お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

◎採算意識を高める
 時間当たり採算制度(アメーバ単位)を導入することで、職場での仕事の結果が誰に
でもわかる
ようにします。
社員一人一人が経営者の意識を持ち、どうすれば自部門の時間当たりの採算を高め
ていけるか真剣に考え、実践しかなければなりません。
 床に落ちている原料や、職場の片隅に積み上げられている不良品が、お金そのもの
にみえるところまで、自分たちの採算意識を高めていかなくてはなりません。

●採算意識
 「採算意識」=「原価意識」です。“仕事をする上では全てに対し原価意識をもって仕事
をする”『採算を合わせる』は、『利益を得る』とい意味ではなく、常に『原価を考える』
いうことです。このことが、採算を向上させるカギとなります。
 仕事をしていく中で、コストがどうなっているかを考えずに、経営がうまくいくことはない
はずです。経営者が、自分が手掛けている仕事以外でも、様々な場面でその一瞬一瞬
で原価意識をもって物事を考えることができるかどうかで、経営は大きく影響してきます。
経営者は日々漠然と過ごしていてはいけません。いつ何時でも、原価を意識しなければ
なりません。

●自発的に採算を考えさせる
 従業員が自発的に「今日一日、いくらの利益を会社にあたえているか、いくらの損を会
社にあたえているかを考えてくれるようになれば、必ず経営はうまくいきます。
今自分がここでこうしているだけで、いったいどれくらいのコストがかかっているのか、と
いうことを全従業員に常に意識してもらわなければなりません。
また、従業員に意識してもらうことによって経営者の苦労も軽減されることになるのです。

●採算意識の習慣
 採算意識を常に持っていれば、自分が新しい事業を起こすという場合も「これは十分採
算が合いそうだ」また、「この事業は誰がやっても難しいかもしれない」ということがわかる
ようになります。
 仕事中でも遊んでいるときでも、常に原価意識を働かせて物事を見るようにすれば、
ビジネスチャンスはどんどん広がるでしょう。


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

◎目標を周知徹底する
 目標を達成するためには、その目標が全員に周知徹底されていなければなりません。
全員が目標を共有化し、自分たちのものになっていることが必要です。
 どの部門でも、当月の売上、粗利益、総生産高、付加価値等の数字が全員の頭にしっかり入っていて、職場の誰に聞いても即座にその数字が口をついて出てこなければなりません。
 各部門の全員が目標を周知徹底し、共有化を図ることによって、一人一人の参画意識が高められ、これが一丸となって目標達成に向かうエネルギーとなります。

●経営者マインドを持つ
 会社が小さいほど、末端の従業員まで協力をしてもらう必要があります。
末端の人にい至るまで全従業員が経営者と同じ思いを持てれば、全員の力を結集させることができます。
そのためにも、会社は情報をオープンにし、目標を周知徹底させるとともに、現状や結果も公開していく必要があります。
そうすると、透明性の高い経営を進めることができ、従業員みんなが経営者マインドを持ち、全従業員が、一人一人に経営者としての意識が芽生えます。

●労使関係
・経営者「経営者の苦労が従業員にはわからないだろう」
・従業員「給与が良ければいい、待遇を改善してほしい」
 労使関係ではこのような対立がよくあります。
 労使関係は対立する関係ではなく、共に経営者としての意識を持つ関係が望ましいと思います。
経営者と同じ立場で経営を考えてくれる従業員がいれば、労使の関係を超えることができ、
みんなが共同経営者であるという意識を持てれば、おそらく労使関係の対立はおこらないと思われます。

従業員に経営者マインドを持ってもらうために、何をしなくてはならないかを考える必要がありますね。


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

能力を未来進行形でとらえる
 新たな目標をたてるときは、あえて自分の能力以上のものを設定しなければいけません。
今はとてもできそうもないと思われる高い目標を、未来のその時点では達成するということを決めてしまうのです。そして、その時点にターゲットを合わせ、現在の自分の能力をその目標に対応できるまで高める方法を考えます。現在の能力で、できる・できないの判断をするのは誰でもできます。しかし、それでは新しいことや高い目標を達成することなどできるはずがありません。今できないものを何とか成し遂げようとすることからしか高い目標を達成することはできないのです。
 
●人間の能力は未来に向かって伸びている
 ‘能力を未来進行形でとらえる’と「こころを高める:32」の‘人間の無限の可能性を追求する’とは、対と
なしています。つまり、“無限の能力を信じる”ということです。人間の能力は未来に向かってどんどん伸び
ているということを前提として、自分の人生設計をする必要があります。
 多くの人は、現在の自分の能力で考え“できる”“できない”を判断しがちです。しかしこれは違います。
人間の能力は未来に向けて成長しているのですから、数年後には、今考えるとできそうにないことが、
できるようになるはずです。また、できると信じることで、人間は進歩していきます。
 今の自分の能力だけではできない、と判断するのではなく、今からでもいいので努力を始めます。
今から勉強していけば、それが未来に向かってすばらしい成長となる力となります。難しいことでも可能性を
信じ、努力をすればできる
のではないか、というように、まずは自分を信じることが大事です。
今の能力だけで自分を評価するのではなく、能力は未来に向かって開花していくことを信じ、努力してい
きましょう。

●できないだけが答えではない
 名南経営の社訓の中に『できないだけが答えではない』と、いうものがあります。
『ならばどうしたら可能か。いくつかの道を探り出すことが仕事であると心得ること』 
今の自分ではできなくても、未来の自分ならできる。また、自分ではできない・わからないことでも、同じ
職場の仲間で知っている者がいれば、できないことができることになります。すぐに「できない・わからない」
と言わないようにしています。
自分ではできなくても、できる人がいる、仲間がいることを信じることですね。
未来の自分ならできる、ということも信じることです。

このページのトップヘ