わが町にしなり子育てネット

大阪市西成区で「いつでも どこでも みんなで 子育て」を合い言葉に、子育てサークルや施設、地域のボランティアなど多くの仲間が集まる緩やかなネットワークです。2000年に発足、今では約70の団体がつながっています。
詳しくは、わが町にしなり子育てネットのホームページをご覧下さい。

2014年01月

子育て支援ボランティア講座
主催:社会福祉法人 大阪市西成区社会福祉協議会 
協力:西成区子ども・子育てプラザ  わが町にしなり子育てネット

子育て支援の活動に参加してみたい、ちょっと関心があるという方にピッタリの講座です。
ボランティア活動を希望される方には、活動の場をご紹介します。
第1回
開催日:2月12日(水)10:00~12:00
テーマ:子育て支援のキホン(・・・)を学ぼう
会場:はぎのさと別館3階多目的室(住所:西成区松3-1-16)
第2回
開催日:2月19日(水)10:00~12:00
テーマ:子育て支援ボランティアの役割を学ぼう&活動体験
会場:西成区子ども・子育てプラザ(住所:西成区梅南1-2-6)

講師:合田(ごうだ) 由紀子(ゆきこ)さん(社団法人 子ども情報研究センター)           
参加対象:子育て支援ボランティアに関心があり2回とも参加できる方
定員:20名(先着順)
参 加 費:無 料
応募方法:2月7日(金)までにFAXまたは電話にてお申し込みください。
【問合せ・申込み】西成区社会福祉協議会 
TEL 06-6656-0080   FAX 06-6656-0668(裏面)
合田 由紀子さんプロフィール
社)子ども情報研究センター子育て相談員
【子ども情報研究センターでの現在の活動】
「ファミリー子育て何でもダイヤル」
「チャイルドラインOSAKA」
「子ども家庭相談室」
「保育部ももぐみ」
 つどいの広場「はっぴいポケットみ・な・と」等
【著書】
・『あなたの声が聴きたくてー市民による電話相談』(共著)
・『あそんで感じて』子どもとともに・せいかつの中から
・子育て・子育て支援のエッセンス『まぁええやん』
・子どもの人権を大切にするグループ紹介誌『つむぐつなぐ』
・『子どものあそびをキャッチ』ごきげん編・たべもの編
・新しい子育ち・子育て支援『子育て温泉』
0212
申込用紙は、 ↑ のリンクから PDFファイルをプリントしてご利用下さい。

mixiチェック

第32回松通公園あそびの広場をします
2月2日(日)1時~4時
場所:松通公園
かえっこバザール・ぼうぱん★ぱぱん!ほかのあそびもします

建物を持たない西成児童館
0202

mixiチェック

発達障がい支援講座 つまずいている子どもの理解と支援のヒント
~ 『困った子』は『困っている子』つまずきの原因を探り、支援に繋ぐ ~
西成区障害児保育・教育連絡会
わが町にしなり子育てネット・ほっとサロンあん 共催研修会

講師 米田 和子 先生(NPO法人ラヴィータ研究所 子ども発達相談センター・リソース「和」所長)

「A君、ちゃんとしなさい!」「Bさん、ちょっと待って!」「C君、そこじゃないでしょう!」
何度言っても伝わらず苦労した経験はありませんか?
「話が聞けない」「集団の中でトラブルが多い」など、教育や保育の現場で困惑する場面がありますが、実は一番困っているのは子どもなのです。
子どもの困り感に寄り添い、ちょっとした工夫で子ども達の成長の大きな手助けとなる支援に繋ぐ手だてを、米田先生をお招きして2回シリーズでお話しいただきます。

【日  時】① 2014年2月10日(月)、② 2月27日(木) 時間はいずれも18:30~20:30(開場18:00) 

【会  場】西成区民センター会議室から 区役所4階に変更になりました

【対  象】子どもの支援に携わる方
      ・教員、保育士
      ・発達障がいの子ども(傾向がある子どもを含む)と関わる方

【定  員】 50名 

【参 加 費】 無 料

【申し込み、締め切り】定員になり次第締め切ります。2回連続で参加できない場合はお問い合わせください。

【問い合わせ先】つどいの広場・わいわい TEL06-6647-8074
E-mail waiwai.hiroba@estate.ocn.ne.jp

0210

mixiチェック

子どもの貧困と地域の包括的な仕組みづくり
貧困のなかでおとなになっていく子どもたちの取材を続けるなかで見えてきた課題と深刻化する実態を記者としての問題意識から、子どもの貧困とは何か、子どもの可能性の芽を摘まぬ社会とは、学びと居場所の役割やおとなとの関わりなど地域で子どもを包括的に支える仕組みづくりについて、子どもの貧困撲滅を目標にたてEVERY CHILD MATTERS=すべての子どもは大切だ を共通の合言葉にしたイギリスの取り組みを見ながら、今私たちにできることを一緒に考え、学びあいましょう。

日時:2014年1月30日(木)  PM6:30~PM8:30
場所:大阪市社会福祉研修・情報センター
講師:中塚久美子さん
〈講師紹介〉朝日新聞大阪本社 生活文化部記者
 家庭の貧困や学びの格差による高校中退や定時制志願者急増など、子どもの貧困関連報道
で2010年「貧困ジャーナリズム賞」(反貧困ネットワーク主催)受賞。
著書に「貧困のなかでおとなになる」(かもがわ出版)、「子どもの貧困白書」(明石書店)にも執筆。
問い合わせ先:わが町にしなり子育てネット事務局・西成区子ども・子育てプラザ☎06-6658-4528
※この研修は、訪問ボランティア(ぴよちゃんバンク)養成研修も兼ねて実施します。
[共催]わが町にしなり子育てネット/NPO法人子育て運動えん
[後援]西成区民生委員児童委員協議会
0130

mixiチェック

「その後を生きる」 ~傷つきを抱えながら生き延びる友に必要な支援~
DVや性暴力の被害が及ぼす人の心への影響とそこからの回復とは?
傷つきを抱えながら生き延びるということがどいうことか学び合います。
そして、暴力から逃れたその後に必要な支援とは? 
そばにいる人ができることは何か、
どの様に支援したらいいのかを学びあいましょう。 
日時:1月22日(水)19:30~21:30
場所:こどもの里 *西成区萩ノ茶屋2-3-24 ☎06-6645-7778
講師:NPO法人レジリエンス代表 中島幸子さん
事前に下記の事務局まで電話またはメールにてお申し込みください。
お問合せ:わが町にしなり子育てネット事務局/つどいの広場・わいわい
  TEL06-6647-8074     E-mail   waiwai.hiroba@estate.ocn.ne.jp
       こどもの里 TEL06-6645-7778
※ぴよちゃんバンク養成講座を兼ねて実施します。

中島幸子 さんプロフィール
NPO法人『レジリエンス』代表 DVコンサルタント、ソーシャルワーカー
2003年 『レジリエンス』を結成し、DVやトラウマから回復するためのサポート活動を行っている。
「レジリエンス」とは、逆境にも耐え抜く力、そこから脱する力、新しくエネルギーを発揮する力、マイナスのものをプラスにかえていく力などを意味することば。
傷ついた人が、「自らがもつレジリエンスで、自分らしく輝いて生きていく」ことを願って、多様な活動を行っている。
各地での講演や研修、東京と横浜での連続講座、サポートグループ、高校・大学でのデートDVなどの授業、カウンセリング、米国でのスタディツアー、米国から講師の招聘など、さまざまな方法でDVやトラウマに関するこころのケアを広めている。

講師の中島幸子さんにお話をしていただいて、参加者のみなさんからの質問や相談など、身近に聴ける話せる場です。
どなたでも参加いただけます。

その場で話された個人のお話は秘密を厳守いたします。
0122

mixiチェック

このページのトップヘ