2009年09月27日

■充電

 24日(木)に引継ぎ書に署名をし、幹部職員の前で退任の挨拶をして文科省を去った。伝統的なセレモニーだそうで、幹部職員が廊下や通路に並び拍手で見送ってくれたが、照れ臭さから「早く職場に戻るように」と声をかけ頭を下げた。一年前には役人の顔も役職も何人も分らなかったが、今では一人一人との仕事の思い出が甦り、胸が熱くなった。

 「政権交代があったのだから戸惑いもあるだろうが、新大臣以下三役の意向を踏まえ、新たな気持ちで仕事に臨んで欲しい。但し、地方教育行政との信頼関係や継続性は政治に翻弄される事の無いように体を張って守って欲しい」「教育に政治的中立性はあり得ないという民主党の主張に真っ向勝負をして欲しい」と挨拶で申し上げた。そして「いつの日か必ずここへ戻って来る」と誓いをたてた。

 シルバーウィーク、各地の敬老会ではお祝いを申し上げる以上に逆に励まされ、北島三郎さんには劇場にお招きいただき、明大会の村田支部長には大相撲に連れて行っていただいた。魑魅魍魎が跋扈する永田町では味わえなかった社会を垣間見る事も出来、色々考えさせられる。幕間の楽屋で北島さんからは「充電・充電」と励まされ「自分みたいな田舎者が東京で歌手になるなんてやっぱり無理なのか」と悩みながら6年間、ギターを抱いて流しで頑張った下積み時代の話を舞台から送ってくれた。

 わざわざ激励会を開いていただいた櫻井よし子先生からは「世の中に意味の無い事なんて一つもない。真正保守政治家として多くの識者があなたの再起を待っているんだから勉強する良い機会にしましょうよ。」と(財)国家基本問題調査会の政策委員への就任を要請いただき定例会へ出席する事となった。  

 石原知事からは「戦列から逃げるなよ」と冷やかされ、NPO法人東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の顧問の委嘱を受け、コペンハーゲンのIOC総会へも同席する事となった。

 多くの厚情に感謝しながら現職では経験出来なかった様々な勉強を積んで文字通り充電に務めたい。


hagiuda1 at 11:11│