【PR】 『美人の泉 絹肌プレミアム』でつるつる肌に!

こんにちは。

 このサイトに来ていただき感謝します。

 今回ご紹介するのは、圧倒的な美肌効果のある入浴剤です!

francais


 これは市販の入浴剤とは違って、パパイン酵素パンクレアチン酵素というダブルの酵素を配合しています。

 それと、コラーゲンやヒアルロン酸以上の吸着があるセリシンを配合しています。

 これによって、潤い肌を長く持続させることが出来るのです!

 フランスブルターニュは、人間の美容と健康を保つ有効成分がたくさん含有されている海であるということが確認されています。

burutanyu


 この【美人の泉 絹肌プレミアム】には、そのフランスブルターニュの海水の成分を分析し、理想的な保湿ミネラル(約7倍のマグネシウム塩)を含有させているのです。

 こういった成分で、角質ケアをおこない、つるつる肌になれます。

 もちろん疲労回復にも!

 
⇒この【美人の泉 絹肌プレミアム】の公式サイトはコチラ!



venus doom

フィンランドのHIM2005年に出したDARK LIGHT全米24位にまで上昇し、結果的にフィンランド人バンドとして史上初のゴールドディスクを獲得することになるのだ。

それから2007年に世界の注目が集まる中でアルバムVENUS DOOMを発表する。

このアルバム発表直後にフィンランドMETALLICAの前座を務めるライヴをおこない話題を集めた。

その時のチケットが以下である。

2007vilemeta


まずは、このアルバム名のタイトルトラックの“Venus Doom”から幕を開ける。

ずしんと重いギターリフが炸裂して始まる。 その音はまるでMETALLICAである。 寂しげなヴィレヴァロの語りにつなぐ。

2008noGRP_0279.jpg

その寂しさは、このバンド特有に近い感じであるが、それは気だるくなるようなことは全くない。

それで、スピーディな曲展開をみせる。

そのメロディにソウルが込められ、思わず聴き入ってしまう。

まさに佳曲だ。

次は“Love In Cold Blood”だ。

この曲でもこのバンド特有のギターとベースのミックスのメロディが展開される。

こういうバンド特有のモノを持っているバンドはいつまでもファンの心をつなぎ留めておくことができるのだ。

まさにその1人でもある私は。

そして、3変も曲展開がなされるが、その哀愁漂うメロディが素晴らしい。

特にギターとボイスが。

かなりのヘヴィスモーカーであるヴィレだが、こういう変化に富んだ曲でも、いろんな音色を使い分けるその歌唱力には脱帽である。

ville.jpg

タバコや酒を声のために節制しているにもかかわらず、このように歌えないシンガーがいるにもかかわらず…持って生まれた特性だろうか?

次の曲“Passion’s Killing Floor”でさらに盛り上がりを見せる。

印象的なギターリフが曲全体を覆い、そこに哀愁感のあるキーボードが乗せられると何とも言えないメロディに様変わりするのだ。

この曲を盛り上げているのは、ドラムの切れの良さでもあるということを付け加えたほうがいいだろう。

このバンドはヴィレのカリスマ性によって保っているのは間違いないが、それだけでなくどのプレイヤーも凄腕なのだ。


それは何回も確認しておいたほうがいいだろう。

●“Kiss Of Dawn”  
   ↓



https://www.youtube.com/watch?v=n5KYm-2BgYg


そして次は第一弾シングルになった“Kiss Of Dawn”だ。

スロータイプの曲であるが、ギターのグルーヴ感のあるリフが聴いていて心躍らせてくれるのだ。

ソウル感あふれるヴィレのヴォイスもまた素晴らしい。

一聴して駄曲になりがちな印象を受けるが、曲転換時にみせる音が思わず聴かなくてはならないような品位を持っているので、ついつい飛ばさないで聴いてしまう。

その時に、その音に神が宿っているのだろうか?

そんなことを考えてしまうのだ。



次は“Sleepwalking Past Hope”だ。

この曲はHIM初めての10分を超える大作であるが、ミドルテンポだが決して退屈にはならない。

曲展開がなされているが、そんな急激な展開は見せていない。

夢幻回廊を突き抜けるような奥深い音の階層性が、聴き手に常に先を予見させるような気分にさせるがためである。

そのメロの酩酊感によっているうちに、10分の間はあっという間に過ぎてしまう。

壮大な試みは見事に成功しているのだ。


●“Dead Lover’s Lane
  ↓


https://www.youtube.com/watch?v=iG1CToZ1Aa8

次の“Dead Lover’s Lane”は盛り上がるスピーディな曲だ。

このバンド初期によく使っていたギターの音色を活用してこの曲は始まる。

その試みが、ノスタルジックな感動を呼び起こす。

そんなことを考えているうちに、スピーディに曲展開がなされると、一気に聴き手のボルテージが高まる!

その際の、ギターのメロにもやはりこのバンドと聴いて一発でわかるアイデンティティが存在している。

中間地点でなされるスローな場面では、ヨーロッパのバンドにしか出せないキーボードのメロディが展開される。

それを聴くと、このバンドを聴くメリットを感じるのだ。

次は、アコースティックと歌だけの憩いの場にいざなう癒しの曲である“Song Or Suicide”だ。


そして次の“Bleed Well”に続く。

●“Bleed Well
  ↓



https://www.youtube.com/watch?v=rmUpFUCkdQY


この曲がセカンドシングルになったのである。

この曲は当然ながらこのアルバム発表後のライヴでもなされた。

それは、そのライヴを収めたDEGITAL VERSATILE DOOMで観ることができる。

最後は、スロータイプの“Cynide Sun”で幕を閉じる。

この曲がまた安堵の思いに駆られるのだ。

villessyou

こういった終焉の仕方が、このバンドが得意とするアルバムの構成の仕方なのだ。

ほかのアルバムをいくつか聴けばそのことに気が付くはずである。

激しい曲、ヘヴィな曲を織り交ぜながら、最後はホッとさせる曲で締めくくる。

まるで、主人公が無事に生還して終わるアクションモノ、ドラマティックモノの映画をみているような感覚にとらわれるのだ。

こういう終わり方であれば、聴き手は満足感に浸ることができるのだ。

前作は全米24位だったが、この作品はさらに上回る12位を記録。

地元フィンランドでは2位にまで上昇し、ゴールドディスクを獲得した(フィンランドでは15000枚売れればゴールドディスクになっていた。ちなみにフィンランド人口は5300万人前後)。

そして、このアルバム発表後ロサンゼルスOrpheum Theaterでおこなわれたフルライヴまで出す活躍を見せた。 そのライヴはDEGITAL VERSATILE DOOMという名でオフィシャルDVD+CD化がなされている。

そのDEGITAL VERSATILE DOOMの出来は素晴らしいの一言に尽きる!

それについての詳細は以下のページに書いたので読んでいただきたい。

http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-73.html

そして2001年、2005年に続き、毎年ドイツで行われているROCK AM RINGに出場し、地元の英雄であるDIE TOTEN HOSENにつぐセカンドビルになった。

rockam2008.jpg
ROCK AM RING 2008』

dietotenhosen
   DIE TOTEN HOSEN

まさにこの年はHIMの年であった。

しかし、このアルバム発表に伴う日本公演はなしである。

非常に残念だが、2005年から今に至るまでHIM日本の土を踏んでいないのだ。

2008nite
ROCK AM RING 2008』にて

このアルバム発表後のBURRN!』の毎月の人気投票でも、常にランクインしていたのにもかかわらずである。

まことにもって不可解としか言いようがないのだ。

POISONCINDERELLAと同じように、SUMMER SONICでもLOUD PARKでもFINLAND FESTでもいいから早く日本で公演をしてほしいのだ。

●このVENUS DOOMは以下!
  ↓


ヴィーナス・ドゥーム

このアルバム発表後になされたライヴを収めたDVD+CDはコレ!
  ↓



Digital Versatile Doom: Live at the Orpheum Theatr

ohmyGRP_0023

  HIM2つ目のベストアルバムがコレ!
VENUS DOOMからは“Kiss Of Dawn”“Bleed Well”が選曲!
  ↓


ラヴ・メタル大全~オール・タイム・ベスト

その他、HIMについてのページは以下!

DARK LIGHT
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51298085.html

LOVE METAL
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51490264.html  

DEGITAL VERSATILE DOOM
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-73.html


DOWNLOAD FESTIVAL 2005』
http://eurokennes.blog60.fc2.com/blog-entry-72.html

Greatest Lovesongs Vol. 666』
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491301.html

SCREAMWORKS;Love in Theory and Theory
http://blog.livedoor.jp/hairhusa/archives/51491330.html




  HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム



メルマガ読者さん募集! 

読者登録していただければ、週1回、あなたの受信ボックスにHR/HMについてのメルマガをお届けいたします。登録、購読ともに無料です。将来的にはプレゼントコーナーやオフ会も計画中です。

ご希望のかたはこちら まぐまぐでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<まぐまぐ
メルマでの配信を希望のかたはコチラをクリック→<メルマ



●コンサートチケットはこちらからどうぞ!

チケットぴあ


WHITESNAKEの総合サイト!

howasna13
  ↓
『WHITESNAKE.com』

このブログオススメの店です。

新宿レコード 
良品たくさん取り揃えております!

●おススメのラーメン店『荒海』

http://www.araumi.net/




【PR】   『テンデシカ』で徹底美肌を!

このサイトに来ていただき感謝します。

汚れ、
乾燥肌、
肌が暗く見える



 こんな悩みを持っているかたに朗報です。

最近は、炭酸の力による肌の洗浄が話題になってますね。

tansanbiyou


 毛穴に入った汚れを濃縮して浮き出させる働きが注目されているからです。

 この働きによって、目前が明るくなることは間違いありません!

 汚れのみならず, アミノ酸洗浄剤で肌を守ります。

 自然の力で抽出したフルーツで角質をオフします。


kirehd

 

そんな驚異の働きをもった炭酸パック洗顔が 【テンデシカ】 になります!

 これを手に取って、顔に塗って、1分後に洗顔するだけ!

 6本購入で11200円コースと、11本購入で1本おまけつきで19200円の2つのコースがあります!

 単品のみ購入もあり。3200円です。


【テンデシカ】の公式サイトはコチラ!