【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


○心をベースとして経営する
会社の発展のために一人一人が精いっぱいの努力をする、経営者も命がけで社員の信頼に
答える、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲の為ではなく、社員みんなが本当にこの会
社で働いてよかったと思う、素晴らしい会社でありたい。(稲盛塾長の思い)
人の心は移ろいやすく変わりやすいものですが、同時にこれほど強固なものはありません。
その強い心のつながりをベースにすることで、会社は成長するのです。


●頼りになるものは人の心
稲盛塾長は、‘少ない社員が心をひとつにして働いてくれること以外に、頼りになるものは
ない’と思われたとのこと。
一人一人の思いが違ったり、不平不満があるようではいけない。本当に心が一つになり、
信じあえる仲間、信じ合える心を持った集団を作り上げることが、会社の発展する道です。
このような集団であれば、どんな苦労にも耐えられると思います。
本当の親子・兄弟のような、何でも遠慮なくものが言え、理解し合える、心で結ばれた集団
を作ることで、会社が一つになるのです。


働く目的の中に、“働く仲間のために!”と思うことで、納得感が出てきます。
「自分は会社の売り上げに貢献しているのに、何も給与は変わらない、何もほめられない」
このような考えではなく、『会社の売り上げに貢献することで、仲間のためになっている』と
思うことにより、もっと頑張れるのだと思います。