皆さん こんにちわ。
先日の博士の三鷹での講演会は、1次会、2次会、3次会とおおいに盛り上がりました。

今回は初めての人がほとんどいなく (以前にも書いたかもしれませんが五井野博士という方はどの講演会でも初めての方がいるとその人にもわかるようにとまずその人にあわせてお話を始められるのです。ですから、初めてじゃない人が多くなればなるほどステップアップした話になっていきます。是非何度も博士の話を聞いてくださいね。) 

博士は講演の始まる前から会場最前列の席に座ったり皆に色々話かけてくれ、握手サービスもしてくれました。(私も久しぶりに博士に握手していただきました。嬉しかったです)そして「今回の講演会にきてくれた人は私の大ファンということで、皆さんを信頼して、レベルを上げた、一般の人達にはちょっと、話せないような話も含めて気楽な感じで話をします、」ということで冒頭よりとてもアットホームな雰囲気で始まったのですが、始まってみると博士のエネルギーが高いのか1次会、2次会と博士の話にグイグイ引き込まれそして話の内容もわかりやすくどんどん深くなっていき、気が付いたら、2次会(プレミアムコース)が終わったのは8時半を回り9時近くなっていました。

内容については非常に多岐にわたるのでとても説明できませんが、ひとつお話しすると、富士山噴火における火山灰の降下による影響を公の資料を使って説明して、色々な事情でスグに都市を脱出できない人達に具体的な首都圏等からの脱出方法など、今後の色々起きるであろう災害を想定していざという時の具体的な対応策、協力体制を築く為 人権擁護安全保障連盟が中心となって今後仲間や友達をつくりながら政府をあてにしない、自分達自身での対策を作る、という話がありました。あっ、一句?!思いつきました(笑)「大企業 首都圏すてて どこへ行く」 博士がおっしゃっていましたが、誰が、何の為に、そして最終的なメリット(利益)は一体誰が得るのか、を考えると世間の色々な動きもよくわかってくるということです。

私達一人ひとりがすべての事は自分自身のことだととらえ、考え行動するということなのでしょう。
そして、博士は「東京駅等にいるホームレスを見ても助けてあげたいと思うんだけど、、、でもまずファンの人達からだよね、」と笑って言われましたが、その言葉と博士の姿が今でも心に残っています。

3次会は六本木で食事会ということで、久しぶりに夜の六本木を見ました。雨が降っていましたが(やはり、天気予報の嵐はなく、小雨~雨という感じでした。)お店に入りきれないほどの人数が集まって色々な話を皆でして仲間意識を高めた?気がしました。そしてこの席で私は博士から私の自我というものを 気付くチャンスをいただきました。そして、今日、その気付きに、博士に 皆さんに 宇宙に感謝したいと思います。ありがとう!!!ございます。
これからもずっと学び気付いていきたいと思います。