【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしていきます。
稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった
中でまとめられた考え方です。

◎日々損益計算書をつくる
 経営を行うということは、大所高所に立ち、局面でツボを押さえていくことで成り立つ
ような、いわば名人芸ではありません。もっと、地道な日々の活動ではないかと考えて
います。
 経営とは、日々の数字の集積です。毎日の経費や売上の積み上げ無くして、経営は
できません。つまり月末の損益計算書を見て経営を行うのではないのです。
 毎日のオペレーションの積み上げで月次の損益計算書が作られるのですから、日々
損益計算書を作っているのだという実感を持って経営に当たる
べきです。
 もし、毎日のオペレーションの数字を見ないで経営を行うとするならば、飛行機に乗っ
て、その日1日計器を見ないで操縦するということと同じです。飛行機はどこへ飛んでい
き、どこへ着陸するのかわからなくなってしまいます。
 同様に、日々の経営から目を離したら、目標に到達するわけがありません。それでは
経営にならないのです。
 損益計算書は、全社員の毎日の生き様が累積した結果だと考えています。

●毎日の積み重ね
 現代社会での経営は、外部環境によって会社の進むべき内容が目まぐるしく変わっ
ています。その行く末を『今期の決算がでてから』『半期の数字がでてから』では、判断
が遅れてしまいます。毎日毎日の状況を意識して見ていかないといけませんね。