【PR】 『二十年ほいっぷ』でくすみを完全にoff!

このサイトに来ていただき感謝します。

今回は、肌のくすみを取る 【二十年ほいっぷ】 を紹介します。

お顔にくすみがあると、どうしても印象は良くありませんよね。

暗い印象になってしまい、良い印象を残すことはできません。

あるよりもない方が、良い印象になります。

toumeihada


しかし「くすみ」の原因は、

皮脂膜
角質層


の2つからなります。

どちらかが原因で、どちらかであると特定することはできないようで、くすみがある人は、この両方が原因になっているのです。

しかし、くすみを失くそうと思えば、両方をケアしなくてはいけませんが、両方をケアすることはこれまでの技術では、原理的に無理でした。
hadareya

しかし、この【二十年ほいっぷ】は、原理的にそれを可能にしたのでした。

その詳細については、以下に書いてあります。
  ↓
【二十年ほいっぷ】

この【二十年ほいっぷ】は極小気泡にしてあるために、キメの細かいところにまで入り込んで、汚れを取りぬきます。

この極小気泡というのが重要なのです。

市販のモノは、気泡が大きすぎて、肌のキメの細かいところまで入り込まない。

ゆえに、汚れをきれいに取り除くことができないで終わってしまうのです。

悪いものだと、肌にのっかっているだけのものも…(苦笑)

またそれだけでなく、肌に潤いを与える 「北海道のホエイ」 というこのブランド特有の成分も含まれているのです。

この製品は、 「モンドセレクション金賞」を今年も含め3回受賞しています。

しかも、専門家が選ぶくすみ用アイテム№ワンになりました!


(以下、お客様の声)
「化粧水もグングン浸透する感じがするし、10年前の肌に戻ったみたいです!」

「ブツブツしていた肌も、つるっとして、白く透明感のある肌に! 」

「自分の素顔がこんなにきれいだったなんてビックリしました。」


【二十年ほいっぷ】の公式サイトはコチラ!

いかがでしたか?

今回はこれにて失礼いたします。




mottomoidainagl.jpg

 

このフィンランドのバンドHIMは私にとって衝撃的なバンドであった。

 

某音楽番組を見ていたら、このバンドのシングル2曲が放映され、その2曲をビデオに撮って何回も観ていたらこのバンドの魅力にとりつかれ、何回も何回も見るようになり、ついに「このバンドのCDがほしい!」という気になり、買い、聴き込むようになり、果ては、このバンドのクリップ集はもちろん、全アルバムと全シングルまで買ってしまったのであった。

 

それくらいこのバンドは私にとって相性のいいバンドであり、今でもその良さは継続している。

 

ことは私だけでなく、ヨーロッパ出身のバンドでは難攻不落と思われていたアメリカンチャートを、このバンドのDARK LIGHTは駆け巡り、ついにはフィンランド出身のバンドとして初めて、アメリカゴールドディスクを獲得するまでになる。

ダークライト

DARK LIGHT

 

そのDARK LIGHTの素晴らしさについては以下に書いたので読んでほしい!

http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html

 

今回紹介するのは、このバンドのデビューアルバムである。

 

このバンドは、シンガー兼メインコンポーザーであるヴィレヴァロのカリスマ性によって維持されているバンドである。

 

villesGRP_0373

 

この世には数えきれないほどのバンドが存在するが、バンドの人気をある1人のカリスマで得ているバンドが少なからずいるものである。

 

その観衆の目を引き付ける魅力を多大に有し、そのことでそのバンドの人気を維持している。

 

もちろんその人物がいなくなったらもうそのバンドは存続していけないのは言うまでもない。

 

CINDERELLA、EUROPE、そして日本のバンドのT-BOLANなどがあるだろう。

 

arasi

 

そういう特徴を持っているバンドは、シングルジャケットやアルバムジャケットにはほとんどそのカリスマ的な人物しか載せないパターンもある。

 

そうすることでそのバンドが人気を維持していけるのだ。

 

このバンドがメジャーデビューする前に、このバンドを見たレコード会社のプロデューサーがそのことを発見したのだろう。

 

今回紹介する、HIMのこのデビュー作も例外ではない。

 

ヴィレの上半身裸体で、ちょっとばかり化粧を施している姿を映している。

 

こういうジャケット、そしてこのバンドの歌詞のモチーフは、これまでないもので、しかも当初は少なかった例なので、受け入れられるまでに時間がかかるのである。

 

私自身、90年代半ばにいろんな欧州のバンドを試みたが、どれも受け付けることができなかったので、欧州出身のバンドにはかなり食傷気味であった。

 

しかし、一度このバンドの魅力に取りつかれたら、もうその後は、ハマっていく一方であった。

 

そして、ドラキュラに噛まれたように、このバンドの虜になる。

 

これを読んでいるあなたもそうなるだろうか?

 

このアルバムは、サードアルバム収録の“Soul On Fire”と同じように、いつもライヴでは演奏されるが、シングル化されていないYour Sweet 666”で幕を開ける。

 

この666という数字は、オカルトチックな数字で、聖書に書いてある予言の言葉からとられている。

 

〝ドロメルキンドはサタンの子 表す数字は666である〟――予言の書

 

映画でも『悪魔が棲む家666』というのがあって、それはアメリカにあるベツレヘム共同体というところで信じられていた予言で94年6月6日に6人の女の子供が生まれ、その子供たちに悪魔が宿り18歳になったらその悪魔が姿を表わすということが信じられていて、実際にその共同体で6人の女子供が生まれ、その予言を信じていた長老たちは、その子たちが18歳になる前に、その子たちを殺してしまおうとし、人けにつかないところで次々に殺してしまう。

 

yoursweet

 

しかし、最後に残った殺し損ねた1人が18歳を迎えた日に、悪魔が現出し、その長老たちはその女の子に殺されてしまうというあらすじである。

 

この話が実際にあったかどうか、真実なのか作り話かどうかはわからない。

 

しかし、このようなおぞましい話をモチーフにしたオカルトチックな題材をもとにこのバンドのリーダーであるヴィレは歌詞を書くのがメインである。

 

HIMというのは、His Infernal Majestyというカルト映画の題の頭文字をとったものであり、ヴィレBLACK SABBATHなどを中心に影響を受けて音楽を始めようとしたのであるからして、そういう題材のモノがこのバンドの歌詞はほとんど全部である。

 

しかし、こういうおぞましい話が多いのでキリスト教は近寄りがたいのは言うまでもない(笑)。

 

“Your Sweet 666”はオーソドックスなミドルテンポの曲だ。 しかし、デビュー作ということもあって、生々しいギター音が聴いていて心和ませてくれる。 制作にお金をかけて作った作品もいいが、こういう低予算で作ったアルバムも私は好きだ。

 

しかし、低予算=よくない作品ではないのである。

 

そういう状況内では、演奏者の良し悪しが露呈するものである。 ごまかしがきかないのだ。

 

そのアラが見えないということは、このバンドの良さが垣間見ることができるのである。

 

そしてソウルも感じれるのもこのバンドのいいところである。

 

●“Wicked Game”  

   ↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=8oYodfK4DkE

 

このアルバムの2曲目が、シングルになったこの曲である。

 

オリジナルではない、クリスアイザックという人のカヴァーである。

 

この曲も、いつもこのバンドのライヴでは必ず演奏されるアイテムであるが、この曲がアルバムで始まると一気にテンションが上がる。

 

ざくざくと刻み込むリフのメロディがいいのである。

 

やはりこのバンドの影響はBLACK SABBATHからというのがよくわかる。

 

オリジナルサバス

 

初期のBLACK SABBATHからの影響がよく見てとれるのである。

 

先に、このバンドの人気はヴィレによるものと書いたが、この曲や他のマテリアルを聴くと、ギターもそんなに速弾きもしていない。

 

やろうと思えばできるだろうし、ライヴではそういうこともしているが、そんなに多くはこなしていない。

 

そんなに多くしていては、ヴィレよりも目立ってしまうからであろう。

 

T-BOLANもまさにそうで、速弾きソロなどはほとんどない。

 

そうすると、このバンドのカリスマの森友嵐士よりも目立ってしまうからである。

 

そうならずに、伴奏とソロが一体になった全体感によって、曲を構成させているのである。

 

その感がまたいいし、こういうバンドの音楽を聴くのにもってこいなのだ。

 

しかし、ヴィレの歌メロの使い分けが見事である。

 

当時22歳とは思えない、存在感はまさにスーパーセックスシンボルである。

 

vire

 

次の“Heartless”もいい。 このバンドは、長く人気を維持している。

 

その秘訣かどうかわからないが、自分たちのアイデンティティを維持しつつも、変化をアルバムごとにつけているのである。

 

であるからして、最新アルバムからは想像もできないような曲の雰囲気やメロを初期のアルバムで有していることが大いにあるのである。 その雰囲気やメロが魅力に富んでいて喜ばしいのである。

 

それであるからこそ、その雰囲気やメロを聴くとまた聴き入ってしまうのである。 先までの曲とは違って“Heartless”は清涼なイメージが前面に出ている。

 

フィンランドの寒冷な雪の閉ざされた街の雰囲気や、まるで80年代のジャパニーズポップのような雰囲気すら感じるのである。 それくらいのギャップがあるが、それでもヘヴィな曲と隔たり感を感じさせないで聴ける曲である。

 

そういうバラエティに富んだメロをこのバンドは有しているが、それを巧みに使い分けるヴィレはや他のメンバーは素晴らしいのである。

 

次の“Our Diamolikal Rapture”は再びヘヴィな曲に転じる。

 

初めのベースギターのメロが、まさにこのバンドのアイデンティティを表している。 そのメロと、冷厳なバックのメロの交互の展開と調和という展開が見事に聴き手をこのバンドの世界に引き込む!

 

そうしたところで、激しく広く曲が展開するところで凄い心が高揚する。

 

次の“It’s All Tears”は、彼ら初のライヴ映像モノを見たときに知ったのだが、それですぐに印象に残って、このオリジナル曲を知りたくなるほどの衝撃を受けた曲であるということを書いたほうがいいだろう。

 

それくらいいい曲である。 そのライヴモノではかなり洗練されている印象を受けたが、このオリジナル曲はかなりシンプルで生々しい出来である。

 

そのシンプルさがいいし、この曲でもこのバンド特有のメロが生きている。

 

●“When Love And Death Embrace

  ↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=IPrKLqNAsSY

 

シングルカットされたのもこの曲である。

 

このバンドは、デビュー当初ゴシックメタルと表された。

 

ゴシックメタルとは、その名が示すように、古代ゴシック建築を思い浮かべさせられるような、雰囲気をもった音楽である。

 

冷たく暗い石つくりのゴシック建築に漂う禍々しいムードと、凍てつく冷気を彷彿とさせるムードがある。

 

この“When Love And Death Embrace”はまさにそんな雰囲気を多大に有した曲であるし,バンド初期の誇るアイデンティティを持っている。 そういう曲は私は好きだ。

 

まさにカルト映画の舞台に立っているような気分になるが、それでもそんな陰鬱になるようなことはない。

 

そんな気分になっても、なぜか聴き入ってしまうのである。

 

ギターとキーボードのハーモニーがいいからである。 特にギターのメロディが心を上へ高めてくれるのである。

 

そんな品位を持っている。

 

ville

 

洞窟から出た時の光明に出会った時のような光輝く展開はどうだ?

 

その妙がまたいい!

 

こでも按配のいいギターが活躍し続けている。

 

次の“The Beginning Of End”でもこのバンドのアイデンティティが貫かれている。

 

先の“It’s All Tears”に似ている展開とスロウとスピーディの妙が生きている。

 

まあよくここまでフレーズにバラエティに富ませることができるなと思える展開がなされている。

 

●“Don’t Fear The Pipper

  ↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=jvxRTs9bVoo

 

次の“Don’t Fear The Pipper”はまさにゴシックの雰囲気を最大限に体現したスローテンポの曲である。

 

響き渡るピアノ音がまさにそれを特徴づけている。

 

アメリカやイギリスのバンドにはない雰囲気の曲である。

 

そうであればこそこういう欧州出身のバンドを聴くメリットがあるというものだが、そういう曲というのはたいていグロテスクに感じて忌避しがちであったが、ことこのHIMにはそういう嫌さにならないところが不思議である。

 

それがもとで、いつまでも聴き入ってしまい、またCDが終わってもまた聴きたくなってしまうのである。

 

ville.jpg

 

ホラーチックなバック音を有した曲展開になるが、それでも嫌さ加減は全く出ないところがすごい。

 

それどころかいつの間にか6分もあるのに聴き入ってしまっている自分に気づいてしまった。

 

同じようなアイデンティティのある“For You”で幕を閉じたとき、私の胸には無事生還したオカルト映画の主人公になったような感慨を受けた。

 

そして、このバンドのCDをどれでもいいから聴きたくなるような気分になったのである。

 

そして、またこのバンドのCD等に手を伸ばしてしまう…そんなアルバムであると思って貰えたらいいと思う。

 

●このアルバムは以下から!

  ↓

グレイテスト・ラヴ・ソングス Vol.666

 

 

atthebegining

 

その他、HIMについてのページは以下!

DARK LIGHT

http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html

 

LOVE METAL

http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51490264.html  

 

DEGITAL VERSATILE DOOM

http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-73.html

 

DOWNLOAD FESTIVAL 2005』

http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-72.html

 

  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

 

 

 

メルマガ読者さん募集! 

 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。

登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

 

ご希望のかたはこちら まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ

メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ

 

 

●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13

  ↓
『WHITESNAKE.com』

 

このブログオススメの店です。

新宿レコード 

良品たくさん取り揃えております!

 

●おススメのラーメン店『荒海

http://www.araumi.net/


【PR】

このサイトに来ていただき感謝いたします。

人気流行の高品質なファッションアイテムを安くご提供するネットショップのご紹介です。

 uwagi


そのサイトの名前は、  【神戸レタス】 です。

 人気雑誌掲載のモテ服が売り物です。{ラブ}

サマーセール開催中です!

kireinee


 トップス、ワンピース、ボトムス、シューズ、アウター、グッズのカテゴリーがあります。

いずれも超特価です!


 例を挙げますと…

kyami
 

胸下切り替えキャミソール390円

スウェットパッカー 590円

クルーネックロングTシャツ 390円

シェイクスリーブ半袖サマーニット 
769円


 その他いろいろあります!

 可愛くなりたいかた、さらに可愛くなりたい貴女のためのファッションサイトです!{ルンルン}

 ⇒【神戸レタス】の公式サイトはコチラ!

koubede