髑髏城の七人

2011.8.12  梅田芸術劇場

ワカドクロです、若くて生きのいい男前がぴちぴちしてます。


捨之介は立ち姿のかっこよさは、特筆ものか。

文句なしにかっこいいんだけど、惚れる?と聞かれたら・・・惚れないねぇ色気が足りない。

あわはぎ、アオドクロ予告動画の染さんの流し目で転んじゃったんですが。

今回いちばん色気を感じたお方は狸穴二郎衛門さんでした、文句なしに惚れます。

そう言えば、蛮幽鬼の時も色っぽかったな千葉さん。


天魔王、裾までのマントをひらりひらりと翻し甲冑に身を固め、殺戮を繰り返す肝のちっちゃい男。

ほんとに天魔王の小ささがよ~く出てました。


天魔王の手下7部衆でしたっけ?それぞれにデザインされた黒い甲冑がかっこいいのなんの、うん素敵だ。

右近さんのはブラックスワンと言いたいところだけど、迦桜羅だけにカラスよね。

粟根さんも素敵。


蘭兵衛は華麗な殺陣でした。(終わり)


兵庫、バカで可愛い、ほんまにまだひよっこが突っ走ってバカやってる感じ。

じゅんさん、アツヒロくん、涼くんと見ましたが惚れるのはじゅんさんの兵庫かな。

なんかね、年相応に突っ走るバカよりいい年こいてバカやってしまう男のほうがキュンとくるので。


極楽太夫は華があるねぇ、艶やかざんす。

で、今日は捨之介の台詞すっ飛ばして「蘭兵衛さん」て言っちゃったんですか?

太夫の胸の奥に秘めた相手って、兵庫なの?蘭兵衛なの?わからなくなったんですが。


逆木さんと村木さんのおふたりに、涙持ってかれました。


沙霧ちゃんは可愛いね、一番好きかも。


終盤7人のシルエットがスモークの中で浮かび上がる所は感動的です。

スローモーションで強行突破もただただ「無事に脱け出せよ~~」と心の中で叫んでいるあわはぎ。

これが髑髏城だよ!と訳も無く思うのです。
 

スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

舞台挨拶行きました。

5人の登場


ルカ、黒のシックなミニワンピで靴が黄色

ジョー、黒ジャケに白Tグレーパンツ黒い編み上げワークブーツ青いベルトかなぁ腰から垂らしてました

マーベラス、ベージュのカーデ白(T真ん中に赤い柄)パンツは黒だったかグレーだったか?黒ズック

ハカセ、グリーンのポロベージュのパンツにベージュスニーカー

アイム、ピンク小花柄のワンピにピンクボレロ


まずは順番にご挨拶「こんにちわ~~~」

ジョーはポニーテールじゃないので、「誰だかわかりますか?」と心配そうに問いかけてました。


ご挨拶の次はそれぞれ見所を聞かれ

マベ:スケールのデカさ

ジョー:(マベにスケールのデカさを言われてしまったので、ロボのことを言っていたような・・・)

ルカ:エンドロールがフルで流れるのそので楽しさを感じて。

ハカセ:ハカセのアクションシーン、とんでもないことをしてくれるので見ものです。

アイム:懐かしい映像と音楽が出てくるので親子で楽しんでもらえる。


印象に残るエピは?

マベ:11・12ですね、ジョーとの出会いとか(すかさず背中を寄せるジョー)、いやらしい意味じゃないですよ!(て、そう言うたらここが腐女子の萌えポイントってことになるでしょ)

二人で背中合わせになって構える

ハカセ:あれは一目ぼれだったの?(鋭い突っ込みW)

マベ・ジョー:え!!!!!(あたふたするふたり)

ハカセ:だって「何だ?あいつは・・・気に入った」って、一目ぼれでしょ。

マベ:あの目と剣の腕に一目ぼれしました。(観念したね)

ジョー:ありがとう

ハカセ、仕切りまくりです。

そしてジョーは

ジョー:ぼくも11・12で、アクションシーンをいっぱい撮ったんだけど時間の都合で削られて、もっと使ってほしかった、僕はシド先輩が大切です。(あ、ありゃ、唐突な告白かい?)


その後、変身ポーズをとなって

マベ:携帯が無いんで、ポーズだけですが。

全員で、ゴーカイチェンジ!のはずが約1名、『木』と書いてひっくり返してる人が・・・

ハカセ:これね、股がポイント股が、このスタンスが千秋のスタンスなの。あ、シンケンじゃない?

マベ:ペンはいらないから鍵持って。

仕切りなおし、全員揃って「ゴーカイチェンジ!」決まりました。


そして今日登場したシルバーについてハカセは「あんなヤツ、ぜんぜん使えねぇよ!」と言い残し挨拶終わりました。


まだイベント慣れしてないからか、初々しいです。

でもハカセがいい味出してますね。

ファイナルが楽しみな5人です。

ゴセイジャーファイナル

24日梅田芸術劇場

戦隊のファイナルは初めてです。

あら!1部も本人達が出るんやね、ちょっと間はずしたところもあったけど・・・アクション段取りミエミエもあったけど・・・よかったですね。

2部のトークショーは座らへんのね、みんな立ったまんまで受け答えです。

いろいろ話はありましたが、最近すぐ忘れちまうので・・・

Q1.心に残った台詞

エリ:「なんとか、なるなる」軽く聞こえるけど、相手にも自分にも元気を出させてくれる言葉で、エリちゃん自身もこの言葉に支えられて、1年間やってきたんだそうです。

ハイド:台詞じゃないんだけど、モネにおっさんて言われて・・・
    5人の中で唯一ニックネームがあるのは僕だけなのがうれしかったそうな。

モネ:台詞じゃなくて兄妹で同じ仕草をしてることを意識してた・・・だったかな

アグリ:モネちゃんに同意で終わったような・・・

アラタ:・・・里香(エリ)やミッキー(モネ)、可愛いマオくん(アグリ、めっさ天使キャラの雄大くんに可愛いと言われる浜尾くんてどんだけやねん!)となんたらかんたら言ってましたわ。(忘れましたわ)
      で、健斗くんだけ名前が出てこないのをモネちやんが突っ込む。

健斗くんは、「何も言わないで、そっとしといて・・・」気づいた雄大くんはさっと健斗くんに寄り添いギュッ!!
「健斗、大好きだよ!」って抱きしめてました。(この絵面は萌え~じゃないでしょうか?)

後は、モネちゃんがハイキックができるようになったと言うと会場から「モネちゃんやって~」の声

ここで寸劇、それぞれの役はエリちゃんがモンスドレイク、ハイドが監督、アラタとアグリは「じゃ、俺達ビービ」と言うことで「よーい、スタート!」

「ビ、ビ、ビー」「ビ、ビビー、ビ」エリちゃんのちょっとガニマタっぽいモンスドレイクにモネちゃんのハイキックが見事に炸裂いたしました。
ハイド監督もエキサイトして終わる頃にはビービになってましたが(笑)

終わりは5人の涙、涙です。

見たのが最終回だったので、ほんとうにこれがゴセイジャーとして最後の舞台ですからみんな胸いっぱいなんでしょう。

スタッフが用意したスクリーンへの「おつかれさま」の文字に感激、いつもなら、レッドのスーツを着ているアクターさんが来られてるそうですが、今年は震災の影響で日程が押してるので東映プロデューサーからの花束贈呈にまた涙、ファンへスタッフへ支えてもらった人達への「ありがとう」が5人の口からこぼれ落ちます。

そして他の4人へのありがとう・・・このメンバーでゴセイジャーが出来てほんとうによかったと。

あ!約1名、もう涙でグシャグシャで何も言えないひとが・・・誰あろうハイド。

「ありがとう」と一言言うのが精一杯でした。

この子達はアクシデントや震災でイベントが再三中止に追い込まれて天使やのに不憫な子等や、という思いがあります。

でも、この子達なら大丈夫、これからいろんな事もきっと乗り越えていけるでしょう。
プロフィール
ブログパーツの提供は終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ