【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。


◎売上と・生産とそれにかかった
    経費を対応させる
 月々の試算表や決算書の推移を見ていると、
毎月の売上はさほど変動していないのに、毎月
の利益が大幅に上下している場合があります。
 こうしたケースの多くは、本来であればその月
の経費として処理すべき伝票が、翌月へ回され
ているため
に起きているのです。
 売上や生産は上がっているのに、それにかか
った経費が翌月回しになれば、その月の利益は
膨らみますが、そのかわり翌月は経費が増えて、
利益が大幅に減少します。
 経費をタイムリーに処理し、売上と生産とそれ
にかかった経費を一対一に対応
させておくこと
が大切です。

●月ズレ、期ズレ
 経営の判断をする時に、収支状況が基本となり
ます。基本的に発生主義によります。ただ、“利益
があって銭足らず”
というように、「数字上は利益
があるのに、資金がない」
という状況もよく見られ
ることです。これは、売上というのは納品や販売し
た時に計上されますが、集金が翌月になって入金
されるケースや、債務の返済を多くしてしまう場合
などが原因となります。毎月の経営判断に影響し
ます。

 私たちの仕事では、事業年度をまたぐ場合に特
に注意をしています。‘期ズレ’の問題があります。
収入に上げなければならないものを翌月になって
いたり、仕入れた材料や商品を棚卸として計上す
ることがもれていたりする場合には、修正申告を
しないといけない状況になってしまいます。
 ‘期ズレ’には、特に経理上も経営上も神経を使
う事項です。