2017年06月02日

■G7サミット

 イタリア・タオルミーナで開催されたG7サミットに随行しました。安倍総理はオープニングセッションでリードスピーカーの指名を受け、昨年の伊勢志摩サミットでの実績を踏まえG7の結束を訴えました。その甲斐あって、2日間の会議では終始、総理が議論をリードし、北朝鮮問題が初めて最優先課題として取り上げられ、ロシアや中国も含んだ国際社会の結束と行動が確認されました。又、自由貿易の重要性が共有され、保護主義への闘いでも一致する事ができました。昨年のサミットでは、北朝鮮問題は東アジアの問題と矮小化される向きがありましたが、この一年の度重なるミサイル発射と技術の向上は、米国から欧州にわたる広大な地域を射程にとらえ、もはや世界的脅威を疑う者はいません。
IMG_6206
※出発の様子

 会議の合間には2月以来となる日米、初めての日仏、貿易交渉大詰めの日EU、アウトリーチ会合に招待されたアフリカ諸国とも首脳会談を実施し、2国間の懸案事項等も話し合いました。
IMG_6267
※マクロン・仏大統領との首脳会談
IMG_6299
※ケニヤッタ・ケニア大統領との首脳会談

私はその都度記者ブリーフを行わなくてはならないのですが、警備の関係で同行記者団は会議エリアに近づけない為、今回は電話での対応となりました。会場のサン・ドメニコ・パレスホテルは修道院を改修した築150年を越える歴史と風格を感じるすばらしい会場でしたが、使える部屋に限りがあり、ブリーフ会場が定まらず随員も大慌てとなりました。それならばと開き直り、一番静かなホテルの庭から地中海を眺めてのブリーフに挑戦しました。海に向かって大声の日本語で話をする私を、イタリアの警備の人達は不思議そうに見守ってくれました。
IMG_6252IMG_6310
※海を眺めながらの記者ブリーフの様子

IMG_6320
※マルタ国 旧日本海軍戦没者墓地訪問
IMG_6357
※マルタ 日本人留学生と


 帰国直後、3週連続となる北朝鮮のミサイルで起こされました。しかも今回は日本の排他的経済水域内に着水したとの事で、大急ぎで官邸へ向かい、情報収集と対応に走り、党の対策会議にも出席し、夜はテレビにも出演しました。G7での真剣な議論を嘲り笑うかのごとき振る舞いは決して許してはなりません。早速、日韓首脳、日米外相等電話会談を行い、関係国との連携を確認しました。国連でも一段厳しい制裁決議を求めていきます。

〈おまけの一言〉
 どうにか出張許可を頂き、鈴木レオ総決起大会に出席しました。お陰様で会場あふれる多くの皆様にご参集を頂き、本人も力強く決意を語りました。残り一か月、何としても勝利を!
S_6169983177835
S_6168490922166
※鈴木レオ候補予定者 総決起大会


IMG_6388
※楊潔篪中国国務委員による総理表敬





hagiuda1 at 18:00│