【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】
  各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

◎伝票と対応させるモノの単位の基準
を明確
にする
 伝票とモノを一対一に確実に対応させるには、
伝票の明細と現物を一つひとつ突き合わせてチ
ェックする必要があります。その時、伝票に記載
されている単位とモノを管理している単位が違っ
ていれば、一対一に対応させることは困難にな
ります。
 従って、予めもっとも合理的なモノの単位の基
準を定め
、その単位を使ってモノを管理すること
が重要なのです。
 単位の中には「箱」や「パレット」など製品によっ
て含まれる数量が異なるものもあります。一対一
の対応
を守るためには、明確な単位の基準と明
細書をつけるなどの管理手順を合理的に定め、
それに従って確実に管理することが必要です。


●現物確認
 伝票とモノを対応させるときは、やはり現物を
しっかり確認する必要があります。
 合理的な単位を定め、その単位によってその
都度モノの確認と計算がされていることの確認
を行ない、次の工程に移行するのが、間違いな
く進んでいくポイントになると思います。
 私たちも‘現場主義・現物主義’という行動指
針がありますが、お客様の経理内容においても、
出てくる数字を請求書や領収書で確認し、その
内容のモノが何か、全て経費にしていいものか、
固定資産計上すべきモノはないかを自分の目
で確認することを肝に銘じています。
 定期的な事柄があれば、「前回と一緒だろう」
「いつもと一緒だろう」という“だろう”でその事柄
を終わらせず、現物を確認し、自分の目で確か
める
こと
が、誤りを防ぐポイントですね。
‘だろうの排除’ですね。