【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

◎在庫は可能な限り持たない
 在庫を持っておく方が、営業はお客様から注
文があった場合にすぐに納品ができ、製造も計
画的に生産ができて良いという意見があります。
 営業・製造の立場からみればそうかもしれま
せんが、会社全体からみれば、「できる限
り在庫を持つべきではありません」
製品はお客様に買っていただいて初めて利益
を生む
ものです。
 それを在庫として置いておくことは、会社のお
金を寝かしているのと同じです。その上、倉庫
代や金利などの余計な費用までかかります。
さらに在庫の市場価格が下がったり、商品価値
がなくなってしまうこともあるのです。それ故、
「可能な限り在庫を持たない」ことを
経営の基本
としています。
 市場のニーズを的確に先取りした事業運営を
行ない、製造プロセスや出荷業務の合理化によ
る短納期化に努めることで、在庫をできる限り消
滅していくことが必要なのです。

●在庫を極力持たないための工夫
                    必要
 在庫を極力持たないための工夫が必要です。
在庫は商品として顧客に売り上げて初めてお金
にかわります。‘在庫はおカネ'ということを認
識し、日々在庫を極力待たないための創意
工夫
をしていきましょう。
 それには、経営者や現場の責任者の‘先見の
明'も必要です。どの製品や商品がいつ売れる
のか、現状及び先行きの市場のニーズを先
取りした経営を行なう
必要があります。在庫を
極力持たないための決め手の一つです。
 また、製造の工程や商品の購入、販売におけ
る業務を創意工夫により合理化し、より早く、よ
り短い時間で対応することも必要です。
 単純に作ればいい、売ればいい、という認識で
すと、知らない間に在庫は膨れてきてしまいます。
 関わる者すべてが意識的に在庫の管理をして
いくことが求められるのではないかと思います。