハイタッチは帰りの通路で歩きながら。意外と子ども達は立ち止まらず、すいすい歩いていくので一瞬で終わりました。えっ、そんなあっさりでいいの!?  と思ったほど。
ハイタッチや両手で握手など、キャラクターごとの性格に合わせた対応をしてくれたのがリアルでよかったですね。マメティも感激してました。

構成は前半、休憩20分、後半の1時間半。
休憩中はロビーで飲食、グッズ購入、トイレが主な過ごし方ですが、どこも行列!
しかも、休憩後にダンスレクチャーがいきなり始まったので大慌て。ラストだと思ってた〜。このレクチャー中のみ、カメラ撮影OKなんですよ。まだ席に戻ってない人も多かったです。休憩の前に説明があればよかったのになぁ。

IMG_6012
真ん中より少し後ろの席から撮影。
iPhoneではこれが限界でした……。

説明といえば、さっき書いたグッズ。
何が売られているのかが傍目では全然分からなかったんです。長蛇の列に並んで、物販のテーブルの前まで来てやっと一覧や見本を見られました。その一覧のチラシも分かりにくく、見本はバラバラに離れたところに置かれていたりして、なんだかなぁと。大きなポスターを貼るなりできなかったのかな。

この辺は会場で変わってくるのかもしれないけど、不親切な部分がちらほらあって、ステージが楽しかっただけに残念でした。

ステージの最後には、サプライズなゲストが登場して大盛り上がり。応援する子ども達のパワーもすごかった!
「もう、目がキラキラになっちゃうよ〜!」
と、キラキラした声で何度も言っていたマメティ。
マメティはプリキュアに、ワタシはマメティの喜ぶ笑顔に元気をもらったひとときでした。
行ってよかったし、次もまた行きたいなと素直に思いましたよ。

最後に。プリキュアのコスチュームを着てきたお子さんがいるのは当然として、過去のプリキュアのコスプレをしている「お兄さん」がいたのが予想外でした。うーん、愛を感じたなぁ。

***************************
ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 家族ブログへ

プリキュアプリティストア大阪本店@カエティ

昨日から奈良の実家に帰っています。

途中、大阪の阿倍野で寄り道。
あべのキューズモール内にある「プリキュアプリティストア大阪本店」に行ってきました!

プリティストアは東京、大阪、福岡にある公式ショップ。
規模はそれほど大きくなく、ショッピングモールの中にある雑貨屋さんやキャラクターショップくらいですね。

IMG_5780
もうすぐ始まる「HUGっと!プリキュア」のグッズが先行発売されてないかなー、なんて淡い期待を抱いていたのですが、パネルがあるだけでした。残念〜。

商品は8割が「プリキュアアラモード」。一般のおもちゃコーナーで見るものと限定品がありました。
初音ミクとのコラボ商品やいつもとは画風の違うグッズなど、限定品はデザイン、価格ともに子どもよりも大人やマニア向けな印象。
実際、マメティはあまり興味を示さなかったなぁ。

ワタシ達の今回の目当ては、グッズではなくフォトスタジオ!
市販のプリキュア衣装を着て写真を撮ってもらえるコーナーです。
うん。スタジオというよりコーナー。お店の一角にテープを張って区切ってあるだけなんですもん。レジのすぐ横で、ちょっとした晒し者ですよ。

IMG_5787
10枚ほど撮影して、1枚(写真選択は不可。店員さんにお任せ)をL版プリントして台紙に入れて、1080円。

この衣装は定価だと7000円くらい。子どもは着たがるけど、買ってまで……と思っているご家庭にはいいのではないのでしょうか。
これ、うちのことなんですけど。普通の服と違って試着できないし、実用向きじゃないし、と購入に踏み切れなかったのでちょうどよかった。マメティは1度着たら満足したみたいでホッ。

IMG_5788
オプションでキーホルダーも作っちゃいました。こちらは大阪本店限定で756円。下部に名前も入れられます。

また、3枚の写真データ入りCDを作ることもできますよ。
七五三や成人式などで使う写真スタジオほど本格的ではないけれど、気軽にプリキュアなりきりと撮影を楽しめて、マメティもワタシも満足!

ちなみに、衣装のサイズは110cmのみなのでご注意を。5歳のマメティで現在ジャストサイズ、またするとしても今年いっぱいかなーってところ。まあ、小学校に上がる頃にはプリキュアは卒業するパターンが多いようなので、問題ないかもしれませんね。

ある程度プリキュアが好きじゃないとオススメできませんが、カラフルでかわいくて、女の子の夢がぎゅっと詰まった空間でした。

マメティのプリキュアへの興味次第だけど、また次の里帰りのときにも寄れたらいいなぁ。

***************************
ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 家族ブログへ

フェルトでモフルン@カエティ

アニメ「魔法つかいプリキュア!」に出てくるモフルン。
元々は主人公が大事にしていたぬいぐるみだったのですが、魔法の力で動いたり、しゃべるようになり、主人公2人がプリキュアになる変身アイテムの役割を持つクマのキャラクターです。

マメティはプリキュアよりもモフルンが好き。そういう子、結構いるんじゃないかなぁ。大人が見ても、可愛いし。こりゃグッズ売れるわ、ズルいぜって感じ。

マメティが持っているモフルングッズといえば、ずっと前に買った、紙の着せ替え人形のみ。

これ。折り目がついたり、破れたりして、もうボロボロなのをセロハンテープで補強して遊んでます。

これだけ気に入ってるなら、ぬいぐるみを買ってあげようか。
そう考えたこともあったのですが、わが家にはぬいぐるみがいっぱいあるし、プリキュアはどうせすぐ代替わりするし……と購入になかなか踏み切れません。

むむ、待てよ?
自分で作ればいいやん!

というわけで、フェルトでモフルン作りました〜。

志村〜! 首! 首!

はい、頭も付けましたよ。
うーん、色が違うし、顔のバランスもズレてる……。
モデルがあるものだと下絵を考えるのがラクだけど、本物と比べたときにちょっと悲しくなりますね。

って、それよりリンクルストーン忘れてるよ!
プリキュアに変身するできないモフよ〜!

はい、リンクルストーンも(適当に)付けて、完成!
昔、ビーズアクセを作っていたときに使っていたラインストーンを縫いつけました。
ルビーのリンクルストーンとは形が違うけど、それらしくはなったかな?

マメティには内緒で作っていて、まだ見せていません。
喜んでもらえるといいなぁ。

映画プリキュアオールスターズ@カエティ

今日は保育園をお休みして、マメティと2人で映画を見てきました。
春休みに行こうと思いながら、東京旅行やあれやこれやでなかなか行けず、そろそろ上映が終わるんじゃないかという頃に滑り込みセーフ。

見てきたのは、「映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」。

プリキュアは、現在放送中の「魔法つかいプリキュア!」と、その1つ前の「
Go!プリンセスプリキュア」を途中から見ただけ。
あ、1作目の「ふたりはプリキュア」も知ってます。放送時はもういい大人だったはずなのですが、たぶん仕事の前に見てたのかなぁ。あのオープニングは名曲です。はい。

で、この映画はこれまでのプリキュアが勢揃い。なんとその数44人!
さっき書いた3作以外のプリキュアは全く知らなかったので、へぇ~、こんな子がいるんだ、とキャラの名前と顔を追うだけでも結構楽しかったです。

ただ、幼児向けのため上映時間が70分と短く、44人全員にスポットライトを当てるのは不可能で。名前もよく分からぬままに終わった子もいました。

ストーリーもあってないようなもので。変身シーンや戦闘シーンを見て、「プリキュア可愛い!(カッコイイ!)」と単純に楽しめたらそれでいいのだろうと思います。お祭りみたいな感じですね。
親子揃って、自分自身に投影して感情移入したいなら、やはりしまじろうかな。

大人からするとツッコミどころも多い作品でしたが、子どもってこういうのが好きなんだなぁと勉強になりました。
テレビだと前半に日常パートがあって、後半に変身と戦闘って流れだけど、映画は派手なシーンの割合が高くていいですね。目からビームを出したプリキュアがいたのには笑いました。あの子は何者なんだ!

まだ戦闘に不慣れな「魔法つかいプリキュア!」の2人が先輩プリキュア達に励まされながら頑張る姿を、春から保育園に行き始めたマメティに重ねたりもしつつ、ワタシも楽しんできました。

モフルンかわいいよ、モフルン。

★映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! 

 
***************************
ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです!
 にほんブログ村 家族ブログへ

動画もヨロシクです!
rEQvSEUsEvLMRef1420069711_1420070397

SnUBjIOBzpfYHSx1420071590_1420071992 (1)
記事検索
アーカイブ
最新コメント