2007年06月23日

RedSox 2-1 Padres

米大リーグ、レッドソックスの松坂は22日(現地時間)、当地でのパドレス戦に先発。6回を5安打9三振の1失点に抑え、今季9勝目を挙げた。岡島も8回に登板して1回を無安打無失点。チームはスコア2―1で逆転勝ちした。

*立ち上がりは捕手J.バリテックとの呼吸が合わず、制球を乱し先頭打者から3者連続四球とこの先どうなるのかと心配された松坂だが、このピンチを最小失点に凌ぎきったのが勝利に結びついた。とにかく今日の松坂はストレートがキレていた。カウントを有利にしながらも力みすぎてランナーを出す場面も多々みられたが、後続に長打を許す場面もなかった。これまで変化球を多投するあまり松坂のイメージが変わってしまったように思われたが、この試合では本来の松坂らしいキレのある投球内容だった。ただメジャーでは松坂であってもMAX120球前後という球数制限はこれからも壁となりそうだ(スライダーが決まればね〜)。それでも結果だけをみれば6月は4試合に登板し2勝2敗ながら26イニング自責点5防御率1.73と安定感が増してきた。どちらかと言うと今日のパドレスのように投手中心のチームが対戦相手だったが、松坂もいよいよメジャーに慣れてきたということだろう。

一方マイナーで調整していた井川が今日vsサンフランシスコに登板したが、松坂とは対照的に勝利目前の5回に崩れてしまったのは残念だった。4回までは順調に投球していただけに、ここで首脳陣の信頼を得る投球が必要だった。次回登板までにその点をどこまで精神的にコントロールできるかがポイントだろう。

**松坂の6回裏のピッチングを見た後、時間の都合で仕事の打合せに出かけた。
帰宅してから録画してあったBSフジの2元中継(NYYvsSF、BOSvsSD)なる放送を見たのだが、中途半端に2試合の場面の入れ替わりが多くて興ざめしてしまった。NHK−BS1でBOSvsSDを放送しているのだからNYYvsSFに絞れば良いものをね...。



BlogRankingお気に入りの画像や記事ならクリック!


hagi60430 at 21:58│Comments(0)TrackBack(1)MLB 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 野球の変化球の投げ方  [ 野球の変化球の投げ方 ]   2007年06月27日 08:42
野球の変化球の投げ方について考えてみたいと思います。プロ野球選手のように変化球を投げたいですよね。パイレーツの桑田真澄のようなカーブ。レンジャースの大塚のようなスライダー、ドジャースの斉藤のようなスライダー、ヤンキースの井川のようなチェンジアップ、ジャイ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔