【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。


実力主義に徹する
 組織を運営していく上で最も重要なことは、それぞれの組織の長には本当に力のある人が
なっているどうかです。本当に力のある人とは、職務遂行能力だけでなく、人間として
尊敬
され、信頼され、皆のために自分の力を発揮する
です。
このような人を組織の長とするような場や機会を与え、力を十分に発揮できるような組織風土
を作り上げていくことも必要です。実力主義によって組織の運営をしていれば、その組織は
強化され、皆のためになるはずです。

●年功序列はなくす方向に
 年功序列は今後減らしていくべきと思います。大家族主義で経営を進めますが、実力が
ないにもかかわらず、年をとっているから、社歴が長いからというだけでに据えるのは
なくさなければなりません。組織運営が回らなくなります。家族全員が路頭に迷うことにも
なりかねません。大家族主義でも仕事をしっかり遂行できる能力があり、人間として尊敬で
き、信頼できる人
組織のに置く必要があります。そのような人が事業を成功に導いて
いくことができ、全従業員の幸せを追求できることにもなります。
 家族主義でありつつも実力主義が必要なのです。


組織の長の決め方
 組織の長の決め方は、仕事をしっかり遂行できる能力があり、人間として尊敬でき、
信頼できる人’
ベストです。しかし、組織の大きさも大小あります。数人の規模でも組織は
組織です。そのになる人の決め手は、常に気づきの目線を持っているかどうかがポイント
であると思います。
を決める判断基準を、過去の実績で決めることだけはしないようにしましょう。
ただし、実力のある人は違いますが。