【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった
中でまとめられた考え方です。

◎会計は、経営の羅針盤
  会計の数値は、飛行機のコックピットにある羅針盤の数値にたとえることができます。
パイロットが計器盤を見ながら飛行機を操縦するように、経営者は会計数字を見ること
で会社の舵取りを行います。
 もし飛行機の計器盤がくるっていたら、正しく飛行することができないように、会計数字
がいい加減であれば、会社は誤った方向に進んでしまいます。
 会計とは、企業経営において羅針盤の役割を果たすものであり、「経営の中枢」と呼
べるほど重要ものなのです。

●役割
 飛行機の計器盤はいくつもあり、その一つ一つが正しく作動しなければ羅針盤の意味
がありません。会社経営に例えると、その計器盤の内容には‘営業’もあり‘製造’もあり
‘経理’もあり、あらゆる経営の中枢が集まっています。その結集したものが目に見える
“決算書”となります。どの分野も重要で、なくてはならいないものです。
 経営者の役割は、これらをどう見て、どう動かし、どう予測するか。経営者の役目は非
常に重要で大きなものですね。