【稲盛和夫氏の“会計学”からの学び】

 各々に気づきがあり、仕事、業務に活かしてい
きます。稲盛和夫氏の“会計学”は、京セラフィロ
ソフィとともに、真摯に仕事や経営を行なった中
でまとめられた考え方です。

100%でなければ達成とは言わない
 実績は、目標を100%達成して初めて、本当に
達成したと言えます。それが、99,9%であったと
しても達成したとは認められないのです。 
  一生懸命努力したのだから、少しくらい大目
にみてもいいのではないか」と思う人がいるかも
しれませんが、それでは本人にとっても、会社に
とっても決してプラスになりません。もし「90%達
成でもよい」となれば、次はそれが基準となって
しまいます。そして、次には「一生懸命努力した
のだけれども80%しか達成できなかった」となり、
目標達成のレベルはだんだん下がっていきます。
目標値を次々に下げていくようでは、事業は成
功するはずがなく、会社が発展し続けることはで
きません。
 高い目標を掲げ、見事に100%達成してこそ、
喜びや、さらなる高い目標へ頑張ろうとするやる
気を生み出します。その連続が事業を大きな成
功へと導くのです。

99%の仕事は0点と同じ
 私どもの組織では、行動指針“仕事の姿勢3つ
のポイント”というのがあります。その一つに『99点
の仕上がりは0点と同じ』
があります。その内容は
「常に最低100点の仕事にプラスアルファして初め
て、プロとしての報酬をいただけることを仕事と心
得ること』

 私たちの仕事は計算をメインにしています。従っ
常に100%の仕事でなければなりません。100%
が当たり前の仕事
です。その上でプラスアルファの
仕事、つまりお客様に100%の業務にさらなる価値
を与えられるような仕事をして、初めて我々の仕事
である、ということです。
 今回の題目の100%でなければ達成とは言え
ない”
では、事業を経営する点での目標達成への
心構えという点ですが、その目標は、100%でなけ
れば達成したことにはならないということです。
 つまり、努力目標ではなく、必達目標とし
て業務を遂行していくということです。
 重要なのは、その目標決めたら、遂行できるよう
な緻密な計画をたて、定期的に検証し、確実に目
標達成できるような修正を加え(何ができてなくて、
どうしたらできるか)、再度達成できるよう努力をし
ていくことになります。
 ここでも【P⇒D⇒C⇒Aサイクル】は重要な
ことになります。常にPDCAを心がけましょう。