「社会問題研究会」のご案内 ● 定例第4金曜日
日本の社会は福祉問題を縦割り行政による系列化・細分化といった 合理的な方法で解決しようと取りくんできました。
しかし、福祉課題は、地域で生まれ、地域に定着しています。
「地域福祉の発想」がそこに ないから対応がばらばらになる。
地域が福祉ニーズの「発生の場」で あるなら、そこを「解決の場」そして「予防の場」となるためにはという視点で考える研究会「社会問題研究会」を開催します。
≪通算72回Since2012≫ 
第72回テーマ
松高版「子ども食堂」の取り組み
 ~「産業社会と人間」の授業をきっかけに~

ある授業をきっかけに貧困や生活保護への自己責任論を 知った当事者の生徒が、自分の生い立ちを仲間に語る中で、
その問題と真正面から向き合い、自ら「つながりを生む居場所」を提案し、具体化する。
支援をされる客体から、支 援をする主体へと変容していく子どもたちの実践報告。

話題提供 木村 悠さん(大阪府立松原高校 教員)
12月21日(金) 19:30~21:00
会場 わかくさ保育園
お申し込み・お問い合わせ:わかくさ保育園 西野伸一まで 
℡ 06-6633-2965 
Fax06-6633-2970
 メール nishipe3322@@yahoo.co.jp



*********************
『イベントカレンダー』にて情報配信中♪