お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


実力主義に徹する
 組織を運営していく上で最も重要なことは、それぞれの組織の長には本当に力のある人が
なっているどうかです。本当に力のある人とは、職務遂行能力だけでなく、人間として
尊敬
され、信頼され、皆のために自分の力を発揮する
です。
このような人を組織の長とするような場や機会を与え、力を十分に発揮できるような組織風土
を作り上げていくことも必要です。実力主義によって組織の運営をしていれば、その組織は
強化され、皆のためになるはずです。

●年功序列はなくす方向に
 年功序列は今後減らしていくべきと思います。大家族主義で経営を進めますが、実力が
ないにもかかわらず、年をとっているから、社歴が長いからというだけでに据えるのは
なくさなければなりません。組織運営が回らなくなります。家族全員が路頭に迷うことにも
なりかねません。大家族主義でも仕事をしっかり遂行できる能力があり、人間として尊敬で
き、信頼できる人
組織のに置く必要があります。そのような人が事業を成功に導いて
いくことができ、全従業員の幸せを追求できることにもなります。
 家族主義でありつつも実力主義が必要なのです。


組織の長の決め方
 組織の長の決め方は、仕事をしっかり遂行できる能力があり、人間として尊敬でき、
信頼できる人’
ベストです。しかし、組織の大きさも大小あります。数人の規模でも組織は
組織です。そのになる人の決め手は、常に気づきの目線を持っているかどうかがポイント
であると思います。
を決める判断基準を、過去の実績で決めることだけはしないようにしましょう。
ただし、実力のある人は違いますが。


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


◎大家族主義で経営する
 お互いに感謝しあうという気持ち、お互いを思いやるという気持ちを持つことで、
信じあえる仲間を作り、仕事をしていくという基盤となります。
 家族のような関係なので、仲間が仕事で困っている時には、理屈抜きで助け合える。
また、プライベートなことでも親身になって話し合えます。
人の心をベースとした経営は、家族のような関係を大切にする経営でもあります。


●人の心をベースにした経営=家族の絆
 利害が相反しようと助け合っていけるのが親子であり兄弟です。
会社を家族にたとえ、「大家族主義で経営する」ことで、仲間との絆を深めていけます。
経営者と従業員、資本家と労働者という対立関係ではなく、親子のような、兄弟のような
人間関係で、会社を経営していこう、互いに心から助け合っていこうというものです。

●ただ、信頼関係と甘えは表裏一体です。
家族主義で経営していくと‘兄弟じゃないか’‘親子じゃないか’‘少し位いいではないか’
いった甘えがでてきてしまいます。
会社の効率的な経営からずれてきてしまう可能性があります。
「大家族主義」が甘えの構造になってしまってはいけません。
この点を注意しながら会社経営をしていかなくてはなりません。
会社はあくまでも“実力主義”なのです。



6月10日のブログで書きました「ワールドオーシャンズデイ」:国を超えて、みんなで海のことを考えようという“世界の海の日”の活動記録の記載から約1ケ月。
今回は、越前クリーンアッププロジェクト(日本海・越前海岸)にて、海の清掃活動を開催しました。もちろん私が所属する“NPO法人中部日本潜水連盟”主催です。
170702D

この場所は、毎年たくさんの人が海水浴に来る場所です。透明度がよいので人気があります。しかし、ゴミがよく流れ着いてしまう場所でもあり、海中の岩の間、テトラポットの間には、かなり昔のゴミもあります(ペットボトル、プラスチックごみ、空き缶、釣り針、浮き、等々)。

今回は、名古屋からボーイスカウトも参加してもらいました。陸上をボーイスカウト達、海中をNPO法人中部日本潜水連盟所属のダイバー達で行ないました。ゴミはこのとおり。ダイバーが9名しかいなかったのですがこれだけありました。

170702I
午前中に清掃活動を行ない、昼食はボーイスカウト達によるBBQです。
ボーイスカウト達はさすが、段取りがよく手際がいい。BBQの内容も私達がこじんまりやるのとは違い、大勢の参加者で行なうのに慣れているのでしょう、素晴らしいBBQでした。(ただビールが飲めないのが残念でしたが、、、)おかげで、満腹感満載で、大満足です。170702G
170702A

午後からは、参加してもらったボーイスカウトの隊員に、スキューバダイビングを
体験してもらいました。参加者が12名とかなり多かったのですが、インストラクター3人が付き添い、海の中を安全に、また、楽しく見てもらうことができました。

嬉しいことに、最後の挨拶時に「また、体験したい人!」の問いにい対して、全ての子供達がサッと手を挙げてくれました。みんなが楽しかったと言ってもらえたことに感謝です。

この日の活動は、午前中は海の清掃で、これから海水浴を楽しみに来る人達に、怪我や嫌な思い「ゴミが落ちてる」をさせないような清掃活動を行ない、午後からは、初めての体験ダイビングで、海の中の綺麗な姿をみて感動してもらい喜んでもらうことができました。170702P

人のために何かをするというのは本当に気持ちのいいことです
170702N







前回も、このような清掃活動に参加する人になぜ?との質問に、「私は何かの役に立つこと、誰かの役に立つことをするのが心地よく、時間があれば積極的にこのようなボランティア活動に参加しています」との返事が返ってきましたが、『何かの役に立ちたい、誰かの役に立ちたい』これこそ『利他の心』であると、また感じてしまいました。


皆さんも、ぜひ参加してください。
次回以降の開催日は
7月9日(日)新舞子マリンパーク海釣り施設ビーチクリーニング(知多半島)
8月27日(日)河和港清掃活動(知多半島)
です。

このページのトップヘ