2007年05月12日

Yankees 0-3 Mariners

米大リーグのマリナーズは11日(現地時間)、本拠地でヤンキースと対戦し、1番・中堅で先発したイチローは3打数2安打で今季11度目の複数安打をマーク。二盗も2回決めて、連続盗塁成功のア・リーグ記録を43に伸ばした。7番・捕手で先発した城島健司は4号2ランを含む4打数2安打2打点と活躍。試合はマリナーズが3―0で勝利した。

*マリナーズ先発のJ.ワッシュバーンは本来高目の速球でフライアウトに取るのが持ち味の投手だが、この試合では低目への制球も良く終わってみれば8回を6安打無失点にヤンキース打線を抑えきった(特に四球が1つと制球が安定したいたことが分かる)。
8回を終えて投球数が109と100球を超えていたが、最終回も投げて完封させて欲しかった。ここら辺はお尻に煙の上がっているハーグローブ監督としては個人の記録よりもチームの勝利を優先させたということだろうか?

イチローの盗塁も効果的だったし、ワッシュバーンを好リードした城島の2ランHRは試合を決定付けるものだった。ヤンキースを相手に今日のような試合運びができればシアトルに対する期待も高まる。やはり、ベースボールは投手を中心とした守りから少ない得点で勝つというのがスマートだ。

一方、ヤンキースのD.ラズナーをリリーフしたS.プロクターが昨日に続いて今日も登板。「トーリ監督、プロクターを酷使しすぎじゃないの」と思ったが、どうやら前回のvsシアトルで危険球を投じ5試合の出場停止の裁定が決まらないために連投させているようだ。まあ、いずれは出場停止になるので、ここのところで投げて他のブルペン陣を休ませようという算段かも...それにしてもヤンキースのブルペンのオーバーワークは厳しいね。

1年前の今日、vsボストンで左手首に重症を負い長期離脱を強いられたゴジラ松井、今日は無安打に終わりそのバッティングも好調時からは遠いようだが、今シーズンその負傷した日にグランド立てたことは特別な思いがあるだろう。明日からの活躍に期待したい。



BlogRankingお気に入りの画像や記事ならクリック!


hagi60430 at 17:57│Comments(0)TrackBack(1)MLB 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. イチロー、今季初の5安打  [ 気になるニュース解剖ブログ ]   2007年05月17日 07:45
4月も3割台で終え、5月にもさらなる期待のかかるイチロー。 ここ2週間は2割台に落ちていましたが、今日のこの5安打で一気に3割復帰です。 イチローが2割台だと、何かすごく調子が悪いように思えてしまうのが不思議ですね。 全体的に見れば、普通な率なのですが(´・...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔