2008年06月27日

■拉致をあきめない

拉致問題対策特命委員会 北朝鮮テロ指定解除阻止に向け歯軋りをする1週間だった。既に米朝協議の推移を見ると、26日に6者協議の議長国である中国への「核開発計画の申告」が提出されるのはほぼ確実視されていただけに、何とか拉致問題が棚上げされないよう仲間で駆け回った。党内でも日朝国交正常化を前提とした融和優先グループと、圧力と対話を掲げる強硬派とがそれぞれ会合を重ね、党総裁直属の拉致対策本部の会合には安倍前総理や家族会の飯塚代表他、救う会の佐藤会長も出席し、緊迫した議論が続いた。

 私も今月11日の北京での日朝実務者協議以前に総連関係者が新潟にマンギョンボン号の接岸料の見積りを求めた事実関係や、大統領が米議会に通告した後、45日間の議会側の対応のシミュレーションや解除取り消しの可能性、日米の拉致問題に対する今後の協議は「いつ、誰が行うのか」等、細かく外務省に質した。45日のタイムリミットの中で「今後も十分に協議する方針を確認」等と言うのんきな事を言っていないで、直ぐにでも米国へ特使を派遣するとか、せめて総理は早急に電話会談を行うべきと申し上げた。その甲斐あってか、福田総理はブッシュ大統領に早速電話をかけ、ブッシュ大統領も「拉致問題を置き去りにしない」旨、記者会見で一定のメッセージは発した。翌日は米大使館から調査員が当方を訪れ、指定解除が及ぼす今後の日米関係について質問があった。私は米側の立場も解るが「拉致がテロ」と国際社会に発したのは真に米国で、核施設の無能力化だけでその解除が行われるのは全く理解できない。最大の同盟関係である以上45日間の中で拉致解決を絶対条件に加えて欲しいと申し上げた。

 再調査を約束したとは言え、斉木局長とキム本部長の事務レベルの約束だ。小泉―金日成で約束して横田めぐみさんのニセ遺骨を提出する国が、役人同士の約束で何を出すのか?人道的支援物資というが、今まで北朝鮮へ食料や物質を送って、量より先の貧困な国民に届いた事があるのか?

 長年、地道にこの問題に取り組んできた警視庁公安のOB達が私の部屋を訪れ、ため息をもらす。北側は拉致の全容を承知しているはずだ。いたずらな調査で時間稼ぎをしたり、米側へのアリバイ工作に使われてはならない。くやしいが6者会議を離脱せず、一つずつ詰めていかなくてはならない。

 横田滋さんがいつも締めている青いストライプのネクタイは、解決を祈って八王子のネクタイ業 池田さんが織ってくれたものだ。

 自身の無力と向き合いながら決して諦めない決意で、日曜日は同じネクタイを締め同志の皆さんと街頭から訴える。


自民党青年部・青年局 全国一斉街頭行動
  『拉致を絶対にあきらめない』  東京会場ご案内
    6月29日(日)
      10:30〜 JR渋谷駅 「ハチ公」前 町村内閣官房長官 他
      13:30〜 JR吉祥寺駅北口     伊吹幹事長 他


hagiuda1 at 22:59│