髪も爪も、どんどん伸びるし切っても痛くない。
同じものなのですか?

そのとおり!髪は主にタンパク質でできています。
このタンパク質をさらに分解していくと、アミノ酸という小さな単位になるんです。
とっても小さなアミノ酸が、まるで幼稚園の子どもみたいに仲良く手をつないで、これが2〜100個集まるとPPT(ポリペプチド)になります。
また、アミノ酸が100個以上集まるとタンパク質になるのです。

人間の体をつくるアミノ酸はたった20種類ですが、その組み合わせ方、手のつなぎ方によって、約10万種類のタンパク質ができます。

そのタンパク質も大きく2つのタイプに分かれます。

髪は、爪や肌の角質層と同じ「ケラチンタンパク質」という硬い種類のタンパク質でできています。
肌や内臓は「コラーゲンタンパク質」という柔らかい種類のタンパク質なのです。

学校のクラスによってカラーが違うように「タンパク質」もいろいろな個性があるんですね。