お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

◎経費は予算ではなく、
  必要に応じてそのつど使う
 『予算制度』には大きな落とし穴があります。
『予算制度』は次年度の目標とする売上や利益
を実現させるために、これくらいの経費が必要
と事前に計画し、それに従って事業を運営して
いくものです。
 一般には、事業を計画的に進める上で有効な
制度とされています。ところが、『予算制度』では、
たとえ、売上が目標に届かない場合でも、経費は
自動的に予算通り使われていきます。
その結果、
予定通りに売上は伸びないのに、経費は予定通
り使われていくので、採算は急速に悪化してしま
います。
 どこの会社でも毎年売上目標数字を掲げてい
ますが、それに要する経費はあくまで、必要に応
じて、そのつど使うようにしていく
必要があります。
 経費は予算通りに使うのではなく、実際に必要
な時に使うことで、無駄のない高収益経営を実
現することができる
のです。

●日々採算を作り検証する
 売上目標を定めている会社は多いと思います。
売上は目標に達成したとしても、利益がマイナス
では経営は成り立っていきません。ぜひ売上目
標と同時に、利益目標を立て
ましょう。
 この利益目標は‘金額'でも‘前期対比'でも‘売
上比'でも何でもいいと思います。利益目標を立
てることによって、どのくらい経費を費やすかの
目安ができ、予算制度が出来上がります。ただ
し、予算制度を活かすためには、日々採算を作
り、検証しながら進めていく必要
があります。
 実際の売上が、売上目標を下回っており、利
益目標も下回っているのに、経費だけ費やすわ
けにはいきません。そのためにも日々採算表を
作りながら、目標と実額との差(予実対比)を検
証していく事が必要です。つまり、月ごとに予実
対比を行ない、検証する‘前月の数字を十分
把握して、次月にどの数字をどのように改
善していくか'
です。
 毎月毎月の繰り返しが、売上目標や利益目標
を達成させるとともに
予算制度を確実なものに
していくことができます。
 毎月毎月、毎日毎日の繰り返しが、よりよい経
営につながっていくのですね。


【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

当座必要なものを、
    必要な量だけ購入する
 「必要なものを、必要な時に、必要な量だけ購
入する」、これを『当座買い』といいます。
 原材料・部材・消耗品などの資材品、一括で大
量に購入をすれば安くなる、また、価格変動が
激しいものは、安い時にまとめて仕入れると得を
すると考えがちです。常識的には「まとめ買い」
の方が得に見えます。しかし、実際はそうではあ
りません。たくさんものを買えば、つい無駄に使っ
てしまい、余分なモノを管理するコストも必要にな
ります。
 さらに、お客様の仕様が変わればその部材を
使わなくなり、全て無駄になってしまいます。
 『当座買い』をすれば、手元に必要な量しかな
いので、節約して大切に使い、余分な管理コスト
もかかりません。
 『当座買い』は、まとめ買いよりもトータルでは
安くなるのです。

●大量購入と当座買い
 私は日々お客様の試算表や決算書を目にして
います。
 よく経営者の方に「利益は出ているのにお金が
残っていないのはなぜ」と聞かれます。
利益がでているかどうかは「損益計算書」で説明
します。「損益計算書」は、売上、仕入、人件費、
経費等収支状況を表します。
 一方お金の有無、資産や負債などの有無につ
いては「貸借対照表」にて説明します。つまり、利
益があるのと資産(財産)の有無とは異なるからで
す。
 また、「貸借対照表」においても、現預金の有無
は、その他の資産負債の増減に関係しています。
 現金商売の場合、売上があれば現金の増加と
なりますが、掛売の場合、売上とその入金となる
日が異なりますので、現金が増えたことにはなり
ません。仕入も現金を支払った段階で経費となる
ものばかりではありません。仕入れた材料や商品
が販売されるまで棚卸資産として、「貸借対照表」
に記載され、仕入れたものが経費として損益関係
に影響するのは、その商品が販売されたときにな
ります。
 大量に安く購入したから経費が少なくて済むと
思われますが、確実にその商品が販売されて初
めて経費となるのです。
 その販売される間は、その製品や商品の置き場
所、置く場所のの管理(管理する人の人件費)も関
係し、余分な出費へとつながるのです。
 必要な時に必要なだけ購入する。極力
この考え方をもとに、経営(事業)をしていただき
たいですね。


 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

倹約に徹する
 一般には、お金を無駄使いしないことを「倹約」
と言いますが、会社では経費を徹底的に切り詰
めて余分な経費をなくすこと
「倹約」に当たりま
す。経費の増大は採算を悪化させます。
 大切なことは、買うものが本当に必要なものな
のかを厳しくチェックし、すぐ要らないものは買わ
ない、今あるもので工夫して使えるものは買わず
に済ませる。どうしても必要な場合はできるだけ
安い物を最小限必要な数だけ買うことです。
 すぐに必要のないものを買い込めば、その分お
金が出ていくだけでなく、ものが増える分それを
置いておくスペースや管理の手間など余分なコス
トがかかります。
 モノを大切に使って、無駄なものは買わない。
それは誰にでもできる会社への貢献であると同時
に、限りある資源を大切にすることにもなるのです。

棚卸の重要性
 必要なものがその場所にあり、すぐに取り出せ、
取りに行ける状態であれば、余分に購入する必
要がなくなり、無駄な経費を増やすことにはなり
ません。
 製造時の部品等の在庫管理もさることながら、
一般に必要とされる事務用品や備品類などにつ
いても、棚卸をしておくことが大切
です。
 自分の机の引き出しに、いくつも同じモノがない
だろうか、ちょっと使っただけで新しいモノに交換
してはいないだろうか、いつかは使うだろうと、今
まで一度も使わないモノをしまってはいないだろう
か。
 製品を作る行程時の棚卸と同様、日々身の回り
においても棚卸を定期的にしておく
ことが、
「倹約」につながるものだと思います。
 晦日の大掃除の時しか見ていない備品類がな
いか、見直します。


このページのトップヘ