お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

〇心に描いた通りになる
物事の結果は、心に何を描くかによって決まります。
 ・どうしても成功したい===できる
 ・できないかもしれない===できない
心が呼ばないものが自分に近づいてくることはありません。
現在起こっているすべての現象は、自分の心の反映でしかないのです。従って、私たちは、怒り、
恨み、嫉妬心、猜疑心など否定的で暗いものを心に描くのではなく、常に夢を持ち、明るく、綺麗
なもの心に描かなければなりません。

このように心に描くことにより、実際の人生もすばらしいものになります。


●考え方
考え方、熱意、能力という三つの要素が掛けあわさったものが、人生、仕事の結果であり、その三要素
の中で、一番重要なものが、「考え方」です。
心に描いたもの、心に抱いたもの、自分が持っている考え方、思想、哲学、それらがそのまま人生に
現われます===心に描いた通りになるのです。

●因果応報
この仏教の教えである‘因果応報’の考え方として、"思念は業をつくる"「業」とは因果応報の因です。
思念は原因を作り、その原因は必ず結果を生む。要は、思うこと、考えること、その内容が重要であり、
その想念の中に悪いものを抱いてはなりません。

●積善の家に必ず余慶あり
この中国の言葉は、善行を積んでいく、陰徳を積んでいく家には必ず幸運が舞い込んでくる、という
意味です。私たちが使う「徳」とは、利他の心を持っている ということ。
他を慈しみ、思いやり、助けてあげる、そういう思いを持っている人、また、そういう思いを実行する人、
そういう人を「徳」のある人と呼びます。
高潔な哲学、思想を持っているから「徳」が高いというのではなく、世のため人のために尽くすことを
生涯の規範にしておられる方
こそ、「徳」の持ち主です。

私もこの「徳」を持てるように精進します。

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

〇一日一日をど真剣に生きる
 人生は、一人一人が主人公のドラマです。自分の心、精神というものをつくっていくこと、
また変えていくことによって、思い通りに書いた脚本の主人公を演じることができます。
人生は、自分の描き方ひとつです。ボーとして生きてきた人とど真剣に生きてきた人では、
脚本の内容は大きく異なります。自分を大事にして、一日一日をど真剣にいきていくことで、人生は
大きく変わります。

●生まれてきた意義
 "人生は筋書きのないドラマ"と言いますが、自分自身で筋書きは作れるのです。
まず、自分の存在は、今生きている世界・宇宙に必要である、自分は大切な存在である、と信じることです。
私たちは、必然性があってこの世界・宇宙に存在しており、この世界・宇宙が私たちの存在を認めています。
それだけ価値のあることなのだ、と信じることです。
これだけ価値のある人生を、ただ漠然と過ごすことがもったいないことなのです。この意義のある人生の中で、
一日一日をどのくらい真剣に生きるのか、生きているのか、これが人間の価値を作っていくのだと思います。
世の中において、自分は必要とされているのだから、生きている意義を重視し、真剣に生きていかなければ!


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

〇人生・仕事結果=考え方×熱意×能力
 人生や仕事の結果は、‘考え方’‘熱意’‘能力’の3つの要素の掛け算で決まります。
‘能力’‘熱意’は、それぞれ0点から100点まであり、これが掛け算なので、‘能力’を鼻に
かけ努力(熱意)をしない人より、普通の‘能力’しかない人が、誰よりも努力(熱意)することで
良い結果を残すことができます。これに‘考え方’が掛かります。‘考え方’とは生きる姿勢で
あり、マイナス100点からプラス100点まであります。考え方’次第で人生や仕事の結果は180度
変わってきます。このプラスの要素である“正しい考え方”をもつことが、重要なのです。

●この方程式は足し算ではなく、掛け算です。
 ‘能力’は多少劣っていても、‘熱意’が高ければ良い結果を残すことができます。
例)「能力」90 「 熱意」20   90×20=1800 
   「能力」50 「熱意」90   50×90=4500
  掛け算ですから、‘熱意’が大きいとその差は出てきます。
 ここに、‘考え方’が掛け算されます。

 この‘考え方’が、経営哲学、人生観です。
 ‘能力’は、我々がもって生まれたものなので、飛躍的に伸びるとは思えません。
 しかし、‘熱意’は自分自身の意思で決められます。
 さらに、‘考え方’には、マイナス100からプラス100まであるので、‘考え方’がネガティブだと、
‘能力’があって、‘熱意’があっても、‘考え方’がマイナスだと、その積はマイナスになります。
 この考え方が重要であり、正しいフィロソフィーを持つことが重要です。

考え方とは
 “人生を歩いていくための方向”と考えます。この方向というのは、水平線の方向であり、
 ゼロを基点としてこちらに100、その反対側に100という方向です。人生の歩く方向はプラスに歩いて
 いくか、マイナスに歩いていくかという単純な二方向しかありません。自分の考え方がプラスなのか
マイナスなのかがポイントです。

一度〝生"を受けた人生。考え方をプラスで良き方向性で進んで生きましょう。


このページのトップヘ