お客様と共に歩む企業経営

税理士法人名南経営 萩原瑛司 公式ブログ

【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


○成功するまであきらめない
 成功するかしないかは、その人の持っている熱意と執念に強く影響します。
何をしても成功しない人は、熱意と執念にかけていると思います。できない理由を先に
探しているという状況であると思います。
成功するには、目標達成に向かって粘り強く最後まであきらめないで、やり抜くことが
必要
になります。


●事業経営の場合、どこまでが成功と言えるかははっきりしません。ただ、その会社が
つぶれたら失敗であったと知ることができます。経営者は「こういう会社にしたい」と
いう強い願望から、目標とする規模まで到達すれば、成功したと考えてよいと思います。
自分が立てた目標まで、あきらめずに粘って努力を続ける、という姿勢が重要です。


「余裕のある経営」は成功の前提
“成功するまであきらめない”と、事業を進めるにあたっては、常に“土俵の真ん中で
相撲をとる”
つまり、余裕のある経営を行う、ということが肝心です。
松下幸之助さんのいう「ダム式経営」の考え方も重要です。雨水を一旦ダムに溜め、
それを必要に応じて放出すれば、川の水を絶やすことなく有効に水を使うことができる
、つまり、経営も景気に変動されることなく資金を貯蓄し、必要に応じて使用していく
という余裕のある経営をすべきということです。

 この余裕のある経営ができていないと、“成功するまであきらめない”という手法は
使えないのです。成功するまで粘ることのできる余裕をもつことが前提です。



【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

○見えてくるまで考え抜く
 仕事をしていく段階で、その結果が見えてくるというような心理状態にまで達していなけ
ればなりません。頭の中でシミュレーションを繰り返していると、夢なのか現実のものなの
かの境界がなくなります。するとやってもいないことが、あたかもやれるように感じられ、
次第に「やれる」という自信が生まれます。これが「見える」という状態です。 
「みえる」状態になるまで深く考えなければいけません。「見える」という状態になるまで
深く考えることによって、創造的な仕事や壁のある難しい仕事に対しても、乗り越えられる
ことになります。

●見える化
 ここでいう「見える化」は、成功のイメージをもった「見える化」です。
着手する前に、結果をイメージすることです。製品を作るのであれば、その完成品の姿が見
えてくるまでシミュレーション
をします。「白黒」ではなく「カラー」になるまで考え抜くことが
重要です。事業を行う場合でも同じことです。そこまで徹底して考え抜けば、必ず成功する
はずです。
 
 物事を進めるにあたっては、まずゴール(結果)を意識して(イメージして)事にあたること
が重要になります。このゴールに向かって、いつ、どこで、だれが、誰に、何を、どうやって
進めていくのかをしっかり計画立案し、そして行動していくことになります。


【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


○有言実行でことにあたる
 自分自身から手を挙げて「私がやります」と宣言し、自分が中心となってやることを周囲に
知らしめます。これをすることによって、周りと自分にプレッシャーをかけ、自分自身を奮い
起こすことと自分自身を追い込む
ことによって、目標達成を意識します。
 朝礼や会議の場でも、自分の考えを明らかにすることにより、その言葉で自分自身を励まし
実行することのエネルギーとします。


●「不言実行」と「有限実行」
 男は黙って実行する、というのが美徳であることのように思われますが、自らが「やる」
と宣言することで、その言葉が‘言霊’となり自分に返ってきます。言葉を実行のエネルギー
に変換するということになります。
 さらに、「こうしたい」と公言することが自分自身の約束となります。公言した以上責任が
発生します。この責任感で自分自身を縛り、完遂させていくこと
ができます。要は、言って
しまった以上、逃げ場がなくなり(逃げ場をなくす)自分に足かせをはめるのです。
 
●幹部が経営者から「やってください」と言われ、「わかりました」と受けた場合と、自分自
身が「こうしたいのでします」と宣言した場合とでは結果は異なると思います。
 幹部も社員も自ら進んで目標を公言する、実行するという状況が、雰囲気も明るくし業績も
伸びる企業となることでしょう。

“言ったからにはやる!!”==オオカミ少年にならないように!!


このページのトップヘ