はぐれメタボおじさん婚活

年収1000万自営業の40過ぎたバツイチ子なしのおっさんが 婚活をする活動記録。関西の田舎在住(イオンはある)。

・ぶき:はかいのつるぎ(呪われている、行動不能1/4)
・よろい:じごくのよろい(呪われている、行動不能3/8)
・かぶと:はんにゃの面(呪われている、常に混乱状態)
・しょくれき:まほうつかい→そうりょ→あそびにん→けんじゃ(ムダがおおい)
・よわみ:すぐにルーラでアリアハンにかえろうとする、そして自宅へ...

スポンサードリンク

相変わらず
へんなコメント書く人いますけど
おじさんとしては
「おつかれさま」としか言えない

ソースはDaigoさんの動画ね

で、PA紹介案件
35才の先生
プロフを見るとけっこうさわやか
スポーツ好きそうな感じ

おじさんは体動かすことを
大切に考えてるので
好感度は高い

でも実際に会うと写メマジック
というのがあるので
気持ちニュートラルにして会う

実際に会うと
檀れいさんみたいな雰囲気で
かなりスラッとしてた

話した感じ
「ああ、この人頭いいな」
と感じました

おじさんは頭いい人といると
楽しいです

あと気さく
価値観とか恋愛観とか
すらすら教えてくれてよかったです

彼女は自分と向き合って
きちんと生きてきたことがわかる

というわけで
あっという間の1時間でした
Yes回答を出しておこう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

というわけで
PAのコネクトシップお見合い2連発
ひとりめ、36才事務

アジアン隅田じゃねえか
生理的にムリです、すいません…

カフェで右となりにいた人たちも
たぶんお見合いみたいでしたけど、
ふつうにきれいな女性だった

途中で左となりに来た人たちも
たぶんお見合いみたいでしたけど、
ふつうにきれいな女性だった

ぐぬぬ、これがオセロなら…

おじさんの目の前の隅田は
パタンときれいな女性になるのになー

話はふつうにおもしろかった
ただ連れて歩くには恥ずかしいので
ごめんなさい、
お見送り決定ランプ点灯

ふたりめ、43才事務
写真が倉科カナに似てたので会ってみた

実際は、まあ、年相応かな…
美肌評論家の森智恵子さんに似てる
話してみると知的な女性で
けっこうおもしろかった

んー、5歳若ければYes回答したかなー
というわけでお見送り

今回はそんな感じ

追伸:

私はこのようなお見合いが苦でないし、
むしろ楽しく感じてます
目の前の女性が形作られた半生を
知る機会ってめったにないからね



スポンサードリンク

スポンサードリンク

関空のゴタゴタで
仕事が渋滞したままだ。
気晴らしも兼ねて
PAのコネクトシップお見合いだ。

最初に話した感じ
なんかイラッとしました。

(あれ、なんだろうなんだろう)
と思って話してたのだが、
少しわかった。

「私、派遣だから」

という単語が多いんですね。

別に派遣でもいいんですけど、
今をモラトリアムととらえているから
言葉の端々に「逃げの姿勢」を感じる

これが、「イラッ」の原因かもしれない

「どうしてそうなのかな」と思って話聞いてると、
お母さんが専業主婦で
「私もいずれ、お母さんみたいに生きる」
みたいに決めてるように感じました。

そうか、そういうことか。
だとすると、崖っぷちの就活生のように
今はもどかしくてつらい時期だろうな…

かといって、そんな彼女が
人生アドベンチャーなぼくを選ぶことは
かなりのストレスになるだろう

ということを考えつつ、

「そろそろ1時間ですね」宣言をして閉会

「彼女が専業主婦希望の良い人と出会えますように」と願いつつ、
お見送りボタンを押しました。

今回はそんな感じ。

スポンサードリンク

このページのトップヘ