*新年度(201804~)を迎える会社
 新年度を迎えて、来期の計画や目標、5ケ年計画等を立てている企業さんは多くあると思います。
 経営者だけでなく、全社員にも共有してもらえるよう、全社員を対象にした経営計画発表会をする
企業様も多くあるでしょう。
 私も4月早々、そのような計画発表大会に招かれることがあり、先日も来賓として参加させていた
だきました。約300人の従業員(本来は約400名近い社員がいますが、店舗の営業等の関係で約
300人が参加)を前に、経営陣が合宿までした経営計画をしっかり発表し、「今後この会社は〇〇の
方向にいきます。」とはっきり説明をする。「一緒に頑張りましょう!」ということを全社員に伝えること
で士気が高まります。
*社員への士気
 社員をやる気にさせる方法もよい点がありました。それは全社員の前で、様々な表彰を行うという
ことです。最優秀賞、努力賞、等々。表彰された理由をはっきり説明し、最後にコメントをもらう。
「もっと上の賞を狙ってました。」「周りの諸先輩の方々のおかげです。」「この賞に恥じぬよう今期も
頑張ります。」というコメントがメインとなりますが、特に感じるのが『感謝の言葉』です。
 自分一人の力ではできない、周りの協力があってできることが多いということでしょう。私も社員の
方に最後に話をさせてもらいますが、「来年も賞がいただけるよう努力します」とのコメント聞いてい
る他の社員に一言。
 「多くの賞の発表がありましたが、なぜこの賞がもらえたのか、どうすればこれらの賞をもらうことが
できるのか。簡単なことです。今回賞をとった方を見習えばよいことです。」と話しました。

*聞く側の意識
 とかく、セレモニー的なことで終わりがちなこれらの表彰ですが、経営陣からの一方通行の話しでは
なく、聞く者に感じさせること、聞くもの意識を、より良いもの、よりよい形に追求していくこと
が必要
であると感じました。その意味では、今回の企業様は、しっかり話す人の顔を見て、目を見て聞くこと
のできる社員が多かったのです。

この企業様の、来期が楽しみです!