各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

倹約に徹する
 一般には、お金を無駄使いしないことを「倹約」
と言いますが、会社では経費を徹底的に切り詰
めて余分な経費をなくすこと
「倹約」に当たりま
す。経費の増大は採算を悪化させます。
 大切なことは、買うものが本当に必要なものな
のかを厳しくチェックし、すぐ要らないものは買わ
ない、今あるもので工夫して使えるものは買わず
に済ませる。どうしても必要な場合はできるだけ
安い物を最小限必要な数だけ買うことです。
 すぐに必要のないものを買い込めば、その分お
金が出ていくだけでなく、ものが増える分それを
置いておくスペースや管理の手間など余分なコス
トがかかります。
 モノを大切に使って、無駄なものは買わない。
それは誰にでもできる会社への貢献であると同時
に、限りある資源を大切にすることにもなるのです。

棚卸の重要性
 必要なものがその場所にあり、すぐに取り出せ、
取りに行ける状態であれば、余分に購入する必
要がなくなり、無駄な経費を増やすことにはなり
ません。
 製造時の部品等の在庫管理もさることながら、
一般に必要とされる事務用品や備品類などにつ
いても、棚卸をしておくことが大切
です。
 自分の机の引き出しに、いくつも同じモノがない
だろうか、ちょっと使っただけで新しいモノに交換
してはいないだろうか、いつかは使うだろうと、今
まで一度も使わないモノをしまってはいないだろう
か。
 製品を作る行程時の棚卸と同様、日々身の回り
においても棚卸を定期的にしておく
ことが、
「倹約」につながるものだと思います。
 晦日の大掃除の時しか見ていない備品類がな
いか、見直します。