【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

一対一対応の原則を貫く
 物事を処理するためにあたっては、どんぶり勘
定でとらえるのではなく、一つ一つ明確に対応さ
せて処理することが大切
です。例えば、伝票無し
で現金やモノを動かしたり、現金やモノの動きを
確認せず、伝票のみで処理するというようなこと
があってはなりません。
 売掛金の入金チェックにしても、どの売上分を
どの入金分で受け取ったのかを個々に対応させ
ながら、一対一で消し込むことが必要です。
 また、生産活動や営業活動においても、収益と
それを生み出すために要した経費を正確に対応
させ、厳密な採算の管理を 行うことが必要です。

●現物確認の重要性

 ‘モノと伝票’‘伝票とお金’等、経営をしていく
中で、とても大切で重要なことです。
 会社組織も大きくなってくると、‘モノ’だけを扱う
部門、‘入出金’だけを扱う部門、‘受注’のみを行
なう部門等、様々な部門に細分化され、効率よ
く企業運営されていきます。
 ただ、効率性だけを追求していくのは危険です。
各部門ごとの繋がりがしっかりできていなければ
マイナスに働く場合もあります。‘モノ’は作ったは
ず、納品したはず、請求したはず、入金したはず
など、その時その時に確認を怠ると、やったことが
結果につながらない場合も出てきます。
 全体を見る目を必要になります。
 管理部門、、、重要ですね。