肌荒れ対策室

肌荒れの原因は本当に様々なものがあります。単に、乾燥だけが原因でないものもあったりします。肌荒れを改善したい方にとっておき情報をアップします

2010年01月

肌荒れとニキビ

にきびは、肌荒れの一種で皮脂や角質などで毛穴がふさがれて皮膚が炎症をおこすことをいいます。一般的に思春期にできるものをにきびと呼び大人にできた場合は、大人ニキビや吹き出物と呼んだりします。にきびは特に皮脂腺が多い部分である顔や頭や背中などに出来やすく、ホルモンバランスが乱れる思春期に多く出来やすいことで知られています。また大人にきびと呼ばれる思春期以降に出来るにきびに悩む人も年々増加傾向にあるといわれており、過剰な皮脂分泌が原因だけじゃない場合もあるのできちんとした知識と適切なケアが必要です。にきびは溜まった古い角質や皮脂などの汚れが毛穴につまって皮脂の出口がなくなることが原因で発生します。毛穴が塞がれると、アクネ菌とよばれる菌が肌にが大量発生して炎症するとニキビへと発展します。毛穴の汚れを溜めないためには、きちんとした洗顔やスキンケアが必要ですし、古い角質を溜めないようにすることも重要です。

肌荒れは春になりやすい?

春の季節は肌荒れが起きやすい季節だと言われています。それにはきちんとした春ならではの原因があります。それは肌をとりまく内的にも外的にも環境が急激に変化するところです。まず、温度や湿度の上下がとても激しいですよね。また、冬にはあまり気にならなかった紫外線が春には日ごとに強くなります。また、花粉や黄砂が大量に発生するのも春です。また、生活環境や人間関係がまるごと変わる場合もありますのでそのの環境変化によるストレスもあります。これらの環境の急激な変化によって肌は疲れバリヤ機能を低下させてます。冬から春への季節の変わり目は気温、湿度の上下動が激しいですし、暖かいと思っていた次の日は、いきなり冬に逆戻りしたりもします。さらに、紫外線が強くなって花粉が飛び散って黄砂まで空気中は異物だらけです。紫外線に油断していると紫外線が肌の水分を奪い瞬く間に乾燥肌になってバリヤ機能が低下し花粉などのアレルゲンの影響を受けやすくなるのでご注意。

肌荒れに良く効く野菜ジュース

肌荒れの原因は、様々ですが、代表的なものは乾燥や紫外線による外的刺激に弱くなることや、水分と油分のバランスがくずれること。さらに、睡眠不足や新陳代謝の鈍化など人それぞれです。肌荒れ改善に良いのは肌への適切な水分補給とビタミン補給です。生野菜や果物をミキサーにかけて作る野菜ジュースは、加熱調理で壊れやすいビタミンCを摂取する方法としてはとても効果的です。また甘みはなるべく控えた方がヘルシーなので、ハチミツを砂糖の変わりにいれるとまろやかになって飲みやすくなります。生の人参はビタミンCを壊すので、この野菜ジュースには加えない方がいいです。具体的なお勧め食材はキャベツ、パセリの入ったメロンジュースがよいでしょう。味が気になるようだったら果物は好みの量でOKなので、自分の好みに合わせて調整しましょう。これをミキサーにかけるとビタミンCたっぷりのジュースの完成です。メロンの甘さがあるので砂糖は必要ありません。

肌荒れと肌の状態

正常な肌の状態にあると皮脂膜と角質層で構成される表皮がしっかり外界からの刺激物質から肌を守る役割を果たしているので、ダニやホコリが肌から侵入しません。またマスト細胞と呼ばれる細胞や神経末端も正常な位置にあるので、水分の蒸発もなく肌はうるおっている。ところが、正常な状態の肌でないと、肌が乾燥しかゆいからかいてしまうという動作を繰り返します。その結果、表皮はとても荒れるので、ますます刺激物が侵入しやすくなり、水分がどんどん蒸発して、さらに乾燥が進みます。乾燥するとますます肌が荒れて、かゆみも増します。乾燥とかゆみがひどく感じると、程度によって夜も寝られないほどかゆくなります。また肌の細胞が、皮膚の上部まで上がってきてヒスタミンを放出するようになります。さらに弱酸性だった肌が、弱アルカリになるので肌が膿んできます。ちなみに、マスト細胞というのは体内に入ってきた異物を排除するための信号を脳に送る役割があります。

肌荒れなどの肌トラブル

近年敏感肌や肌荒れ、大人ニキビなど肌トラブルで悩んでいる人が急増しています。悩んでいる型は老若男女問わず赤ちゃんから高齢者までさまざまです。なぜ、今の時代、肌荒れで悩む人が増えているのでそゆか。そのひとつの要因としてあげられるのは、肌荒れの原因が生活の中にあふれているからです。肌は大きく分けて表皮と真皮の二種類の皮で出来ています。表皮には一番上に皮脂膜、次に角質層があって、この2つの層が肌を外側の刺激から守るバリアの役割をしています。この肌を守る肌バリア機能が傷ついて壊れたりすると肌トラブルが起きやすくなります。健康な肌の条件は、潤いやなめらかさ、ハリ、弾力、血色等が良い状態のことをいいます。ところが20~25歳ぐらいをピークに、水分が減少し、新陳代謝が衰えるので加齢とともにだんだんと健康な肌の状態が失われます。だから20才がお肌の曲がり角といわれる原因はここにあります。しかし加齢だけが原因ではありません
プロフィール

hadaareboshi

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ