2014年暮れに今後のビジネスの展開の方法について質問されたことがありました。
ま、ごく身近な個人事業の話ですが・・・。

2014〜2015は特殊な年で、一部の人たちは先が見えないまま数年を費やす結果になったかもしれません。

私も今までとは違うことが分かってはいるものの、具体的なことが全く浮かばないという状況でした。

そのころメルマガやほかの記事にも少し触れていましたが、何せそもそもの「食指」が動かないので、書くに書けずいたのでした。

おかげでずっと休んでいたというかサボっていたというか、「流されていよう・委ねていよう」が精いっぱいで、違和感を抱えたままだったのです。

振り返ってみると、その頃書き表していたことで十分だったのですが、私の答えとしてはやはり

「御旨に向かう」ということだったのです。

「御旨」というと新興宗教臭がしますが、要はお金のためとか、人のためとか、自分のためとかいうものでは動けなくなっていたのですね。

平たく言えば御旨とは心の声に従うということで、純粋性とか、正当性とか、そういう「動機」によってしか動かなくなったということです。

だから今後の稼ぐ動機はひたすら「御旨に叶うよう」生きるだけなのでしょう。

そこにはね、毅然としたものや当為しかなくて、本当にもう宗教でいいやということになっています。

だからみんなにも自分の神を見つけてほしいのです。
その御旨に叶うように続けましょう。