image


さんま。。さん!?


image


あ!さんま‼︎ そっち⁉︎

image


しょーゆーこと♪♪


!?



image


さんちゃ〜ん♪


でた!めっかっちゃった‼︎‼︎





さてあなたはどの『さんま』が好き?笑





有名な目黒のさんま祭り行ってきました〜


image



目黒駅前がモクモク



エ!!2時間待ち〜‼︎‼︎



さんまの人気。。やっぱりスゴイですね〜

侮ってました。。




image



食べるところもテーブルのみで


皆さま必死にさんまに食らいついていました(笑)



諦めた人が周りのお店でさんま定食を食べようと行列。。





こーなったら意地でもさんまをと



私達はさんまは家で満喫しようと潔く雅叙園へ



お昼に行ったら間に合わないのでどうしても食べようとするなら、朝一に行かないとなんですね♪




さんま恐るべし(笑)





育てたい育てたい。。。



うずうず。。



うずうず。。









母性ですかね。

この育てたい欲は。




そんなHagumiに〜チャンスが〜




キターー‼︎( ´͈ ᗨ `͈ )◞




お家の庭で趣味で農業している先輩に苗を頂きました



image


初心者なので、虫が付きにくくて育て安いトマト♡

そしてバジルも一緒に



種から育てるより、苗まで育ててもらったのを買って来て植えると簡単なんですね♪




あれこの写真の苗は。。。トマトじゃなかった!バジル⁉︎


あっと言う間に黄色い花が咲いて

image



小さなグリンピースくらいの実ができました!

image


茎が伸びてきたので、棒で支えながら赤くなるのを待って。。


image


ついに赤く

朝色づいてたトマトにかなりの興奮‼︎(笑)





追肥をしたり、肥料もあげながら


image



約一ヶ月半

グングン伸びて


image


ついにベランダがトマトの森に




伸びた枝は折れないように曲げながら縮めて

支柱に固定しながら倒れないようにするんですね!




先輩に教わりながらうまく曲げながら育てると


家庭菜園でプランターでも3メートル以上伸びました〜


image



約3か月で少しずつ収穫して、

50個近く育ちました



フムフム。味?


もーーーーっ  甘い!!  わぁーーー あまーーぃ‼︎




家庭菜園は食べ頃に収穫できるし


自分で育てる愛情も入って



本当に美味しく感じますね




一緒に育てたバジルも簡単で

食べきらないほどできました〜


image


夏野菜たっぷりトマトスープ
〜バジルを添えて〜

image


バジルソースは簡単に作れて保存用に便利ですね♪





朝起きて成長を見る楽しみ


肥料や水をあげたり、お手入れしたり手をかけ愛情を注ぐ楽しみ


育てた出来を味わう楽しみ



家庭菜園が流行るのわかりますね



さて、次は何作ろう


チネイザンというマッサージを聞いたことがありますか?



中国語で『気の内臓マッサージ』という意味

image


内臓をマッサージするってピンと来ないですよね。
そもそも凝るのか。必要があるの?なんて思うかもしれませんね。



はい、実は内臓を柔らかくするって
すごく重要なんです‼︎



すごいですね、人は必要なことはだいたい調べたり試してみたりして、どんどん伝えていくんですね!




最近注目されている腸は西洋で「第2の脳」と呼ばれたり、東洋ではおへその下を「丹田」といい、全身の氣の出入口などと言われてます。

こんな言われがあるとは、なんだかお腹の辺り重要な役割をしてくれてそうですよね!



お腹、内臓の動きが良くないと色んな影響があります。



便秘、腰痛、冷え、疲労の蓄積


それを解消してくれるのが



チネイザン
というマッサージなんです



身体の調子を整えてくれる他に

なんと、
感情のバランスも整えてしまいます!


氣の出入口といわれる丹田や、ネガティブな感情が溜まると言われる内臓を柔らかくすることで、ストレスを解放して元気を取り戻すことができるんです♪



人はお母さんからへその緒を経て栄養をもらいますね。おへそは生命維持の中心で、栄養も感情も消化吸収する大事な場所なんです。


前傾になって潰してませんか?

冷たいもの飲み過ぎて冷やしてませんか?

緊張で固まってませんか?



お腹労ってあげてくださいね



↑このページのトップヘ