2008年02月26日

まず、髪の事を知ろう!!

やはり初めは、髪について知りましょう。


まず人間の頭髪は大体平均で何本ぐらいあるかご存知ですか?


個人差はありますが、日本人の平均で10万本です。

ん〜、意外に少ないと思いませんか?

見た感じでは、もっと多いと思っていました。


個人差はと言うと、少ない人で6万本、多い人で15万本ぐらいです。

実を言うと、頭髪の本数自体は母親の、お腹にいる胎児の時に決まってしまいます。

それは生涯、大きく増えることはないといわれています。
(もちろん減ることはあります 苦笑)


面白いのは、欧米人にみられるブロンドの髪を持つ人たちの平均は

約14万本、赤毛と言われる人たちの平均は9万本


髪質によっても、平均値がかなり違うことです。


ブロンドの人たちは、髪1本1本が細く約0.06mm、日本人は0.08mmぐらいです。



■『髪』の本数 : 日本人平均 約10万本 ブロンド 約14万本
                赤毛 約9万本

■ 〃 の太さ : 日本人平均 0.08mm ブロンド 0.06mm

■ 〃 の寿命 : 約5〜7年

■ 〃 の1日平均抜け毛数 : 約50本




hairblog at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月25日

抜け毛について

髪の寿命は大体5〜7年のサイクルで生え変わります。


1日の抜け毛の平均本数は約50本です。


髪が薄くなると抜け毛にかなり敏感になりますが、これぐらいの本数は
必ず毎日抜けるので気にしないで下さい(難しいですが…)


抜け毛の多い原因

  ・ストレス
  ・食生活の乱れ
  ・睡眠不足
  ・洗髪をしない
  ・シャンプーなどが合わない


など様々な要因があります。
 
一つ一つ改善することをお勧めします。


酷(ひど)い場合は、他の症状を引き起こす事が
ありますので、お気をつけ下さい。


それでは、次の章では『円形脱毛症』について
記述していきますね。

hairblog at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月23日

円形脱毛症

『円形脱毛症』はどのようなものなのでしょうか?


その症状は、大抵の場合、10円玉大から500円玉大の禿(はげ)の部分が
単数から複数発生するものです。


しかし実は、『円形脱毛症』は頭髪だけに出来るとは限りません。


私の場合は、頻繁ではないのですが、仕事等でストレスを感じた時
眉毛に小さく出来ます。

出来ても、酷(ひど)くは、ならずに1週間程度ですっかり消えてしまいますので
あまり気にしないようにしています。


いったん出来てしまっても、その原因があきらかな場合『円形脱毛症』になる要因を取り除けば、必ず直りますので、目立つ場所でなければ、出来るだけ気にしないでおきましょう。


気にするその感情が『円形脱毛症』を引き起こし、症状を長引かせている可能性があります。

軽い症状の『円形脱毛症』は、あまり気にしないことも、症状を緩和させる方法の一つです。


もちろん、重症の場合は、適切な治療をお受けになってくださいね。


hairblog at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月20日

洗髪について

みなさんは、毎日洗髪されていますか?

1日2回または3回以上という方もいらっしゃると思います。

さて、この洗髪は『髪』にとって良いことなんでしょうか?


もちろん、まったくしないというのは髪の根本(毛穴)に油や埃(ほこり)が
詰まって、抜け毛・ふけ等、髪の育成に悪い影響を与えます。


しかし

何事にも共通するのですが、やりすぎは良くないということです。


もちろん、日常生活をしていると塵(ちり)や埃(ほこり)等が髪に付着しますし

それを取り除くには洗髪は効果的です。


しかし、洗髪時、髪の状態は、摩擦によって、ダメージを受けます。


 ・爪を立てた洗髪によるもの
 ・静電気が発生したことによるもの
 ・ぬれた状態のブラッシング

特に最後の、洗髪中にブラッシングはご法度です。

髪の毛を乾かした後に軽くブラッシングするだけで充分です。


頭皮にはシャンプーが、つかないように泡で髪をくるむようにして
洗ってください。

頭皮に付着したままだと、ふけや抜け毛を引き起こします。


それから、洗髪は2回に分けてください。

1回目は髪の表面に付着している塵や埃などを洗い流すため
 
2回目に髪をマッサージするように洗ってやるのです

理由として、1回目洗った時には、まだ髪を濡らしたばかりで

シャンプーが髪になじんでいません
 
その状態でいきなりゴシゴシ洗ってしまうと髪のキューティクルが
はがれてしまいます。

キューティクルとは髪の表皮にあたり、これが綺麗に整っている髪は
見た目も美しく、健康な髪という証拠になります。

シャンプー時、出来るだけ頭皮に直接付かないように洗ってください。

油と同じで石鹸は毛穴を詰まらせることがあります。

ちなみにリンスやトリートメントをする時も頭皮に残らないように
しっかり洗浄してください。



■洗髪は1日1〜2回程度が適当

■洗髪中はキューティクル保護のためにブラッシングしない

■頭皮には出来るだけシャンプー・リンス・トリートメントを付けない


hairblog at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月18日

それでは髪は、どのようなものなのでしょうか?

今回は、『髪』の本質について考えてみます

まず、『髪』は何から出来ているか知っていますか?

もちろん細胞の集まったものではありますが、

実は『髪』は爪と同じく長い年月を経て
進化の過程で皮膚が変化したものです。

『髪』アミノ酸(主にシスティン、メチオニン)というタンパク質が体内で分解された成分が繋がって、出来ています。

この細胞は死んでいてビタミンCとコラーゲンがつなぎ目の

重要な役割をしています。


テレビの情報番組などでコラーゲンを摂取すると、お肌がつるつるになると
良く言っています。


もともと皮膚と同じ成分ということですから同様の効果が『髪』でも得られるというのも納得ですね。



■『髪』は爪と同じく長い年月を経て皮膚が変化したもの







hairblog at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

あなたはドライヤーを使う派、使わない派?

使う使わないは、賛否両論あると思いますが、

最近では、「マイナスイオン発生ドライヤー」が髪を守ると
CMで盛んに流れています。


しかし、劇的に変化が無いものですので、その効果は、なんとも言えません。


一つ言える事は、生乾きの髪は汚れや菌などが付着しやすく
そうすると、髪の状態は悪くなります。


あまり接近して乾かしをしない限り、ドライヤーは髪には有益です。


しかしやりすぎると髪が変色したり痛んだりしますので気をつけて

くださいね。




■ドライヤーはあまり接近させて乾かさない

hairblog at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月16日

海藻類が髪を増やすって本当?

私も最近知ったのですが、昔から良く言われている「わかめ・こんぶなど海藻類を
多く摂取すると『髪』が増える」ということは事実ではないようです。

私も、幼い頃から母に良く言われたのですが…(苦笑)


海藻類にはヨードという成分が含まれているため、『髪』を、黒々とさせる効果がありますが、海藻類ばかりを摂取していても、髪が増えるという、効果がある訳ではありません。

一番初めに記述しましたように、生まれつき髪の本数は決まっています。

ですので、減少するのを極力抑えるよう気をつけましょう!!


やはりここでも、バランスが重要になってきます。

hairblog at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月14日

どのような飲食物が髪に良いのか?

それでは、どのような飲食物が『髪』に良いかというと
カルシウムの多い脱脂粉乳、または鶏がら・豚骨で取った骨スープなどがお勧めです。

骨スープにミソをとかしたもの(ミソ豚骨)など『髪』には最高です。
 

反対にあまり髪に良くないものとして、甘いものがあります。

甘いものを大量に摂取すると、血液が酸性になり、ホルモンのバランスが崩れ、脱毛誘発の原因になる可能性があるからです。

お酒の飲みすぎ、喫煙など『髪』の成長に影響を与えますので気をつけて下さい。


年齢についても歳を重ねると食事の吸収力が減少してきますので、やはり年齢に
あった食事の摂取を心掛けましょう。


こう述べてみると、これら全ての事柄は『髪』だけではなく、体全体にも
当てはまります。



■海藻類は他の食事とのバランスを考えて摂取すると効果あり

■脱脂粉乳や骨スープなどは髪に良い

■甘いものは血液が酸性になり、ホルモンのバランスが崩れ、脱毛誘発の原因に

■大量の飲酒・喫煙は『髪』の成長に良くない

■年齢を重ねると吸収力も低減するので年齢にあった食物摂取をする



hairblog at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月12日

総論(良い髪を保持するには?)

さてここまで記述してきました、髪に良いことを
羅列してみました。


・抜け毛はストレスを溜めない事で軽減される。

・バランスのとれた、きちんとした食生活をする。

・しっかりと睡眠時間をとる。

・1日一回は必ず洗髪をする。

・合わないシャンプーなどを使用しない。

・洗髪は2回にわける
 1回目:表面の塵(ほこり)などをとる 2回目:良く洗う。

・洗髪中のブラッシングは避ける。

・頭の地肌に直接シャンプー類を付けない(フケ・菌発生の原因)

・ドライヤーは遠くから髪にあてて使用し、髪を傷つけないようにする。

・半乾きのまま放置すると埃(ほこり)や菌を付着させてしまう。

・爪と同じ成分の、髪はコラーゲンを摂取することによって、つやつやを
 保つ事ができる。

・昆布などの海藻類は、髪を強く太くする(ただしバランスよく摂取)

・海藻類では、髪を増やす事は出来ない。


ざっと書き連ねていきましたが、こういった感じです。

色々ありましたね。

規則正しい生活・習慣をつけるだけでも、随分、改善出来るものばかりです。
(しかも簡単!!)

 
みなさんもつやつやでぴかぴかの『髪美人(かみびじん)』を目指しましょう。

『美人』の代名詞は、なにも女性に限ったことではありません。
 

男性でも美しい人は沢山います。


先日、趣味の現場で拝見した、ジャニーズの「滝沢君(タッキー)」は
本当に、美しい青年でした。

その現場には、京本正樹さんも、ご一緒したのですが、
彼も凄く美しい男性でした。

男性でもこんなに綺麗な人達がいるんだなと、関心しました。

さすがに、常に「観られる商売」の方々でした。 

hairblog at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!