December 30, 2013

波動とは何か?

波動とは、読んで字の如く…波が動くと書きます。
波といって真っ先に思い浮かぶのは、海の波(波動)ではないでしょうか?
1905年、20世紀最大の物理学者アルバート・アインシュタインは、「光量子仮説」を発表しました。
これは、光子が粒子としての性質と波動としての性質を帯びたものを説いたモノですが、
わたしたちの肉体や精神(脳の神経系統)もすべて原子(ATOM)・分子(Molecules)から出来ており、
電子も粒子としての性質を持つと同時に波動としての性質(電子雲)を持っていることが量子力学において立証されています。
物理学の世界においては、英国の物理学者スティーブン・R・ホーキング博士が10^-34cmの「紐(ひも)」が3次元(空間)+1次元(時間)+6次元の(素粒子の内部空間)の10次元で振動(波動)しており、
それがクォークやレプトンなどの物質を構成する粒子および力(相互作用)を媒介するゲージ粒子とになっているという説を唱える人も居ます。
ちなみに、Wikipediaで「波動」を検索すると…「波動(物理学)」と「波動(オカルト)」と出てきます。
しかし、『オカルト(Occult)』とはどういう意味か?ご存知ですか???
「オカルト」とは、元々…「木」の土の中に埋もれた「根っこ」の部分。
人間に例えるならば、眼に見える「肉体」とはコインの裏側/表裏一体とも言える「精神・心・魂」と言えるモノなのではないでしょうか?
人間の生体が光(電磁波)や電気を放出していることは既に証明されています。(バイオフォトン=生体光子)
【参考文献:癒しの光(上)P.38〜39】
暗室の光量が人間が入ると増加することが科学的に証明されているからです。
ちなみに、英語で「脳波」は「ブレイン・ウェーブ(脳の波動)」…「心電図」は「ハート・ウェーブ(心臓の波動)」と翻訳されます。
英語で「波動」を表す単語は3つあります。
それは、先述した
・wave(波動)そして
・vibration(波動もしくは振動)もしくは
・undulation(波動もしくは起伏)
の3つです。

ジョン・ピエラコス博士およびリチャード・ブラウン博士ならびにバーバラ・ブレナン博士によると…
暗室中の光子の量と暗室中に人体を置いた光子の数が前者よりも多いこと、すなわち古代より「オーラ」の光として知られる人体が発する「光の体(ライトボディ)」や生体光子(バイオフォトン)が
人体に存在すること(Surrounds and Penetrates)〜人体の周囲(外側)および内側に「波動」や「場(フィールド)」として存在することが証明されています。

日本の本山博氏の研究でも東洋医学におけるツボ(経穴)や経絡の存在が生体電気として存在することが解明されています。

また、臨死体験(Near Death Experience)やロバート・モンロー博士などの体外離脱(Out of Body Experience)の研究や
過去生回帰(前世療法)などの心理学的アプローチからも人間に輪廻転生する魂が存在することが立証されています。

最近では、東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を勤めた矢作直樹先生の「人は死なない」という著作を通して、多くの人が死後の世界に意識を開きつつあります。

「波動」は、21世紀の科学を語る上で必要不可避な存在なのではないでしょうか?!

hado_technology at 08:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

【ヒーリング・アース・プロジェクト】 〜わたしたち人類のためにも・・・