2018年08月10日

■八王子まつり終わる

 今年の八王子まつりは、熱中症への懸念から「子ども音頭の集い」と「民踊流し」が中止となりました。山車の昼の巡行を控える町会もあり、例年より人出の少ないちょっぴり寂しい開催となりました。実行委員会も悩んだ末でしょうが、36℃の日中、甲州街道は照り返しで40℃近くになり、やむを得ない判断だったと思います。特に150団体4千人を超える踊り手が、それぞれ揃いの浴衣で参加する民踊流しは、一昨年にはギネス世界一に登録されたほどの名物で、沿道は多くの見物客で埋まります。各町会、やや年配のお姉様方も多く参加する為、おじいちゃんと一緒に応援にきたお孫さん達が終了後には夜店を楽しんだり、団体ごとの打ち上げが予定されていたりと経済効果も大なのですが、今年はキャンセル続出で飲食店から悲鳴が聞こえました。私も行く先ざきで皆さんから「来年は時間帯を変えて」とか「散水車を出して」と陳情を受けました。極めつけは千貫神輿。「オリンピックのマラソンコースと同じ遮熱舗装にしてくれ!」と皆さんから大合唱を受け、検討してみると答えましたが・・・。幸い3日間で救急搬送は4名、大事に至らず結果は良かったと思います。久しぶりにお会いする地元の皆さんからは、あちらこちらで激励を頂き心の充電ができた八王子まつりでした。
IMG_7906IMG_7954
IMG_7863IMG_7972
IMG_7923IMG_3636


 リトルリーグの東日本大会が八王子で開催されました。今年で13回目となる本大会は、他リーグとの交流が少ない北海道リーグからの提案で始まり、第1回を札幌で行いました。図らずも初代チャンピオンが八王子で、その時のキャプテンがうちの愚息でした。今年の甲子園での高校野球も100回大会を迎え、各局特番放送されていますが、あの頃の子供たちがプロ野球で活躍する姿は驚きです。
IMG_7839
※始球式

<おまけの一言>
 山田駅前にこども食堂「ふくろうはうす」がオープンしました。
縁あって春先からお手伝いをすることとなり、先進事例などを紹介しました。あくまで支え合いをモットーに、持たれあいにならないよう挨拶しました。子供たちの笑顔が集うことを期待します。
IMG_7874
※ふくろうはうすの様子



IMG_7816
※八王子まつり 台湾・高雄市政府団 歓迎会



hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年08月03日

■サマータイム

 オリンピック・パラリンピック組織委員会の移動理事会が福島県のJヴィレッジで行われました。3.11以降は福島第一原発事故対応の災対基地となり、スポーツ施設としての利用はできませんでしたが、この度全面改修が行われ、緑のピッチが戻ってきました。
いわき駅からのバスには被災者の語り部の方に同乗いただき、改めてあの日の出来事を生々しく詳細に話されました。
印象的だったのは「何度も役所から警報が出たのに、どうせ大したことないと自然を甘く見た自分たちが悪かった」という言葉でした。家族を亡くしたご遺族からは、「そんな言い方は…」と批判もされるが、「気の毒だ」、「災難だ」ときれい事を伝えるだけではいつの日か同じ過ちを避けられないという信念で語っているとの事でした。ご自身も直前まで背負っていた近所のおばあさんをやむをえず置き去りにして高台に逃げた事で、ずっと心に闇を抱え、何年も震災の事を人に話す事ができなかったそうです。それでも、事実を伝える事が生き残った者の使命と思い、ボランティアを始めたとのことでした。
「復興オリンピックは街並みだけではなく、被災者の心を癒し、勇気づける大会にしてほしい。」理事一同、被災地の皆さんの思いを受け止め、頑張る事を誓いました。

 理事会では「サマータイム」の導入が大きなテーマとなりました。2時間進めれば朝の5時が7時。7時スタート予定のマラソンは現在の8時前にはゴールとなります。今年の酷暑を考えれば、アスリートも観客もボランティアも大げさではなく死者が出る事は否めません。放映権者だ、関係競技団体の意向だのと、東京の実態を知らない人達の意見を聞いていたのでは解決しないと申し上げました。
併せて、財政上の理由で一度は設置を控えた国立競技場を始めとする各施設の空調機等も積極的に追加整備をする必要を訴えました。室内だけではなく、会場入りの待機スペースでの日よけやミスト等も考えなくてはなりません。

 第46回全国大会への出場が決まった八王子シニアリーグの壮行会が行われ、会長として激励しました。創団以来の伝統で、野球だけ上手ではだめで、学業をおろそかにしたらメンバーに入れない厳しい掟があります。今年は残念ながら有力選手がそれを守れず、戦力外になりました。勝利を優先すれば使いたい選手ですが、「チームプレーの大切さを知る上でも例外は認めない」と監督は決断されました。会が終わった後、ベンチ裏で彼に激励の声をかけましたが、「皆に迷惑をかけた分、しっかり応援します」と素直に応えてくれました。長い人生、この経験がきっと彼の為になると信じます。
 それにしてもなぜ?とスタッフに聞きましたら、昨今、有名私立高が春先から推薦や特待入学をちらつかせ声をかけるそうです。それが15歳の子供達に妙なうぬぼれと戸惑いを与え、中にはもう受験の心配は無くなったと勘違いをする生徒がいるとの事。早速、文科省にも実態調査を依頼し、高野連ともルールづくりをしてほしいとお願いしました。
優勝候補の呼び声高かったのですが、残念ながら2回戦で敗退でした。
IMG_7805IMG_7793


 いよいよ今日から八王子まつりが始まります。
今年は千貫神輿のスタートを追分から八幡町に移し、観客の動線の変更を試みるようです。山車や神輿で華やぐ関東屈指の伝統の祭り、是非お出かけください。

<おまけの一言>
8/5(日)7:30〜8:25
フジテレビ「報道プライムサンデー」に出演します。
テーマは「アマチュアスポーツの今後」です。



IMG_0817IMG_0818
※八王子市内の夏祭り

IMG_0816
※自民党八王子総支部役員会



hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年07月27日

■被災地支援

 国会は閉幕しましたが、党本部では西日本豪雨災害対策や、来年の概算要求に向け会議や陳情団体の訪問が続いています。特に被災地では日ごとに変わる要望に応えながら各省庁の現場での対応報告の聴取を行い、次なる支援策を講じます。
その一つで、避難所での介護や物資の整理の為、広島の現場に菊池製作所(美山町)のマッスルスーツを貸し出す事となりました。電源や燃料のいらないよう開発されたスーツは、機動性に優れ、身体に負担なく重いものを持つことができます。地元企業の逸品が被災地でも活躍する事を誇りに思います。
対策会議では今後の課題として、「発災後の報道ヘリのあり方」、「地方自治体の職員力の向上について」を私から提案しました。熊本地震や昨年の北関東大雨でも課題となりましたが、発災直後はやむを得ないとしても、2日目以降のヘリ取材が、音も風も救命活動に影響を与える実態が改善されません。報道の自由は尊重しますが、同じ場所に何社ものヘリがホバリングしています。同じ映像を撮るのではなく、代表社のカメラが映像をシェアするのではダメなのか?せめて生死を分ける72時間までは何らかのルールを作る事ができないか。民放連等と会議を持って相談してほしいと要望しました。因みに、ガイドラインはとっくに出来ているのですが…(参照http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/日本民間放送連盟%20航空取材ガイドライン.pdf
一方、近年の行革により指定管理者制度や民間委託が普及し、その結果、役所内の技術者の減少が災害時の支障になっている実態を指摘しました。重機のオペレーターもいなければ、エアコンや無線電話などを国から送っても業者の到着を待たなければ稼働せず、水道復旧の計画も技術通訳を入れなくては進みません。建築・土木・電気・水道・設備・無線など専門職で採用するのではなく、一般職で採用した若い職員に何か一つでも資格を取る事を促してはどうか?と提案しました。
今後の定年延長を考えれば大卒でも40年前後役所で働くんですから、20代のうちに一つ資格を持ってもらえば地方自治体の強化にもつながるはずです。

 党八王子総支部の日帰り研修が行われ、今年は「国立映画アーカイブ」を訪問しました。約8万本の貯蔵フィルムの活用と、映画文化の振興など、副長官時代からの取り組みをご紹介し、是非皆さんにも映画の応援団になっていただきたいとお願いしました。
小津安二郎監督の「お早よう」を皆で鑑賞しましたが、昭和30年頃の古き良き日本の暮らしに先輩方は懐かしさを感じていました。かつてはいくつもの映画館を有した八王子も、今は南大沢のシネコンのみ。なんとか中心市街地に映画館を取り戻したいと思います。
IMG_7773IMG_7781


 30数年ぶりに新日本プロレスの興業が八王子で行われ、試合前にチャリティ募金を受け取り挨拶しました。主催者側からもエスフォルタアリーナの使い勝手が良く、又続けて開催したい旨相談がありました。猪木世代の私にとっては女性のファンの多さに驚きましたが、満席のアリーナは大いに盛り上がりました。相撲の土俵に続き、今度はリングに上がりましたが、スポーツイベントで街の活性化につながれば幸いです。
S__13500450S__13500451


<おまけの一言>
 地元のフットサルチーム、ファイルフォックスのホームゲームに激励に行きました。東京都社会人サッカーリーグ1部の八王子FC、アローレ八王子も今年は順調です。FもJも道のりは遠いですが、一つずつがんばります。
IMG_7715



S__13500447
※都議会議員との懇談会

IMG_0763IMG_0789IMG_E0744
※八王子市内の夏祭り


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年07月20日

■国会閉幕

 西日本豪雨災害の現地調査に、党としても二階幹事長班はじめ4班を編成し、各地へ派遣しました。一方、私は本部に残り、上京してくる被災自治体の要望聴取にあたりました。それぞれ現場の細かい要望、問題点を汲み上げ、対策本部で直ちに対応を指示する毎日です。改めて、こういう事態になると初動で最も頼りになるのは隣組、ご近所、町会や自治会の皆さんとのつながりである事が本当に身に沁みます。東北大震災以後、一度は大きく見直された町会、自治会ですが、残念ながら都会では未加入が増える一方です。地域に共に暮らすという事はある意味運命共同体である一面も、災害は教訓として教えてくれているはずです。
他方、指定管理者制度や民間委託等、行革を進めてきた結果、各自治体に技術者が減っている事で、国との通訳が必要となり支障をきたしております。電気、水道、無線通信などでやはり最低限は役場の中にわかる人がいないと困ります。今後、地方自治体職員のあるべき姿についても検討を加えていくつもりです。
IMG_0737
※西日本豪雨の募金を都連へ

 1月から始まった通常国会は、土日を残し事実上の閉幕となりました。
本日は年中行事とも言えるお約束の内閣不信任案が提出され、多くの時間を費やしました。もちろん野党に与えられた権限ですから行使を全て否定するつもりはありません。しかし、その権限で与党の委員長が委員会を開けば問責が出され、これまた長い時間が費やされるのはいかがなものかと感じます。小泉筆頭らにおまかせしている超党派議連では、衆議院へのボタン採決の導入の検討も始まりました。民主主義は時間とコストがかかる事はやむをえませんが、後世まで政治家一人ひとりの賛否を残すものと、結果はどうあれ処理すべき案件とは、その 対応も分ける必要があると思われます。秋以降は国会改革の議論が本格的になる事を望みます。

<おまけの一言>
 地元ではいよいよ夏祭りのシーズンが到来し、週末は会場をかけ廻っています。すべてにお邪魔する事はできませんが、一つでも多くの会場を廻り、皆さんとお会いできれば幸いです。
IMG_7613IMG_7625IMG_0738


IMG_7603
※武州今熊太鼓の会長と

hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年07月13日

■西日本豪雨

 西日本を襲った集中豪雨では200名を超える方々が犠牲となり、今なお50名余りの安否不明者の捜索が続いております。お亡くなりになられた方々に心からのご冥福をお祈りします。
党としても「平成30年7月豪雨対策本部(本部長・二階幹事長)」を立ち上げ、私も副本部長を拝命し、現地に入っている三役に代わって連日各県からの要望を整理し、関係各省との打合せが続いております。愛媛県は水道管は無事でしたが、浄水場そのものが土に埋まってしまい、飲み水はもちろん農業用水も確保できず産業に与える影響も甚大です。政府と連携し、財政的な事も含め、やれる事を全てやるという姿勢で各地の支援体制を急いでいます。幸い我党は県議、市町村議員というネットワークがあり、現場のかなり細かい状況まで情報があがってくるので要望にできるだけ合わせた支援を迅速に行っています。
それにしても、仕分けにあって一度止まった砂防ダムやスーパー堤防、あの3年3か月が悔やまれます。


 都議転身時から連合後援会長をお務めいただいた田中貞男さんがご逝去され、弔辞を捧げました。ここ数年は体調がすぐれず入退院を繰り返していましたが、入院先の病院では私との写真を見せては「応援してやってくれ」と皆さんに声をかけてくれていたと看護師さん達から聞かされました。最後まで後援会長としての務めを果たしてくれたと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。弔辞では、会長に作って頂いた着物のエピソード(2013.2.1ブログ参照http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/archives/52059404.html)や、園遊会の思い出を披露しました。責任感が強く、明るく、若い人達からも人気のあったすばらしいリーダーでした。心からご冥福をお祈りします。
05b356fe[1]
※作って頂いた着物を着て、田中会長と
IMG_7567
※弔辞

 「八王子南バイパス・日野バイパス延伸を促進する議員連盟」の皆さんが例年の要請行動で各省並びに党本部へお見えになりました。連盟結成から11年が経過しますが、ここ数年は、予算規模も順調に加速し、昨年は北野(市場前)から日野(西平山)に渡る新橋の都市計画決定も行いました。館町の医療センター、日野市民病院その先の都立府中メディカルセンターの3次救急救命施設をつなぐこの道路は真に命の道です。一日も早い開通に向け、八王子・日野双方で地権者の協力など全力でサポートする事を確認しました。
80721DSCN2568


<おまけの一言>
 今年も夏の風物詩(あさがお市)が行われました。
去年まで3軒の花き農家で作っていた「あさがお」ですが、今年は後継者不足で、由木の加藤さん一軒で600鉢を育てたそうです。
今週からは各地の夏祭りも始まります。
IMG_7557IMG_7560




IMG_0702IMG_0701
※幹事長の代理として自民党役員会、記者会見の対応

IMG_7525IMG_7520
※萩生田光一を支える税理士の会





hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年07月06日

■インドネシアの高校生

 日本インドネシア国交樹立60周年記念事業の一環で、高校生60名を招聘しました。今年1月に二階幹事長と共に訪問した際に発表した、「青少年交流プログラム」です。60名をどう選ぶか議論の末、私の提案で、「日本語パートナーズ」で教員派遣をしている学校から希望者を募集する事にしました。日本語パートナーズとは、国際交流基金が行っている日本語教員の派遣事業で、インドネシアに限らずアジアの各国で展開しております。教員資格を必要とせず、リタイアされたシニアの方、転職インターバルの若い人など、様々な方にご協力いただいており、各国から大変好評です。そんな責任から、私が丸1日、日程を預かる事となり、蒲田にある東京工科大と日本工学院専門学校の視察に連れて行く事になりました。日本への親しみと憧れを持つ60名は目を輝かせてアニメやゲームソフト開発、ロボット技術を見学し、大興奮!!日本への留学を希望する生徒も大勢いました。学校のはからいで留学生との意見交換や、素晴らしいホールでの日・インドネシアの映画「海を駆ける」の試写会も行っていただき、次の訪問地・和歌山に送り出しました。
いつの日か両国の懸け橋となって活躍していただけると信じます。
工学院1 (1)
※日本工学院専門学校蒲田校にて

 文部科学省の局長が国の補助制度への便宜の見返りに我が子を入学させるという信じがたい容疑で逮捕されました。教育行政の司令塔たる文科省の幹部がもしこのような対応をしていたとすれば、許されない事です。一方、相手方の東京医大も本市に附属病院を持つ第三次救急救命を担う市民の拠り所です。私にとっては縁の深い二つの組織の不祥事は残念でなりません。文科省は、組織的な天下りが昨年一月発覚、大量の処分者を出し、前川次官が辞任に追い込まれ、真に信頼回復に向けた道半ばの出来事でした。幼児教育の無償化、給付型奨学金の導入など、折角、人への投資がクローズアップされているこの時期にこそ、組織の立て直しが急務です。

 多賀神社の総代会の皆様から、役員半纏を贈っていただきました。まもなく開催される八王子祭り(8/3-5)の起源は、上(かみ)の多賀神社、下(しも)の八幡八雲神社の夏の例祭を同時に行い、そこに市民祭りを合わせた事から始まりました。それぞれの氏子町が所有する山車や神社の神輿が繰り出す、荘厳な雰囲気は関東屈指の祭りとして多くのお客様を迎え盛り上がります。
昨年は市制100周年の記念祭で、初めて上の山車総覧が行われました。そこにお招きいただいた際、やむをえず実行委員会の半纏で出席したのですが、若い人達から「先生、八幡神社の半纏は着てるのに、なんでうちのは着てくれないんだ!」と絡まれました(笑)。「ごめん、持ってないんだ。もっとも下は私が国政に行った時、総代会で作ってくれたんだよ」と説明すると、「そりゃあうちの総代が気がきかねえ!!」となり、めでたく新調していただいた次第です。
今年は着替えながら各町会を廻る予定です。
IMG_3603


 <おまけの一言>
 東京ルネッサンスゴルフコンペが無事終了しました。
国会延長で参加できず、朝の時間だけ皆さんを迎えました。
「さっきまで八王子にいたのに、午後には記者会見に出てた」と皆さん驚いたようですが、私不在でもしっかり地元を守っていただく皆様に感謝です。


群馬県議団1
※自民党群馬県議団の皆さんとの意見交換

IMG_7511
※横山農協女性部の皆さんと

5D305118
※「日本研究賞」授賞式

IMG_3565
※ボーイスカウト 受賞祝賀会

IMG_3549
※市内企業の皆さんと



hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年06月29日

■場外戦続く

 私の宮崎県での「赤ちゃんはママがいいに決まってる」発言記事に端を発した子育て論争が、場外で続いております。例の新聞は私を、子育ては女性の仕事と押し付ける時代錯誤の偏向政治家と印象付けようと、識者や父子家庭団体などにコメントを求めたようです。
講演全体を知らず、切り取り発言に対して厳しい批判をぶつける方もいましたが、その後、私が今までも子育て支援に力を入れてきた事、子育て中の女性の働き方改革や「イクボス」として取り組んできた事を解っていただき、逆にお詫びや激励を頂いております。
77238新聞や雑誌が特集を組んだり、先日は森三中の大島美幸さんのご主人・鈴木おさむさんのところから「ママにはなれないパパ」が送られてきたと思えば、父親支援事業を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)の安藤哲也代表はじめ、幹部の皆さんが意見交換に事務所を訪ねて下さいました。安藤さんはご自身も3人のお子さんを育てる中で、父親の育児参加の重要性を強く認識され、父親育児の環境整備に乗り出した方。既に政府の各種委員としてもご活躍で、「イクボス」の推進や「イクメン」支援など、子育ての応援団としてがんばっていらっしゃいます。大切な事はパパ・ママどちらか一方でもなければ、無理な平等でもなく、支え合いが大切である事、男性の育児参加はスイッチがONかOFFだけでなく、ボリュームで対応できる社会整備が必要である事などを話し合いました。今までの私自身の育児やイクボス体験の話をしましたら、皆さんからは「なぜそういう取り組みは記事にならないんでしょうか?」とメディアのあり方にも話は及びました。「そんな記事が出たら私がいい人になっちゃうからでしょう(笑)」と答えましたが、市乳幼児医療費の無料条例、公園のブランコの下のカラー舗装、都認証保育所制度の創設、携帯のフィルタリング義務化等、子育ての中で等身大の政策を実現してきた自負はあります。
「災い転じて」ではありませんが、切り取り報道によって素晴らしい皆さんと出会うことができて感謝です。今後は「永田町イクボス」の本領発揮でFJの取り組みも応援していきたいと思います。
参照:東京新聞2018.6.16 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/hiroba/CK2018061602000210.html
1806262 (1)
※ファザーリングジャパンの皆さんと意見交換

 熊本県に講演でお邪魔しました。前日の夜から現地に入りましたところ、党県連幹部の皆さんや副知事はじめ、県幹部の方々も集まり歓迎をして頂きました。一昨年の震災時、官邸と県庁で多くのやりとりをした皆さんと当時を振り返りながら、強い熊本の再生を約束しました。
翌日は講演の控室に立山大二朗・山鹿市議がわざわざ訪ねてくれました。前回の八王子市議選に公募で立候補し惜敗を喫した彼は、故郷へ帰る決心をして、支部長宅で送別会をしたのは三年前でした。一度は政治を諦めたものの、田舎へ帰って、八王子で市議選にチャレンジしたという話が広まり、周りから薦められて山鹿市議に挑戦、見事に当選しました。中央大に通い、八王子に住んだことから私とも縁がつながり、「八王子での経験があって今の自分があります」という彼の言葉を嬉しく思いました。
真に政治のIターン、Uターン、八王子に通う学生が政治に触れ、全国で活躍してくれたら嬉しい地方創生になると思います。
熊本


<おまけの一言>
 サッカーW杯、日本は決勝トーナメント進出を決めました。
残り10分の対応は賛否が分かれますし、私自身もゴールを狙ってほしかったと物足りなさを感じますが、これもルールに則った戦略の一つ。「委員長職権で採決して批判される国会と似てるね」と幹事長室会議で話題となりました。


IMG_3540IMG_3539
※八王子祭囃子連合会・後援会 平成29年度定期総会・懇親会

IMG_3534
※東京看護連盟での講演




hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年06月22日

■「大迫半端ないって!」

 開幕前はやや盛り上がりに欠けたサッカーW杯ですが、初戦のコロンビア戦に金星を上げ、翌日から国内が明るい雰囲気に包まれました。特に、決勝点のヘディングシュートを決めた大迫選手を「大迫半端ないって!」と称えた言葉が有名になりました。生みの親は2008年度全国サッカー選手権大会で鹿児島城西に準決勝で敗れた滝川二高(兵庫)のキャプテン中西君が、試合後のロッカーで涙を流しながらライバルのプレーを称賛した言葉だそうです。実は、この大会決勝では鹿児島城西が敗れるのですが、うなだれて肩を落とす大迫選手達に準優勝の賞状を渡し、メダルをかけたのが、文部科学政務官の私でした。(2009.1 ブログ参照)http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/archives/51599131.html
前半で大迫選手が大会記録となる10得点目で先制したものの、大接戦の後、広島皆実が1点差で逃げ切る好ゲームでした。あれから10年、高校生だった彼等が日の丸を背負って世界で活躍をしています。私も負けずにがんばらなきゃです。

 そんな勝利の翌日、国会は32日間の延長戦に入りました。7月になれば顔を出しますと申し上げていた地元の皆様には申し訳ありませんが、緊張感を持って残された法案成立に向け全力で臨みます。
 それにしても、18連休で審議を無駄にした野党が「慎重に審議しろ。充分な審議時間を取れ」と言っていたのに延長に反対するのは理解できません。

 大阪府北部を中心に震度6弱の地震が起き、5人の方がお亡くなりになりました。改めてご冥福をお祈りいたします。
中でも朝の通学時間帯に重なった為、地域の見守りボランティアの方や小4の少女が通学途上で学校の塀に挟まれて亡くなるという、あってはならない事故に心が痛みます。しかも校長は3年前に危険性を教育委員会に伝えたにもかかわらず、市教委は安全と判断したとの事。救える命でした。
党は翌日、朝6時の飛行機で現地視察団を派遣すると共に、政府と連携して全国の通学路の安全調査を指示しました。
ここ数年、学校耐震化には力を入れ、98%の達成率を見ましたが、プールのフェンスを盗撮防止用にブロックに代え目隠しに使っている実態については充分なケアができていなかったようです。子供達にとっては最も安全な場所であり、地域の皆さんにとっては万一の時の避難場所でもあるべき学校です。昨日の学校耐震化・施設整備等促進議連では、今までのようなペースではなく集中的に予算を投下して施設整備を進めるよう強く要望しました。

<おまけの一言>
 地元で会えないならと、国会に皆さんがお出かけいただき、激励をいただいております。もう一か月延びましたので、お仲間と是非国会見学にいらして下さい。
IMG_7497 (1)IMG_7493 (3)
※八王子中央ライオンズの皆さんと


IMG_3527
※西山まさる市議 後援会合同役員会

IMG_E0637IMG_3518





hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年06月15日

■米朝首脳会談

 史上初の米朝首脳会談が終わりました。事前の期待値が高かった為、内外メディアはCVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)や、弾道ミサイルに触れていない事など一斉に厳しい評価が目立ちますが、70年以上にわたり敵対していた両国のトップによるキックオフ会談。一度で全てが解決する方が無理な話で、韓半島の非核化など、一定の方向が示され、今後も会談を続ける確認ができた事は前進だと思います。もちろん、いつまでにどういう形でなど、プロセスについてはこれから詰めをしなくてはならない事もたくさんあり、注視も必要です。
拉致問題については、事前の安倍総理からの情報をしっかりと提起したとトランプ大統領は会見で述べましたが、その後の日米電話首脳会談では、具体的な詳細の報告があったようです。図らずも翌日、官邸での総理同席の会合があった為、私から別件のブリーフをした際、質問は北朝鮮に集中し、その対応がメディアでも取り上げられました。政府側では無い私が首脳間の発言を紹介することはできませんが、「拉致問題は解決済み」という今までの対応が無かった事への感想を申し上げる事で会談の真意が伝われば幸いです。真にこれからが正念場、政府と連携し、何としても解決に向け全力で臨みます。
IMG_0629
※メディアへのブリーフ

 二階幹事長肝いりで始まった党本部エントランスでの「ふるさと物産展」、今週は大阪府でした。毎回各県とも試食ブースを作って賑わうのですが、さすが商人の街、大阪はお好み焼きもうどんもすべて有料、たこ焼き一口つまむ望みが叶いませんでした(笑)。一方、先週行われた政令市初の神戸市展では牛肉が振舞われました。事前の副幹事長会議で神戸の関議員が「幹事長室の皆さんのお肉は別に用意してお待ちしております」と宣伝したのに結局は私達まではまわらず、次回会議では突き上げられました。かわいそうに思ったのか、幹事長が「神戸牛を取り寄せて皆でやり直そう」と、「神戸牛を食する会」が党本部で行われ、会期末を迎え、多忙な幹事長室の結束を誓う良い一時となりました。
大阪物産展
※大阪物産展
DSC_0117
※幹事長と神戸牛を食べる会


<おまけの一言>
 元八王子センター並びに住民協議会が30周年を迎え、記念式典が行われました。選挙でも後援会行事でも数々の思い出のある施設。地域の皆さんと共にお祝いしました。
元八王子地域住民協議会
※元八地域住民協議会


IMG_0630
※自民党宮城県議団と総理の意見交換昼食会


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年06月08日

■骨太の方針

 2年連続、地元での開催となったボルダリングのW杯。オリンピックが近づくにつれ注目度も上がり、観客もメディアの数も昨年を大きく上回り、盛況でした。当初は表彰式とレセプションに出席予定でしたが、急遽、新潟知事選応援の為、上越・妙高へ向かいました。
私達が支持をする花角(はなずみ)候補は佐渡出身、元海上保安庁次長、泉田県政時代は副知事も務め、県内事情にも精通しており、地元では待望の知事候補です。各種団体の皆さんにもう一押しのお願いに廻りました。

 来年度の予算編成にもつながる政策方針、いわゆる「骨太の方針」が大詰めを迎え、党内での議論が熱を帯びております。目玉は保育、幼児教育の無償化や高等教育(大学・専門学校)への給付型奨学金などの「人への投資」です。私自身、政府側で制度設計に携わってきただけに強い思いがありますが、大切なのは受け皿となる「大学改革」の断行です。
特に全国約1100の大学・短大のうち、定数に満たない、経営困難な学校の延命策になってはならないことを厳しく主張しております。地方の大学・短大の経営統合や、時代のニーズに合った学部学科の見直し、国・公・私をまたぐ共同研究など、ここはそれぞれの県の特性を磨いて、勇気を持って高等教育システムの再構築をはかるチャンスです。その先には新しい産業を生み、地元の雇用を増やし、税収増をはかる地方創生へとつなげていきます。天下り先の温床としてきた文科省の覚醒も求めて行きます。

<おまけの一言>
 6月第一週の役員連絡会はかりゆしデーです。確かに涼しくて助かります。一方、地域振興と言うなら繊維の街出身の私はクールビズ抵抗勢力として、もう一か月ネクタイ着用でがんばります。
この度、クールビズ期間にポケットチーフを広めようと超党派の議連ができました。本市も生産地なので歓迎ですが、「まずは配れよ!」と先輩方や仲間に言われ、聞こえないふりをしています。
かりゆし2
※かりゆしデー


中野区長選(中野駅北口)
※中野区長選挙で応援演説

明大校友会
※明治大学校友会八王子地域支部総会

石川市議市政報告
※石川市議 市政報告会

八王子サッカー協会総会
※八王子サッカー協会総会

八王子環境フェスティバル
※八王子環境フェスティバル


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年06月01日

■八王子トレインズB2昇格!!

 党宮崎県連の60周年記念大会が開催され、党を代表して記念講演を行いました。地方創生を進める為には、東京へ出て行く人が勝ち組のような今までの偏った価値観を打ち破り、宮崎で学び、宮崎で働き、宮崎で暮らす魅力と環境を高めていく事ができるよう、国と宮崎が協力して仕組みを作っていこうと呼びかけました。
その延長で、東京一極集中の暮らし辛さの一例として、子育ての話に触れましたが、あの新聞二紙が切り取り記事で揚げ足を取っています。
私が申し上げたのは、
国は対処方法として「待機児童ゼロ」を目指して施設建設に力を入れている
一方、育休が取れる企業にいても出産月の違いから0歳で入園しないと近所の保育園に入れない不安や、しっかり育休を使うと復帰後の不利益を受けるのではないかという不安が、早期入園を促す「席取り入園」となり育休制度が十分に機能していないミスマッチが生じている。
保育園の量的拡大だけではなく、「働き方や入園時期の柔軟化」も考え、育休中のみならず専業主婦で子育て中の家庭にも支援が必要、そのためのお金の使い方も考えるべき。乳児期の一時、親子が心配せず一緒にいられる豊かさを持った国を目指したい。
一方、男女共同参画社会の概念や父親の育児参加は大切だが、乳児の一時期は母親の負担が大きくなる現実に目を向け、社会全体でお母さんたちの支援を底上げする事が必要等といった主旨のお話しをしました。
子育てを女性に押し付ける意図も無ければ、父性の重要性や父子家庭を否定した訳でもなく、大切な子育て期間を応援しようという意見を申し上げたつもりです。
私に対して一度の取材もないままワードだけを切り取る記事は、安倍内閣への批判を高めたい一部マスコミの常套手段であることは、永田町では誰もが気づいています。
私の担当記者もその場におりましたが、本人は記事と講演内容の違いを承知しており、社の方針で申し訳ないと語っていました。
もう一社にいたっては現場におらず、通信社の配信リリースでの記事で、全国紙と言えないお粗末な対応です。
テレビや他社が扱わないのは、講演全体の発言を聞けば私の言いたかった事が理解できるからでありましょう。ひるまず、保育園整備のみでなくソフト面でも子育て支援の充実を進める決意です。
講演
※自民党宮崎県連60周年記念大会での講演
要望1
※宮崎県連より硫黄山噴火に伴う緊急要望

 地元のプロバスケチーム「八王子トレインズ」が3部での完全優勝、入れ替え戦での勝利を経て、来シーズンからいよいよ「B2昇格」が決定しました。代表の和田さんが「プロチームとしてがんばりたい」と事務所に相談に来たのは4年前。体協の皆さんにも、必須要件だったホームコートをエスフォルタアリーナで登録させてほしいとお願いしました。以来、選手の皆さんも市内のイベントにボランティアとして積極的に参加したり、小・中学生の指導にも取り組んだり、市民に溶け込み八王子のホームチームであることを誇りにがんばってくれました。昨年9月末、解散直後のシーズン初戦ではお互いに「絶対に負けられない戦い」を誓い合い、結果を出す事ができました。レベルの高いB2ですが、市民の皆さんに夢と感動を与え続けてくれる事を祈ります。
IMG_0591
※東京八王子トレインズ シーズン終了報告会


 毎年恒例となった市議会、市幹部の皆さんを迎えての勉強会を行いました。国道16号、20号の整備、学校施設整備、子安医療刑務所跡地の整備計画など、国と市の関係事案について各省庁の出席の元、意見交換をしました。
4年目となった一期生達も着実に成長して頼もしく感じました。
IMG_7428
※国政勉強会

<おまけの一言>
 幹事長不在で役員会、役員連絡会、総務会、定例記者会見等を対応しました。吉田参院幹事長は「ついにイスを手に入れたな。そのまま居座るつもりだろ?(笑)」と皆の前でひやかされましたが、それどころではなく、二階幹事長のご苦労を体感する一週間でした。
会見image3 (1)
※幹事長の代理で記者会見
image1 (3)
※幹事長の代理で役員会に出席


IMG_3413
※八王子市町会自治会連合会 第16回定期総会


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年05月25日

■サンヴァンサン2018

梅雨を前に、今年も市の総合水防訓練が行われました。一級河川の浅川を中心に、いくつもの支流を持つ本市は、何度となく水害に見舞われた歴史もあり、他市以上に水防に対して真剣かつ高度な取り組みを続けております。訓練には地元消防団はもちろん、東京消防庁のハイパーレスキューや、自衛隊、赤十字奉仕団、女性防火協会、消防少年団に至るまで多くの市民・団体の皆さんが参加し、各種想定に乗っ取った対応を実践します。近年では雨水管の拡張整備に力を入れてきた結果、浸水被害は減少しつつありますが、それでも昨年10月の記録的大雨のような災害はいつ起こるか予想もできません。ソフト面で市民の皆さんが頑張っていただいている事に感謝しつつ、河川改修、下水道整備など都市防災機能を高めるよう国からしっかりと基盤整備を応援します。
IMG_3350IMG_3355
※平成30年度八王子市総合水防訓練

 7回目となる「サンヴァンサン八王子2018」が五月晴れの中で行われました。私の幼馴染の渡辺君(バーゼル社長)達が街興しの一つとして始めたイベントで、街の風物詩にもなりました。参加者は5000円の参加費を予め支払い、スタート地点で受け取ったワイングラスを首から提げて、市内36店舗を巡って試飲して歩くイベントです。おつまみは有料ですが、この日に合わせて各店自慢の料理を披露して、街の再発見ができると好評です。
私は仲間として、もしもの時の相談相手で特別何もしませんし、行政の手助けを求めず自助努力でここまで盛り上げてきた事に敬意を表します。
渡辺君と愛ちゃんIMG_3387
※渡辺君、参加者の皆さんと

 党国際局が在京大使館の皆さんと組織する「永田会」で講演の機会を頂きました。テーマは「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて」。通訳なしでどこまでご理解いただけるか心配でしたが、皆さん日本語がお上手で、どうにか伝わったようです。その後の意見交換では早速、大会中のボランティアチームの派遣を本国と相談して頂ける、前向きなお話も頂きました。国際局が長年こういった地道な活動で各国との信頼関係を構築している事は我党の奥深さだと、改めて感心しました。しっかりサポートして参ります。
IMG_0575
※永田会の様子

 米国は米朝首脳会談の中止を米側が発表しました。事前の高官協議の欠席や副大統領への中傷、専門家の立ち合いを拒否したままの核実験場の破壊公開など、米側の不信感は高まるばかりだったと察します。外交ですからこういう事態は想定内です。ボールは北に投げられました。体制保証と軍事的脅威の排除を望む北朝鮮がどういう対応をして来るのか?拉致問題の解決に臨む我国としては会談中止は残念ですが、ここを逆にテコにして日米韓の連携のもと、新しい展開を模索すべきです。

<おまけの一言>
 昨日から安倍総理がロシアを訪問し、先ほど二階幹事長が中国へ出発しました。この週末は党の最高責任者が私だそうです。慣れた先輩はこの機に署名を求めてきますので、良く決裁書類を読んでからサインしています(笑)


IMG_0580
※加戸・前愛媛県知事を迎えての党の会議

IMG_3366
※「次世代塾」で講演

IMG_3373
※石川やすし第4回グラウンドゴルフ大会

IMG_3398
※八王子リトルシニア 関東連盟夏季大会 壮行会

清和研
※清和政策研究会との懇親の集い

ST1_9181-8ST1_9191-8
※外国人観光客に対する医療PT 菅官房長官への提言申し入れ


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年05月18日

■ファンモン聖地「宮城」閉店

 米朝首脳会談を控え、米側の高官やシンクタンクの代表、シンガポールの関係者があいついで来日し、面談が続く一週間でした。
韓半島の非核化と安定は自由主義社会共通で最大の課題であり、6月の初の米朝会談に注目が集まっています。国内の一部マスコミでは「日本がかやの外」と盛んに自虐論を展開していますが、国際社会は日本、そして安倍総理こそが問題解決のキーマンであると認識しております。国会では野党の党首が北との前提条件を様々示し政府の行動を縛る質疑をしておりましたが、最初から手の内を明かして交渉に臨む外交などありえません。日露首脳、続くカナダでのG7サミット、総理はあらゆる機会を活用して日本の立場を訴え、各国への協力を求めるはずです。
 
 9回目を迎えるko-1杯ミセスフットサル大会は16チーム参加のもと賑やかに開催されました。昨年までの「みなみ野エコフットサル場」が借地期限が来て閉鎖となり、会場を戸吹スポーツ公園に変えての開催となりました。民間の施設とはいえ、みなみ野の街づくりを牽引してきた施設、これだけフットサル人口が増えている中で3面のコートが市内から無くなるのは影響大です。何とか引き続き代替地の斡旋を市とも協力して行い、再開させたいと思います。
天気予報が的中し、午後からは初めての雨。選手の皆さんはびっしょりでしたが、最後まで元気にプレーしてくれました。
IMG_3279
※ko-1杯ミセスフットサル大会

 「せんちゃん」に続き、今度はらーめん「宮城」が閉店してしまいました。ファンキー・モンキー・ベイビーズのデビュー前からの行きつけで、ファンモンの聖地としても有名な繁盛店だったのですが、ママさん達が高齢を迎え、後継者もおらず、この辺で…となったようで残念です。
最終日、何とかやりくりをしてお別れに寄りました。「こんな事なら俺が継いだのに…!」と言うと「じゃあ先生、早く厨房に入って手伝ってよ!」と。店には落選中から「願」をかけてずっと私の写真も飾って頂いた仲です。また一つ、なじみの店が無くなり寂しいです。
飲食店に限らず、順調な会社や店が閉鎖される事を防ぐ為にも「後継者バンク」の創設を商工会議所の田辺会頭と相談しました。是非地元からスタートしてみようと思います。
宮城2宮城4
※らーめん宮城
宮城3
※らーめん宮城の厨房で記念写真

<おまけの一言>
 八王子商店研究会(田口会長)一行が研修会で国会に来てくれました。見学の後は、内閣府の地方創生担当や中小企業庁の皆さんと商店街振興の成功ケース等を意見交換しました。次世代の経営者の皆さんの新しい感性で、八王子の活性化に共に臨んでくれると思います。
IMG_3330
※八王子商店研究会の皆さんと


image3
※「虎ノ門ニュース」に出演

image1
※党本部での千葉物産展

180513春季カップ6年表彰1
※八王子サッカー協会少年部 第42回春季カップ決勝戦 表彰式(6年生)

180513空手道選手権大会2
※第42回八王子空手道選手権大会

180513学生天国2
※第13回学生天国

180513ふれ愛グラウンドゴルフ大会1
※第4回「ふれ愛グラウンドゴルフ大会」閉会式




hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年05月11日

■日中映画合作協定

 副長官時代から二年余に渡り取り組んできた「日中映画製作合作協定」が過日の首脳会談で正式に署名されました。この間二度の訪中も含め、度重なる会議を経てご尽力をいただいた各省並びに業界関係者の皆様、又中国当局にも改めて感謝を申し上げます。この交渉が始まる以前は年3本だった日本映画は、一昨年の11本、昨年は10本が中国国内で公開され、テレビ番組も少しずつ枠が広がってきました。これからは両国を代表する監督や役者、アニメの主人公が、一つのスクリーンから世界に新たな文化を発信する事になりますし、双方の作品がお互いに公開しやすくなる環境が進みます。チャン・イーモウやチェン・カイコーが日本でメガホンを持ち、日本の役者さん達が中国のスクリーンで活躍する姿はそう遠くなく来ると期待します。
翌日は与党幹部と李克強国務総理との懇談の機会がありましたので、私からも改めて御礼申し上げ、更なる発展を誓い合いました。
_BY25999-8_BY15467-8
※李克強 中国国務院総理と与党幹部との懇談

 八王子市ダンススポーツ連盟が30周年を迎え、お祝いのパーティーが開かれました。それ以前から、社交ダンスのサークルはございましたが、当時はスポーツという概念が薄く、体育館等の公共施設でもダンス禁止が主流で皆さん苦労された時代が続きました。今では市町村対抗の体育大会のポイントゲッターであり、生涯スポーツのエースでもあります。役員のみなさんと日頃、自宅でお会いするとジャージで出てきたりしますが(笑)、さすが30周年、皆さんタキシードとドレスに身を包み、紳士淑女でした。
IMG_3167
※八王子市ダンススポーツ連盟創立30周年記念祝賀会

<おまけの一言>
 国際政治がもの凄いスピードで動き始めました。拉致問題解決もこの機を逃すわけにはいきません。政府としっかり連携して臨みます。


政調審議会2
※外国人観光客に対する医療について、自民党政調審議会に提言


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年05月04日

■久しぶりのGW

 南北首脳会談は板門店宣言を発表し、新たなステージへ進む事となりました。北のリーダーの言動が過去を反省し、変節の上での振る舞いなら歓迎すべきところですが、国際社会へのアピールの一方、国内では積極的な報道が見受けられないなどまだまだ注視が必要です。週明け9日の日中韓サミットの開催も決まり、我国としては三ヶ国での連携を強化し、続く米朝首脳会談を機に一気に拉致問題の解決を目指さなくてはなりません。この数年間、国際社会でリーダーシップを発揮してきた安倍総理の真髄を示す時です。党としても環境整備に全力をあげてまいります。その三ヶ国サミット後には日中首脳会談が予定されており、私が二年間に渡り取り組んできた「日中映画合作協定」の大枠合意も議題にあがりそうです。



 29回を迎えた長房ふれあい端午まつりは天気予報の雨を覆し五月晴れの中で盛大に行われました。市民センターとしては29回ですが、鯉のぼりをかかげてからは35年という事で、地域の手作りの祭りがすっかり定着し今では多くの市民が楽しみにしております。裏方で頑張る婦人部の皆さんのところに顔を出すと「ちょうどカレーができたところ、萩生田さん味見を!!」とスタッフ用のカレーをご馳走になりました。まだ昼には早かったので一口のはずでしたが、しっかり大盛り、途中でルーの追加も頂き満腹です。(笑)「スタッフの皆さんがまだ食べていないのにすみません。」と言うと「何言ってんの!お国の為に働いてんでしょ!!」とお母さん方からハッパをかけられました。地元へ帰るとホッとします。
IMG_3155IMG_3160
※長房ふれあい端午まつり

<おまけの一言>

 政府を離れ、三年ぶりのGW、地元の皆さんと各所でお会いする事ができました。日曜日には八王子市野球場でのイースタンリーグ(2軍)巨人―日ハムで清宮君の応援に行きたいと思っていたのですが、嬉しくも残念なことにGW直前に一軍に昇格、早くも活躍しています。

hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年04月27日

■全国都道府県議会議員研修会

 初めての試みとなった全国都道府県議会議員研修会は我党所属議員の約6割の出席を得て充実した会となりました。
第一講座の憲法改正では4項目に絞った経緯や必要性について詳しい解説を行い、今後は地方議員の皆さんが中心に勉強会等を開催し、国民運動に広げて頂く事をお願いしました。
第二講座は「地方創生」や「働き方改革」など、喫緊のテーマに分かれて議論を行い、その後、第三講座では日米首脳会談から帰国直後の安倍総裁が時局講演と党の進むべき決意を示されました。
政権奪還の原動力となってご努力いただき、いつの国政選挙でも中核となられる全国の地方議員の皆さんとの連携を強化し、党是である憲法改正への本格的な取り組みと、来年の統一地方選必勝を誓い合いました。
二階幹事長ご自身も県会議員出身ですので、大変理解があり、出席者からの「毎年やってほしい」との多くの声に「一過性にせず、何か知恵を出せ」という指示が私にありました。党大会は各県の幹部しか出席できないので、中堅、若手の皆さんが一堂に会し、党のアイデンティティを感じていただける良い機会になったと思います。責任者として、無事終わりほっとしております。
ST1_5426-8-3ST1_4723-8-3
※都道府県議会議員研修会・懇親会

 翌日の「桜を見る会」は晴天に恵まれましたが花は一輪もなく、さながら「新緑を見る会」となりました。いつもは八重桜が丁度良い頃なのですが、今年は一週間前でも散っていたそうで、諦めもつきました。
お招きした町会自治会連合会役員の皆さんと合流後、「国立映画アーカイブセンター」を視察しました。副長官時代の取り組みもあって、本年度から組織と名称を改め、より一層日本映画の振興をはかる拠点としてバージョンアップすることができました。今後、各町会単位の研修等にもご活用頂きたいと思います。(2017.3.17 ブログ「フィルムセンター」参照)http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/archives/52248914.html

IMG_3035IMG_3077
※桜を見る会
IMG_3097
※国立映画アーカイブセンター視察

 民進党と希望の党が合併し、「国民民主党」になるそうです。やはり希望の党は選挙用の緊急避難新党だったのでしょうか?さすがに今度ばかりはそこにはついていけない皆さんもいるようです。
永田町の離合集散は決して珍しい事ではありませんが、メーデーまでを時間軸に新党ができる事に違和感を覚えます。残念ながらこの一週間、維新を除く野党は財務大臣の辞任要求などを理由に審議の場に出てきませんでした。是非新党には国会へ出てくる党である事を望みます。

<おまけの一言>
 地方議員研修会の懇親会は奥様方もお招きして賑やかに行われました。
会場で「総理も幹事長も代行も『奥様、奥様』って、議員を男性を前提にしてませんか!」と女性議員からお叱りをいただきました。
確かにその通りで反省です。


IMG_20180421_135247
※大相撲八王子場所

IMG_3134
※みずき通り 花と緑のフェスティバル

IMG_3141
※八王子市防衛協会 創立50周年記念祝賀会

IMG_3121
※大久保長安 慰霊祭
 


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年04月21日

■次官辞任

 事務次官によるセクハラ疑惑は、引責辞任という事態となり、財務省の信頼失墜は深刻です。本人が「事実と異なり、訴訟も辞さない」と強がる理由は、どうやら前後のやりとりがあるという事のようですが、セリフが本物であれば、どういう状況下にせよ弁解の余地はないと思われます。ましてや文書書き換えの騒動の最中でのやりとりは、事務方トップとして、あまりにも責任感が無いと言わざるをえません。
一方、被害者とされる記者に相談されたという上司が自社では扱えない旨判断したそうですが、それでは社員を守れません。しっかり対応していれば週刊誌に持ち込むという以外の選択肢もあったはずです。

 外国人観光客に関する医療PTでは、国立国際医療センターと横浜中央病院を視察し、外国人の外来や救急医療について現場の声をうかがいました。医療通訳のスタッフや同時通訳などのシステムも導入しておりますが、中々診療報酬に加点がしづらかったり、未収やトラブルもあり、又、診察に時間がかかるなど、財政上は負の部分もありますが、いずれも医師としての使命感を持って前向きに取り組んでいる姿に敬服しました。月末には中間取りまとめを行い、政府に提案したいと思います。 
国立国際医療研究センター2
※国立国際医療研究センター

横浜中央病院2横浜中央病院4
※横浜中央病院

<おまけの一言> 
平日、久しぶりに地元に戻る事ができ、東村都議の都政報告会と商店研究会の総会に出席する事ができました。有名無実な第一党、都民ファーストでは都政は回らず、今や公明党幹事長の東村都議が議会のリーダーとして活躍頂いております。それを象徴するように、小池知事はじめ多くの支援者の集まる会でした。
IMG_2759
※東村都議 都政報告会


IMG_2807
※第7回はぎうだ光一グラウンドゴルフ大会

IMG_2750
※党青年部・青年局一斉街頭行動

IMG_2734IMG_2726
※元八王子八幡神社例大祭

IMG_2714
※伊藤壽昭先生告別式で弔辞



hagiuda1 at 13:08|Permalink

2018年04月13日

■葉桜も無く…

 女性部恒例の春の旅行会は11回目を数え、今年は岡崎城の桜と三谷温泉、翌日は大井川鐵道で蒸気機関車に乗るという企画でした。しかし、いつもならこの時期に満開のはずの800本の染井吉野は葉桜どころか新緑となっていました。日本中開花が早かったので、皆さんもうすうすは覚悟をしてくださっていたようで、新緑の散策を楽しんでいただきました。
公務の関係でとんぼ返りとなりましたが、温泉につかり、女性部の皆様から多くの激励をいただき、しっかり充電して永田町へ戻りました。
IMG_0358
※大井川鐡道のSL
IMG_2693
※女性部旅行会


 今度は今治市における国家戦略特区の関係で、当時の総理秘書官と面談時のやりとりのメモが報道されました。面談日から10日も経ってメモを作成している事や、官邸に長時間滞在していたなど、不可解な点は否めませんが、愛媛県側は面会の事実を認めました。来週はこの真偽をめぐって議論が続く事となりそうです。もちろん真実を明らかにする事は大切ですが、一方、日米首脳会談も控え、政府も重要な時です。又、国会は重要法案が山積しており、国対とも連携しながらしっかりと結果を出していく所存です。

<おまけの一言>
 市議会同期当選で、公私にわたりご指導をいただいた伊藤壽昭先生が急逝され、先ほど告別式でお別れの言葉を申し上げました。
一見強面の政治家でしたが、実は繊細で気遣いの人でした。楽しい思い出がたくさんあります。
まだ68歳、早すぎるお別れです。心からのご冥福をお祈り申し上げます。


IMG_2652IMG_2657
※西片倉町会 花見の会
IMG_2643
※滝山城跡桜まつり
IMG_2666
※八王子市消防団結団式


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年04月06日

■花見

 永田町の桜は散ってしまいましたが、週末の八王子ではちょうど満開に間に合い、各地の花見の会では皆さんの笑顔に会う事ができました。JR八王子駅至近の明神町3丁目町会では市議会の時代にお手伝いをして駐輪場脇に作った広場で花見を重ねてきましたが、再開発の関係で今年一杯で閉鎖となるそうです。遊具も置けないベンチだけの小さな広場でしたが、元々公園の無かった町会の皆さんは喜んで大切に使っていただきました。駅前一等地だけに、中々公園整備が困難ですが、開発に合わせて何とか皆さんが集えるオープンスペースの確保に努力する事をお約束しました。それにしても花見の会の主催者の皆さんは、この時期「ドキドキ」だそうです。先週末の町会や団体は大喜びでしたが、今週末は…。
IMG_2632IMG_3372IMG_2629IMG_2625IMG_2624
※八王子市内のお花見

 財務省に続き防衛省でも「不存在」と説明していた書類が存在していた事が明らかとなり、国会では混乱が続いています。党としても「公文書管理改革検討委員会」を立ち上げ、管理の徹底と政府で導入が始まった、更新記録が監視できる電子決裁システムの充実をはかり、再発防止策を講じてまいります。私たちの中でも「なぜ?」「どうして?」と首をかしげる事態ですが、国民の信頼を失ったら行政は立ち行かなくなります。ここは真に政治も行政も正念場です。毎日新聞に関連記事が掲載されましたのでご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/毎日新聞.pdf

<おまけの一言>
 私が会長を務める八王子シニアが3年連続となる全国選抜大会に出場しました。一昨年が3位、昨年が準優勝。順調に勝ち進めば週末は大阪へ応援に行く予定でしたが、残念ながら初戦敗退。夏に期待です!


IMG_3376
※自民党東京都連 支部長・総務合同会議で司会

IMG_3374
※プライムニュース反町キャスター最後の出演日に


hagiuda1 at 18:00|Permalink

2018年03月30日

■第85回自民党大会

 自民党大会は全国から約3500人の党員党友が参集し、盛会に終了しました。ゲストスピーカーには平昌オリンピックで金を含む3つのメダルを獲得した、スピードスケートの高木美帆選手が登場、又、恒例となったミニコンサートは谷村新司さんが「昴」、「群青」、最後は総裁こだわりの47都道府県の映像をバックに「いい日旅立ち」を会場の皆さんと合唱し、盛り上がりました。
前日の全国幹事長会議では、財務省による公文書書き換え事案について解明を求める意見が出され、私が答弁に立ち全国の皆さんの思いを受け止めました。
IMG_2550
※第85回自民党大会

IMG_2457IMG_2482
※党大会前日の屋台村  ※全国幹事長会議

 佐川元理財局長の証人喚問は検察の捜査中という事もあり、誰が?なぜ?という核心部分では証言を得る事ができませんでした。一方、野党が関連を強調してきた総理や官邸、夫人の土地取引への関与は明確に否定されました。今後は検察、又、省内での調査結果を待つと共に、再発防止策について検討を加えます。

 学生時代からの馴染みだった地元の焼き鳥屋「せんちゃん」が34年の歴史に幕を閉じる事になり、後援会青年部の皆さんと集まりました。八幡八雲神社の鳥居横に位置するお店は10坪に満たない狭い店ですが、多くの常連に愛され、いつも賑やかでした。ここ数年、オーナーの松崎さんが体調を崩され、又、店を任されていた大竹さん夫妻の奥さんが先日逝去され、仕込みをできる人がいないのが理由だそうです。
二階のテーブル席は15名も入れば身動きもできず、冷蔵庫から勝手に飲み物を出して、後で瓶を数えて会計します。市長選や都議選など、会合で結論が出なかった政治課題もせんちゃんの二階に移動して決まる事が多かった事から、私達の中では「八王子の歴史はせんちゃんで決まる」と言われる程、皆が心許して語り合える店でした。
〆の支那そばもこれが最後かと思うと、一抹の寂しさを感じました。
昨年から、後継者不在で行きつけのお店が無くなるケースが多く、個人経営の飲食店の難しさを感じます。
S_7703115863780S_7703115850673
※「せんちゃん」にて

S_7710170770022
※せんちゃんの支那そば

<おまけの一言>
 本日、石原慎太郎元都知事と共にプライムニュースに出演します。
BSフジ 20:00〜21:55
キャスターの反町さんが今日で番組を卒業するとの事で、記念すべき最終回に呼んでいただき光栄です。先程スタッフの皆さんと、「番組終了後に胴上げしようか」と話題になったのですが、重たそうなので止めました。(笑)


IMG_2430IMG_2435
※みなみ野病院 開院式典



hagiuda1 at 20:57|Permalink