【京セラフィロソフィーからの学び】

各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
個々人としてもすばらしい人生を送るために‘心を高める’ことを継続していきます。
同じ想いを共有する仲間を増やしていきたい、と強い想いがあります。
京セラフィロソフィーは、稲盛和夫氏が「人間として何が正しいのか」を自分自身に問い、
真摯に仕事や経営をする中で、生まれた考え方です。

健全資産の原則を貫く
 日々棚卸資産等購入する時には、必要な時に必要なものだけを買い入れ、必要なものだけを作ることが原則です。余分な ものを買ったり、余分なものを作ったりすると不良在庫を発生させ、無駄な経費を使うことになります。
 万一、不良在庫が発生した場合には、ただちにこれを処理することです。一時的には損失を出すことになりますが、目先の数字にとらわれず、勇気を持って不良資産を処理しなければなりません。これをしないで先送りすると、さら大きな損失につながります。
 経営は常に‘健全な資産’状態で行われる必要があります。

●不良在庫という認識
 倉庫に数年残っている品物は、売っても二束三文にしかなりません。そのような不良在庫や不良資産を経営者自身が棚卸しをして、不要なものはなるべく落とすようにしなければなりません。
 重要なことは、不良資産を落とすということは、自分の都合によってするものではなく、利益がどうであれ、常に健全な資産だけを残すようにすべきだということです。

●実際のお金の流れを正確に把握する。
 実際のお金の流れをきちんと把握しておくこと、つまり、キャッシュフロー経営を実現することが大事だという
ことを理解しておくべきです。


●当座買いに、大きなメリットがある。
 京セラは、材料は必要な分だけしか仕入れないことを原則としています。
当座買いは、一般的には高くつくだけで常識に反するやり方だと思うのですが、そうではなく、実に合理的な
買い物の仕方です。当座買いは高くつくので必要な分だけしか買いません。必要ギリギリの数しかないと思うと
どんなものでも丁寧に、大事に使うようになります。逆に倉庫に多くあると、どうしても粗末に扱いがちです。
ネジやボルトを落としても、数が多くあると探そうとしませんが、少ないと探し出そうとします。
また、必要な分しか買わなければ、倉庫も必要なく、管理費も必要ありません。
在庫がないから在庫金利も発生しない
ことになります。


※必要な時に必要な分だけ。これはトヨタのカンバン方式も同じだと思います。
 無駄な費用は極力なくし、必要最低限のものを購入し使用する。これ徹底していれば、自ずと利益がでて
くるのではないかと思われます。
私の身の周りでも、無駄遣いしていないかを見渡してみます。