【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

値決めは経営である
 経営の生死を決めるのは値決めです。
・利幅を少なくして、大量に売る
・利幅を多くして、少量を売る
 この価格の設定はいくらでもあります。
 どれほどの利幅を取った時に、どれだけの量が売れるのか、またどれだけの利益が
出るのかを予測をするのはとても難しいことです。
しかしながら、自分の製品の価値を正確に認識したうえで、量と利幅との積が最大値に
なる一点を求めることが重要です。これは、経営する会社としてもお客さんにとっても納
得する値
でなくてはなりません。
この一点を求めて、値決めは熟慮を重ねて行わなければなりません。

値決め
 値決めとは、お客様が喜んで買ってくれる最高の値段を決めることです。
仕事がもらえる範囲で最高の値段を出す。これは営業担当者が軽々しく決められる
問題ではありません。値決めとは、営業の集めてくる資料や情報の真偽を調べて、
経営のトップが行なうものです。
 営業が何の知恵も働かさず、お客様に言われるまま、他社よりも安い値段掲示して
受注するのでは、経営は成り立ちません。

負のスパイラル
 ある食堂は、お客様が来ないから経営が成り立たないと、単価を値上げする。
しかし、お客はその価格に満足しない。よって来店する頻度が減る。その店は、お客
数が少なくなったので再度値上げをする。さらにお客は遠のく。
 ビジネスの本質がわかっていないと、この負のスパイラルができてしまいます。

値決めとは、高いから悪い、安いからよいという単純なものではなく、どういう戦略に
 基づくか、そこにポイントがあります。