メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

pandemonium

PRETTY MAIDSLOUD PARKに参戦する。

昨年にも単独公演をおこない、素晴らしいライヴを魅せてくれたこのバンドであるが、この参戦を前にして、新しいアルバムを出してからの来日ではなく、単にイベント参戦というかたちで来日公演をおこなう。

loupar


大抵、新しいアルバムを出してからこういうイベントに参戦するのが普通であるが、こういうパターンははこのバンドでは珍しい。 その新しいパターンとして、そして彼らの20年以上のファンとして彼らのステージを観に行こうと思う。 LOUD PARKのチケットはコチラからどうぞ!
  ↓
チケットぴあ

彼らの最新アルバムは、 MOTHERLANDであるが、今回紹介しておきたいのは、その前のアルバムであるPANDEMONIUMである。

このアルバムは予習用にという意味でなくても、相当に素晴らしいので是非とも聴いておきたいアイテムであると思うからである。

以下順次紹介していきたい。

●“Pandemonium”
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=wtlV87cG084

こういうドラマティックなSEから始まって、ヘヴィなリフで曲展開されるともう私らのような80年代のヘヴィメタルファンには堪らない印象となって、アルバムを聴いた後にも、聴きたい気が何回となく起こって虜になるのである。

こういうへヴィネスを維持してくれているのは非常にありがたいことなのである。

ヘヴィメタルバンドでさえも、ハードロック化というか、へヴィネスを失ってしまう例もあるし、ハードロックバンドは年齢を重ねると、そういうものを忘れてしまう例が少なからずあるので失望してしまうのである。

しかし、ことPRETTY MAIDSにあってはそういうところが全くないので嬉しい限りである。

そのことを強調する識者がいないのは、何とも残念至極である。

prettyyanen

だから私はこういう場で書いている。

しかし、ことはへヴィネスだけでなく、メロディに良いものがなくてはいくらへヴィネスを維持しても意味がないのである。

リフにおいても、ギターソロにおいても、そういう品位はいたるところで散見されるのである。

非常にPRETTY MAIDSは素晴らしいバンドである。

この曲につなぐ次の曲である“I.N.V.U”もこのバンド特有のリフがさく裂している。

このバンドのアイデンティティが維持されているのである。

暗めの曲風から一挙にヘヴィなリフで曲展開がなされ、そのメロを聴いているだけですぐに魂が燃えるのである。

このバンドのシンガーであるロニーアトキンスのあまりに男らしい声にも虜になってしまうのである。

それもこのバンドのアイデンティティであることに間違いはない。

●“Little Drops Of Heaven”
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=CcJJvRenq5w

この曲でもわかるように、ただへヴィネスを維持しているわけでも、良質なメロディを有してるだけでもないのである。

清涼なメロで曲展開されても、そのメロを損なうことなくへヴィネスを維持しているのである。

それが曲の初めから最後まで続いていれるから凄い!

これはかなり難しいことではないのか?

いろんなバンドの曲を聴いてきた私であるが、このような芸当をこなせているミュージシャンはそうあるものではないのだ。

ハードロックであろうがヘヴィメタルであろうが、信条はヘヴィさがなくてはいけないはずである。

それを維持しながら如何に聴き手を惹きつけるか、これは努力だけでは出来上がるものではないのである。

pm14

そんな魅力を維持しているにもかかわらず、昨今のこのバンドに対するマスコミの対応はきついものがある。

完全とは言わないまでも、スルーされている観がある。

まあ完璧なマスコミ対応など無理なのは百も承知であるが…。

このアルバム収録の“One World One Truth”にしても、“Breathless”にしてもそのような魅力がある。

良質なメロは年齢を重ねるほどにできなくなる傾向があるが、ことこのバンドに関しては一切ないのである。

“Final Day Of Innosence”
にしても傑作アルバム収録でかつ、ベストアルバムにも収録されている“Love Game”に通じる癒しのメロと雰囲気があるのである。

こういった魅力があるからこそ、ハードロックというものは「うるさい」というイメージが先に立ってしまうにもかかわらず、それを補ってあまりある魅力として聴き手の脳に残り、虜になってしまうものであると思う。

私は、ハードロックには最初そういうイメージが付きまとっていたが、そういう魅力を有するバンドが多くいたからこそ、今でもこうやってファンになっているのである。

●“It Comes At Night
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=F3CuYQPErlk

80年代にハードロックに虜になった人たちには堪らないリフで始まり、それが最後まで続いている。

曲展開がありきたりではなく、奇想天外に展開されるのでついつい聴き入ってしまうのである。

それもただ奇想天外ではだめである。

魅惑的なメロディはもちろん、確固としたヴォーカルと楽器の演奏力がなくてはただの奇想天外な曲で終わってしまうのは言うまでもない。

“Cielo Drive”は速い曲だが、そんな魅力を有した曲である。

ほんのちょっとした隠し味程度にこのバンドの作る曲には、メランコリックな場面が出てくる。

完全なメランコリックな曲は好きではないが、そのくらいの按配なら申し分はないと思う。

●“Old Enough To Know
   ↓


https://www.youtube.com/watch?v=0IpjYO8D4rw


スピーディ、ミドル、そしてバラードと、いろんな曲風に彩られたアルバムはいつまでも愛聴盤になりやすいのは古今東西共通の事実である。

このアルバムは、そんな魅力を充分に有している。

このバラードもまたいい曲である。

このバンドは、SIN-DECADEアルバム収録のカバーバラード“Please Don't Leave Me”BURRN!』誌チャンピオンになった。

しかしそのなった理由もいい原曲というだけでなく、カバーしたバンドのメンバーの声、そして楽器、アレンジしたメロがどれも良好ではなくてはそんなことは不可能である。

やはりあの曲がチャンピオンになったのは、特にヴォーカルが良かったからだとしか私には思えない。

このロニーアトキンスのあまりにマンリーな声の素晴らしさには、初めて聴いた時から今でも感動を覚えるのである。

いろんな場面で曲をいい色、時に最高の彩りを与えるのである。

このバラード調の曲でも同様である。

prettyboy

しかし、こんないい曲を量産してきたこのバンドであるが、世界的な成功を収めたとはいいがたい。

このアルバム発表後に、スイスでおこなわれたライヴのDVDIt Comes Alive (Maid In Switzerland)が発売されたが、その会場の狭さには驚いた。

このバンドもアメリカ進出を狙っていたのはわかるが、それはアメリカではウケなくとも他の国ではそこそこウケているのではないかと思っていたのである。

しかし音楽的な魅力というものは、そういうものだけではないはずである。

そういう面だけをクローズアップさせて虚心坦懐ならないでいるのはフェアであるとは思わない。

フェアな心で、というかそんなことを考えなくとも、このバンドは非常に大きな魅力を有しているのが、このページを読んで、曲を観ただけでわかるはずである。

そのことを読んだ人にはわかってほしいものである。

そしてきたるLOUD PARKにおいてその魅力を堪能してもらいたいものである。

その際に、良い材料になるのがこのアルバムであると思っている。

このアルバムはコチラからどうぞ!
  ↓



PANDEMONIUM


国内盤


パンデモニアム


hunouzuweza


●このアルバム発表後に出されたスイスでのライヴDVDはこれ!
  ↓


It Comes Alive (Maid In Switzerland) - 2CD+DVD digipak (NTSC : Region Code 0)



国内盤


イット・カムズ・アライヴ~メイド・イン・スイス(DVD付)



★その他、PRETTY MAIDSについての記事は以下!
   ↓
SIN-DECADE

JUMP THE GUN

OFF-SIDE

FUTURE WORLD

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム





メルマガ読者さん募集!
 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。
将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら
まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ

このブログオススメの店です。

新宿レコード 

良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/



【邦楽コーナー】


WANDS
の創始者の上杉昇さん(ヴォーカル)と柴崎浩さん(ギター)の2人は、これまでのWANDSの音楽性には満足できず、当時西洋でメインになっていた音楽であるグランジという暗い音をメインにしたロックをやりたくて、脱退し、アルニコというバンドを結成しました。

残ったメンバーである木村真也さん(キーボード)は、和久二郎(ヴォーカル)と杉本一生(ギター)の2人を入れてWANDS再始動しました。

そこで97年に出されたシングルがこれです!

メンバーが変わると、どうしてもそれまでのバンドの音楽性と比較して、違うとどうしても現在のほうをこき下ろしてしまいがちです。

かくいう私もそうでした。

これはWANDSじゃない!

上杉さんと柴崎さんを戻してまたWANDSをやって!

これが、当初の私の思いでした。

しかし、もう2人はもどってこない、2人は違う音楽をやりたくてこのバンドを去ったのだから… そう自分を諭して、幾度かこのニューバンドの音楽を聴いてみました。

するとどうでしょう?

初めに見えていなかった、この新メンバーの良さが見えてくるようになりました。

確かに、上杉氏のような特徴は見えないけれども、それは違う人間だからであって、違う人間に違う人間の良さを求めるのは筋違いだ!

そう開き直り、聞く回数を増やしていったら、このニューバンドの良さがわかるようになりました。

しかし、メインのメンバーが違うのだから、このバンド名でなく、違うバンド名にすればいいのに…と思わざるを得なかったです。

しかし世間一般の人たちは、私なんかより遥かに柔軟性がありますね!(笑)

この新シングルは、オリコンチャートで4位を記録しました。

幸先のいいスタートでしたね。

新しいWANDSのファンには希望の持てるスタートでしたね。

●このWANDSの最初のシングルはコチラ!
  ↓


錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう/トライ・アゲイン


このシングル収録のニューWANDSアルバムはコチラ!
  ↓


AWAKE