お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


〇公明正大に利益を追求する
 会社は利益を上げないと継続できません。利益を上げる必要があります。
自由市場において、競争の結果で決まる価格は適正な価格であり、その価格で商売をして
得られる利益は正しい利益です。現状の厳しい価格競争の中、自社において極力合理化し、
その商品やサービスの対価に付加価値を高めていく努力が利益の増加を生みます。
公明正大に事業を行ない、正しい利益を追求し社会に貢献していくことこそが経営です。

●企業の利益
 中小零細企業は、独占でやっている事業というのはほとんどありません。他の企業との厳しい
競争があり、その中で価格が決まります。自由競争の中で価格が決まるので、不当な利益を
得ることは困難です。(当初は大きな利益があっても競争相手が出てくるとその価格や利益は下が
っていきます)結果的には、リーズナブルで適正な利益しか得られないようになっています。
その適正な利益を努力して積み上げていくことで、企業の利益となります。

●正しい価格とは
 正しい価格とは何か、自分たちが提供するサービスがお客様にどのように評価されるのか
を考える必要があります。無料か有料か、有料ならいくらか、という判断をどのように決め
ていくのかを考えなければなりません。自分たちの売り物は何か?を明確にして、お客様に
発信できるようにしないといけないのです。それには、顧客が受ける価値を基本として値段を
決めていく
のが望ましいと思います。申し訳なさそうに顧客に言うのではなく、堂々と言える
ような、商品やサービスを提供していきたいものです。

*安売(適正価格より低く)は避けたいものですね。


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


○心をベースとして経営する
会社の発展のために一人一人が精いっぱいの努力をする、経営者も命がけで社員の信頼に
答える、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲の為ではなく、社員みんなが本当にこの会
社で働いてよかったと思う、素晴らしい会社でありたい。(稲盛塾長の思い)
人の心は移ろいやすく変わりやすいものですが、同時にこれほど強固なものはありません。
その強い心のつながりをベースにすることで、会社は成長するのです。


●頼りになるものは人の心
稲盛塾長は、‘少ない社員が心をひとつにして働いてくれること以外に、頼りになるものは
ない’と思われたとのこと。
一人一人の思いが違ったり、不平不満があるようではいけない。本当に心が一つになり、
信じあえる仲間、信じ合える心を持った集団を作り上げることが、会社の発展する道です。
このような集団であれば、どんな苦労にも耐えられると思います。
本当の親子・兄弟のような、何でも遠慮なくものが言え、理解し合える、心で結ばれた集団
を作ることで、会社が一つになるのです。


働く目的の中に、“働く仲間のために!”と思うことで、納得感が出てきます。
「自分は会社の売り上げに貢献しているのに、何も給与は変わらない、何もほめられない」
このような考えではなく、『会社の売り上げに貢献することで、仲間のためになっている』と
思うことにより、もっと頑張れるのだと思います。


6月8日は「ワールドオーシャンズデイ」でした。
世界の海はつながっているので、国を超えて、みんなで海のことを考えようという日です。
2009年に国連で定められた世界の海の日です。
毎年、この時期に私が所属する“NPO法人中部日本潜水連盟”主催で、世界最古の海水浴場と言われる‘大野海水浴場’(知多半島)の清掃活動を行なっています。
今年は、6月4日(日)に開催されました。
20170604-4ビーチをきれいにするだけでなく、海中・海底の掃除を行ないます。
スキューバダイビングの経験者達がタンクを背負い、海の中を掃除します。
潜れない人は、陸上にて海辺の清掃活動を行ないます。この作業はボランティアにより行われます。20170604-3
毎年、複数名の方が参加していただき、海水浴シーズンの前に海水浴客が怪我の無いように海水浴場の清掃を行うのです。
ビーチには、たくさんのプラスチックごみやたばこの吸い殻、ペットボトルや空き缶、中には使用済の注射器が複数ありました。
海の中はと言うと、古タイヤ、釣り人の、根がかり時の釣り糸やおもり、釣り針などを回収してきました。
これで安心して海水浴もできることでしょう!IMG_1831




20170604-1

実は、毎年行っていますが、年々このような行事の参加人数が増えてきています。
もちろん、参加を積極的に呼びかけてはいますが、フェイスブックで“NPO法人中部日本潜水連盟”にて案内をしているだけです。
参加者たちは、積極的にボランティア活動を行なうために、そのフェイスブックを探し参加の意思表示をしてきているのです。
毎回参加する方にお話をお聞きすると「私は何かの役に立つこと、誰かの役に立つことをするのが心地
よく、時間があれば積極的にこのようなボランティア活動に参加しています」
とのことです。
『何かの役に立ちたい、誰かの役に立ちたい』これこそ『利他の心』であると感じました。


『‘利他’とは何か』・・・見返りは求めず、何かの役に立つこと、誰かの役に立つこと、であるとしみじみと感じた、ワールドオーシャンズデイの活動でした。

皆さんも、参加してくださいね。
次回は、7月2日(日)「越前クリーンアップポロジェクト」(日本海越前海岸)
7月9日(日)「新舞子マリンパーク海釣り施設ビーチクリーニング」(知多半島新舞子)
8月27日(日)「河和港清掃活動」(知多半島)
と続きます。
20170604-2

このページのトップヘ