「数日ほどメール来ないなー」と思ってたら
コンシェルジュからMさんによる交際中止通達の連絡。

Mさんからメール来ない最中は「あー、ダメかも」と
悲しくなったときもあったのですが、
疑問形のメールを放置されたとき、
「この人は私との関係性を投げたな」と感じました。

それ以来、どこかホッとした気持ちを感じました。
つまりMさんは、
自分の魅力レベルを超えた相手だったのかもしれません。

というわけで、交際はYさんのみ。
正直言うと
「これでYさんにも『交際中止』って言われたらどうしよう...」
という考えがよぎったりします。

が、そこまでショックだと思わない自分に
「えっ...」ってなります。
おじさんゆえに、感覚細胞が枯れてきてるのだろうか。

あと36才ユリアから久しぶりにライン来ました。

「久しぶり。元気?」
「元気だけど、どうしたの?」
「どうしてるのかなーと思って」
「気遣ってくれたんだね。ありがとう」
「いいえー」

終了。

アポることはできるのだろうけど、
テクニックに走ってたころに出会った人と
再会するのは恥ずかしい...すごく恥ずかしい。
「身の程を知れ」って神様におこられてる感じ。

スポンサードリンク