お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

値決めは経営である
 経営の生死を決めるのは値決めです。
・利幅を少なくして、大量に売る
・利幅を多くして、少量を売る
 この価格の設定はいくらでもあります。
 どれほどの利幅を取った時に、どれだけの量が売れるのか、またどれだけの利益が
出るのかを予測をするのはとても難しいことです。
しかしながら、自分の製品の価値を正確に認識したうえで、量と利幅との積が最大値に
なる一点を求めることが重要です。これは、経営する会社としてもお客さんにとっても納
得する値
でなくてはなりません。
この一点を求めて、値決めは熟慮を重ねて行わなければなりません。

値決め
 値決めとは、お客様が喜んで買ってくれる最高の値段を決めることです。
仕事がもらえる範囲で最高の値段を出す。これは営業担当者が軽々しく決められる
問題ではありません。値決めとは、営業の集めてくる資料や情報の真偽を調べて、
経営のトップが行なうものです。
 営業が何の知恵も働かさず、お客様に言われるまま、他社よりも安い値段掲示して
受注するのでは、経営は成り立ちません。

負のスパイラル
 ある食堂は、お客様が来ないから経営が成り立たないと、単価を値上げする。
しかし、お客はその価格に満足しない。よって来店する頻度が減る。その店は、お客
数が少なくなったので再度値上げをする。さらにお客は遠のく。
 ビジネスの本質がわかっていないと、この負のスパイラルができてしまいます。

値決めとは、高いから悪い、安いからよいという単純なものではなく、どういう戦略に
 基づくか、そこにポイントがあります。


いろいろなセミナーに参加していますが、その際に講師が引用する諺や
有名な方の言葉を耳にすることがあります。

最近、特に心に響いた内容を記載します。


【アフリカの諺】
(未来へ)
・もしあなたが、急いで行きたいなら、一人でいけ。
 しかし、もしあなたが遠くへ行きたいなら、一緒にいけ。


【星野富弘さん】(詩人、画家)
(利他の精神)
・命が一番大事だと思っていた時、生きるのが苦しかった。
 命より大切なものがあると知った時、生きているのが嬉しかった


【二宮尊徳さん】
(幸福)
・たらいの水を自分の方に引き寄せようとすると、水は向こうに逃げてしまう。
 相手にあげようと押すと、こちらに帰ってくる。
 “幸福”を独り占めしようとすると逃げてしまうが、相手のために尽くして
 いると“幸福”は勝手にやってくる。
(道徳)
・‘道徳’無し‘経済’は、“犯罪”です。‘経済’無き‘道徳’は、“寝言”です。


【鍵山秀三郎さん】(イエローハット創業者)
(掃除をすると、、、)
・心が磨かれる
・謙虚な人になれる
・気づく人になれる
・感動の心が育まれる
・感謝の心が芽生える

(継続の重要性)
・10年偉大なり
・20年おそるべし
・30年歴史になる

 それぞれに心に響くものがあります。。。。。

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

高い目標をもつ
 高い目標を設定する人には大きな成功が得られ、低い目標しか持たない人にはそれ
なりの結果しか得られません。
 自ら大きな目標を設定すれば、そこに向かってエネルギーを集中させることができ、
それが成功の鍵となります。  
 明るく大きな夢や目標を描いてこそ、偉大なことが成し遂げられるのです。
 
一歩一歩の積み重ね
 中小企業の経営においては、毎日毎日を一生懸命生きている(働いている)ことで
ちょっと先が見えてきます。
 その瞬間瞬間に全力を傾注して生きることも非常に大切です。一歩一歩の積み重ねです。
 「一歩一歩の積み重ね」と「高い目標を掲げる」とは矛盾しているように思えますが、
矛盾としてはいけません。
 あくまでも高い目標を立てながらも、一歩一歩、足元を見ながら堅実に歩いていくことが
重要です。

 常に高い目標をばかり見ていると、自分の力のなさを感じ、頓挫してしまいます。
高く掲げた目標は、潜在意識にしまっておき、一日一日を着実に歩み続けると、
とてつもないところまで歩いていけるものです。

●目標(夢)を持ち続け、一歩一歩着実に進んでいく。
 私は富士登山の経験がありますが、富士山の頂上を下から眺め、まず一歩を踏み出します。
6合目で頂上を眺め、「まだまだだなぁ」と思い、着実に登り始めます。7合目で頂上を眺め
「まだまだだなぁ」と思い歩き続けます。8合目で頂上を眺め「ちょっと近づいたかな」と感じ、
9合目で頂上を眺めると「かなり近づいてきた」と思い、再度一歩一歩踏み出します。
その結果、とうとう富士山を征服できることができるのです。
そうです。足元を見ながら一歩一歩歩んだ結果なのです。

富士山

このページのトップヘ